社員の声
2017年入社

インタビュー

システムエンジニアを志したきっかけ

幼い頃からパズルで遊ぶのが好きで、1ピース1ピースを組み合わせながら完成させていくことに楽しみを感じていました。そのため、将来はものづくりに携わる仕事に就きたいという思いを昔から抱いていました。プログラミングに興味を持ったのは高校生の頃。コードの組み合わせがまさにパズルのようでしたし、プログラミングによって様々な製品を作れるところに惹かれました。

サイプレス・ソリューションズを選んだ理由

大学で開催された会社説明会に参加した際、どこよりも丁寧に説明してくださったのがサイプレス・ソリューションズでした。私はもともと話すのが苦手なタイプでしたが、一次面接では趣味の野球の話で盛り上がり、面接官の方がいろいろな話を引き出してくださりました。そのような温かい社風に惹かれて入社を決意しました。

失敗体験から得た“心がけ”

お客様から「本日中に修正してほしい」と依頼された際、私の認識不足により誤って修正し、お客様に提出してしまったことがありました。その日のうちに間違いに気づいたので事なきを得ましたが、結局その日は定時過ぎまで先輩の力をお借りすることになりました。それほど難しい内容ではなかったので悔やまれました。それからというもの、たとえ小さなことでもしっかりと確認し、理解した上で作業を始めるように心がけています。

私の成功事例

動作検証を任された際、ある一定の操作をするときにのみ発生するバグを発見しました。通常、動作検証をする際はお客様が使う手順通りにテストデータを作成し、それに沿って検証していきます。システムの使用目的を理解していたことでお客様への影響を未然に防ぐことができました。バグの件はすぐに先輩に報告し、新しくシステムを調整。最終的に修正作業を任せていただけました。

今後のビジョン

現在は大手企業の販売管理システムのデバッグ(バグの除去)を担当しています。システムの不具合につながるバグを発見し、修正できた時のやりがいは大きいです。ただ、まだ先輩方の力をお借りしながら業務を遂行している状況なので、まずは自分ひとりで業務を完遂できるようにスキルを磨きたいと考えています。そして、ゆくゆくは設計書を書けるような優秀なSEになりたいと思っています。

就活生へのメッセージ

プログラミングといってもゲーム制作、金融システム開発、家電製品の組み込みソフトウェアなど、多岐に渡る分野があります。私も就職活動をしていくなかで、同じIT業界でも、さまざまな職種・業種があることを知りました。自分のやりたい仕事や自分に合った仕事を見つけるために、少しでも気になった分野があれば積極的に挑戦することをお薦めします。そうして様々なことを見たり聞いたりすれば、自分自信の可能性はもっと広がっていくと思います。ぜひ、広い視野を持って、トライしてみてください!

ほかの社員もみる

expand_less