社員の声
2006年中途入社

株式会社朝日広告採用サイト社員の声画像

営業 ゼネラルマネージャー

一日の流れ

インタビュー

こだわりは、部下一人ひとりの考え方を尊重すること

インタビュー画像

会社の規模が拡大し、社員数が増えるにつれて、多種多様の思考や価値観を持った方が増えてきました。高みを目指す上昇志向の強い方もいれば、協調性を大切に考える方もいるなど本当に様々です。そのような社員たちに同じコミュニケーションの取り方をしていては、ある社員にとっては良くても、別の社員にとっては適切ではないこともあります。そのため、一人ひとりの考え方を尊重し、それぞれに適したコミュニケーションを図ることを意識しています。確かに、時間と手間はかかるかもしれませんが、これは管理職としてやるべきことだと思います。

そして、今後入社する新卒の方々には「社会人とは何か」を伝えたいです。基本的なマナーや礼儀はどの職業においても欠かせません。それを当社でしっかりと身につければ、たとえ当社を辞めて転職してしまったとしてもきっと活躍できます。もちろん、朝日広告で活躍してもらいたい気持ちもありますが、それ以前に一人の社会人として立派に育ってもらいたいですね。

お客様と10年以上寄り添うことが仕事の醍醐味

求人広告代理店で働く者にとって、お客様の採用を成功に導くことが最も大事なことです。その積み重ねによって、お客様に信頼していただき、長年付き合っていけることが仕事の醍醐味だと思います。

私にも10年以上お付き合いさせていただいているお客様が少なからずいらっしゃいます。そのお客様が新規事業の展開に伴って採用が必要になった際には、真っ先に声をかけていただき、100人規模の採用を成功させる方法をゼロベースから考え、提案します。それだけの信頼を寄せていただくことに大きなやりがいを感じますし、採用を成功に導いたときの感慨もひとしおです。

そして、同じくらい嬉しいのが社員たちの成長です。部下や後輩が1年、2年と経験を積み、着実に成長していく姿を間近で見られることは幸せですね。

とてもありがたい福利厚生「家族記念日」

働くメンバーが幸せであり、長く続けられる会社であること。それが、朝日広告のテーマです。数年前からは労働環境の改善にもより一層注力し始め、現在では19時台には全員退社。そのおかげで、仕事が終わって帰宅した後に子どもと過ごせるので、身も心もたっぷり癒されます。

そして個人的にとても嬉しい福利厚生制度が「家族記念日」です。結婚記念日や子どもの誕生日、卒業式や入学式などに業務時間を短縮できるもので、子どもの誕生日や節目の行事をしっかりと祝えるのはありがたい限りです。

無理をせず、無茶ができる人と一緒に働きたい

私が一緒に働きたいのは、成長し続ける人生を送りたい方です。

“無理はするな。無茶はしろ”

当社のパンフレットに載せたこのフレーズはまさに言い得て妙。無理な残業や土日出勤はせずに、限られた時間内で無茶をするという“朝日広告の働き方”のなかで、自分自身の数年先の成長を目指してほしいです。そのような向上心の高い方と二人三脚で歩んでいければ、私自身とても嬉しく思いますし、私の他にも寄り添い、支えてくれる方が当社にはたくさんいるので、みなさんが思い描くキャリアパスをきっと歩めるはずです。

仲間のコメント

媒体の知識や営業トーク、部下のモチベーションの向上や人心掌握術など、
多方面に秀でており、非常に信頼の置ける上司です。困った事は気軽に聞いて!を、本当に体現している方なので、社員の日々の業務における様々なストレスの緩和にも、とても力添えをしてくれています。

営業
鎮西さん

ほかの社員もみる

share!

expand_less