社員の声
2017年入社

インタビュー

IT業界を志したきっかけ

プログラミング言語に興味を持ったからです。卒業論文の担当の先生がITに精通している方で、喜々としてITの話をする姿を見ているうちに、私もどんどんITの魅力に惹きこまれていきました。大学では文系を専攻していましたが、IT業界で働いてみたいという想いは抑えられませんでした(笑)。

サイプレス・ソリューションズを選んだ理由

就職活動で譲れないポイントがふたつありました。一つは「勤務地」です。地元の兵庫県で働き続けたいと強く思っていたので、兵庫に根差した企業である当社はとても魅力的でした。

そして、もう一つが「企業の雰囲気」です。会社説明会や面接、選考結果の連絡等で社員の方々と接した時に「私の性格に合っているし、ここなら大丈夫」と直感! 特に、最終面接では私という人間を知ろうという印象に好感を持ちましたし、“会社の雰囲気”についても嘘偽りなく教えてくださいました。

研修について

入社前研修ではJava、入社後研修ではITの基礎知識やSQLを学びました。最初はまったく理解できませんでしたが、わからないことはすぐに質問できる環境だったので、質問をした分だけ知識が習得できたと思います。また、ビジネスマナー研修もあり、名刺交換や電話応対などの社会人の基本を身につけることができました。

具体的な仕事内容

開発チームの一員としてシステムデータを再構築するプロジェクトに参画しています。その中での私の役割は、旧システムのデータ表を、再構築したシステムでも使用できるようにするシステムの開発です。

この仕事をしていて痛感するのが、システム開発の奥深さです。ボタン一つで簡単に出てくる何気ないデータ表でも、いざその仕組みを作ろうとすると、理解しなければならないことがたくさんあることに気づかされます。その度に、まだまだ勉強すべきことが多いなと身が引き締まります。

入社1年目で成長を実感した瞬間

入社当初はプログラミング言語がまったく理解できず、1語1語調べながら読み解いていました。それが、自分で調べたり先輩社員に聞いたりを繰り返していくうちに、次第に理解できるようになり、現在では見ればすぐに意味を読み取れるようになりました。とはいえ、具体的に成し遂げられていることはまだありませんし、技術者としての道のりも険しいものです。社会人2年目となる2018年は、技術をさらに磨いて、自分自身の成長をたくさん見られる一年にしたいです。

学生の方々へのメッセージ

ITパスポートや基本情報技術者試験の関連本は一読しておいて損はありません。ただ、無理に知識を詰め込むというよりは、雰囲気をつかむぐらいでOKだと思います。入社後は先輩社員がサポートしてくれますし、充実した研修を受けることもできます。そのため、当社であれば“わからないことばかりで辛い…”という状況に陥ることはないはずです。

ほかの社員もみる

share!

expand_less