社員の声
2018年新卒入社

株式会社朝日広告採用サイト社員の声画像

営業

一日の流れ

インタビュー

朝日広告を選んだ理由は「人」

インタビュー画像

私は音大出身で、大学では演奏者と観客を“つなぐ”マネジメントを学んでいました。そのようなこともあって、人と人を“つなぐ”仕事に就きたいと思って就職活動をしていました。

そして、音楽関連の仕事や求人広告業界など人と人を仲介する業界・企業を見たなかで、最終的に決めたのが朝日広告でした。その理由は、「ここには他の企業にはない魅力がある!」と確信できたからです。

たとえば、私は就職活動を進めていくなかで、“企業が上、学生が下”という印象を抱くことが多々ありました。そんななか、朝日広告は人柄をしっかりと見て、対等に接してくれました。また就活当時、私は広島県に住んでいたのですが、「東京まで出てくるのは大変なので、社長が大阪に出張するタイミングで面接しましょう」と気遣っていただいたこともありました。就職活動を通じて複数社から内定を頂きましたが、朝日広告を選ぶことに迷いはありませんでした。

研修中の思い出は「人間性を養っていこう」という言葉

入社後の1ヵ月間は研修期間です。恵比寿にある本社で同期3人が机を並べ、取り扱う求人媒体に関する知識や、求人広告を掲載するまでの社内フローなどを学びました。また、配属後に最初の仕事となるテレアポのロールプレイングをして、現場デビューに備えました。

研修期間で記憶に残っているのは、社長や先輩が口をそろえておっしゃった「これから人間性をしっかりと養っていこうね」という言葉です。お客様や先輩と良い関係性を築くには、自分自身の人間性が大切である――そのことをアドバイスしてくださったのだと思います。

現場デビュー2ヵ月で10件以上受注できた理由

私の仕事内容は、まず新規のお客様にテレアポを行い、アポイントの獲得を目指します。アポイントをいただけたらお客様先に訪問し、求人媒体を活用した採用課題の解決策をご提案します。当社は代理店のため数多くの求人媒体を取り扱うことができるので、その強みを生かして、お客様にとって最も効果的なご提案をするように心がけています。そして、ご成約をいただいたら求人広告を制作し、採用がうまくいくように掲載中のフォローも行います。

求人広告を営業することも制作することも“未知の世界”でしたが、直属の上司がマンツーマンでご指導してくださいますし、社内の業務フローもしっかりと整っているので不安はありませんでした。そのおかげで、現場デビューから2ヵ月で受注件数は10件以上! 手厚いバックアップ体制があることはとても心強いです。

「あなただからお願いしたい」と言っていただける仕事

「この仕事って、つらいな…」。お客様にご迷惑をおかけしてしまった時、いつもそう痛感します。特に求人広告の効果が表れなかったときは、お客様に電話するのは本当につらいものです。しかし、たとえ効果が出なかったとしても、真摯にお客様と向き合い続けることがとても大切だと実感した出来事がありました。

現在、私が担当するお客様に、あまり効果が出ていないのにも関わらず、何度もチャンスをくださる方がいらっしゃいます。その理由がずっと不可解だったので、ある日そのお客様に思い切って尋ねたところ、「私たちに寄り添って提案をしてくれるから、これからも上杉さんにお願いしたい」ととても心に響く言葉をかけてくださいました。

もちろん、最も求められるのは、お客様の採用課題の解決です。しかし、結果だけでなく、働きぶりもしっかりと褒めてもらえることが、この仕事の素晴らしさだと思います。

仲間のコメント

上杉さんは本当に頼りになる存在です。1年目とは思えないほど落ち着きがあり、テレアポでも商談でも物怖じせずに話す姿は私も見習うところがあります。

先日一緒に行ったアポイントで、私が行った提案の仕方を、翌日の新規のアポイントでアウトプットし、見事DODAを即受注していたのは本当に感心しました。

人一倍負けず嫌いで、達成の意欲が高い上杉さんを今後もサポートしていきながら、隣で成長する姿を見ていくのが楽しみです。

営業 リーダー
若松さん

ほかの社員もみる

share!

expand_less