社員の声
2017年入社

インタビュー

システムエンジニアを志したきっかけ

ITの未来に大きな可能性を感じたことがきっかけです。オリンピックの開催地が東京に決まった2013年、来たる2020年に向けて様々な業界が飛躍的に成長していくと知りました。それらの業界の中で、私が最も興味を持ったのが急速な技術革新が進むIT業界でした。今後も成長が期待できる業界に挑戦すれば自身のスキル向上にも繋がると考え、SEを目指すようになりました。高校卒業後は神戸電子専門学校へ進学し、基本情報技術者の資格を取得するほか言語の基礎を学びました。

サイプレス・ソリューションズを選んだ理由

学内推薦の募集の際にサイプレス・ソリューションズと出会いました。私の希望した部門では主に大手鉄鋼業のシステム開発・保守・運用を行っており、このような大手企業の案件を経験できれば成長できると思い、入社を決意しました。また同じ学校の先輩方の採用実績があったことも安心材料のひとつとなりました。

入社前後の研修

入社前研修ではJava研修を行いました。先輩社員の方が教育担当としてついてくださり、わからない部分を丁寧に教えていただきました。入社後は同期と共に集団プログラム研修を受け、配属先でも約2ヵ月間のOJTがありました。学校でもプログラミングや言語について学んでいましたが、知識だけでは対応しきれない場面がたくさんあります。今もお客様からの依頼内容を先輩社員と一緒にチェックしながら業務を行っています。

失敗体験から得た“心がけ”

スケジュールにミスがあり、お客様に多大な迷惑をかけてしまったことがあります。私はお客様が使用する端末に必要なシステムをインストールする業務を担当していました。お客様と日程を調整し、遠隔で対応をするのですが約束の日程を誤ってしまいました。複数のお客様を対応しなければならないことも多いため、日程調整には細心の注意を払っています。

私の成功事例

統合テストの資料を検証者の方に「わかりやすい」「見やすくなった」と褒めていただけたことです。最初の頃はシステムの仕様を十分に理解できておらず、動作やレイアウトが間違っているという指摘を受けたりしていました。そこで他の方の資料を分析し、資料のレイアウトやエビデンスのまとめ方の改良を行いました。改めてお客様の業務を深く理解することの大切さを実感しました。

今後のビジョン

現在は既存の設計書に沿ってプログラミングを行っているだけなので、いずれはお客様のご依頼やご要望に合致した設計書をイチから書けるSEになりたいです。そのためには、お客様の業界知識だけでなく、商品の性能を含めた知識を身につける必要があると感じています。また、応用情報技術者やoracleの資格取得を通じて技術も磨いていきたいです。

ほかの社員もみる

expand_less