社員の声
2017年入社

インタビュー

IT業界を志したきっかけ

就職活動を始めた時は営業職を中心に探していました。しかし、いくつかのインターンシップに参加するうちに「本当に自分が手掛けたものをお客様に提供したい」という想いが芽生え、思い切って志望業種を変更。パソコンを自作するくらいエンジニアに興味があったこともあり、それからはIT業界に絞って企業探しをしました。

SEは自分で作ったものをお客様に提供できるという、まさに私が求める働き方ができる魅力的な職種でした。

サイプレス・ソリューションズを選んだ理由

一番の理由は、選考段階で先輩社員の方々とお話できたことです。実は最終面接の時に、私から「先輩社員にお会いしたいので、時間を作っていただけませんか?」と思い切ってリクエストしたところ、その機会を快く設けてくれました。他企業でも同じ要望をしたことがあるのですが、「ちょっと時間とれないよ」と断られることが多かったので、当社の対応の温かさには正直、驚きました。

その時は1年上の先輩のお話を聞くうちに、先輩が楽しみながら働いていることが伝わってきて、私も入社したらそんな風に楽しく働きたいと思い入社しました。また、「色々な業界のお客様と携わる仕事だよ」という言葉も印象的で、自分が作ったものを色々な業界のお客様に提供できるなんて、これほど素晴らしい仕事はないと思いました。

研修および入社後のキャリアについて

入社前は先輩社員や他の内定者を交えて勉強会を行い、アクセスやデータベースに関する基礎知識を学びました。また入社後の研修では、グループワークを行い、Javaやデータベース、webに関する知識やスキルを身につけました。

研修を終えて、プログラマーとして現場デビューしました。その後、2件目のプロジェクトでは詳細設計から総合テストまでの一連の流れに携わり、3件目のプロジェクトでは最上流工程のコンサルタント、さらに4件目のプロジェクトではインフラのサーバー構築と、入社からたった2年の間に、難易度の高い仕事に幅広く携わりました。文系出身で、ここまで挑戦させてもらえる会社はそう多くないはずです。

苦労したこと

私は経営学部卒の文系出身者ということもあって、入社当初は大学でプログラミングをバリバリ学んでいた理系出身者との差を少なからず感じていました。

しかし、それを嘆いていても仕方ないので、私は差を埋めるため積極的に勉強し、プロジェクトを通して多くの経験を積みました。その結果、自分が想像していた以上に成長できたと感じています。今では同期の理系出身者と比べられても、「私は負けません!」と自信を持って言えます。

やりがいを感じた瞬間

一番やりがいを感じたのは、入社2年目にお客様のICT基盤のリプレース(交換)に携わった時です。私はそこで、最上流工程のコンサルタントを担当しました。私はもともと上流工程をやりたくて当社に入社したので、この案件をきっかけに、”私はずっとこの仕事をして生きていこう”と決意することができました。

また、自分が開発したものをお客様にお見せした際、「良くできているね!」とお褒めの言葉をいただけた時も嬉しいです。もちろん、上手くいかないケースの方が多く、お客様から「これ、ちょっと違うな」とダメ出しされることもしばしば。しかし、そのたびに何がダメだったのかアドバイスをいただくことができるので、自分の知識を増やす良い機会だと捉えています。

学生の方々へメッセージ

当社は経験を通して仕事を学ぶことができるので、理系出身者でなくても、安心して入社できる会社です。就活全体を通して私がお伝えしたいのは、”就活は椅子取りゲームではない”ということです。就活中は「早く内定が欲しい」と思いがち。しかし、早く椅子を見つけるよりも、自分に合った椅子を見つけるほうが大切です。自分にピッタリな椅子は、必ずどこかにあります。それを見つけるために頑張ってほしいです。

ほかの社員もみる

share!

expand_less