座談会

株式会社朝日広告採用サイト座談会画像

若手社員が語る!朝日広告ってこんな会社!

今回は、入社間もない新卒・中途社員4名が集まり
朝日広告の魅力について語ります!

「選考時の思い出」
「求人広告営業の大変さ」
「朝日広告で働く人」
など盛りだくさんのテーマでお届け♪

選考前にチェックして、
朝日広告の雰囲気をご覧ください!

2020年6月中途入社
営業
横川 大城
大宮営業所所属。休日はサッカーをして過ごすことが多く、特に日曜日は毎週サッカーの試合に出場している。将来は家庭を持ち、子供とサッカーをするのが夢。
2020年4月新卒入社
営業
坂井 響
恵比寿営業所所属。休日はお酒を飲んで過ごすことが多い。一人の時は美味しい料理を作っている。将来的には結婚後も働き続け、活躍できる女性を目指している。
2020年3月中途入社
営業
片上 聖也
千葉営業所所属。幼少期から絵を描くことが好きで、休日はアクリル絵の具を用いて絵を描いている。将来的には温かい家庭を築き、料理も作れる良いパパになることが夢。
2019年4月新卒入社
営業
須田 瑶子
町田営業所所属。毎年、年末に開催される格闘技を観にいくほどの格闘技好きで、自身も総合格闘技を習っている。中国地方の県が好きで、いつかは広島に住むことが夢。

入社を決めた理由 それぞれの思い

須田:実は私、10月の内定式の段階では、別の会社に入社を決めていました。でも、卒業を目前に控えた2月の時点で「この会社少し違うかも…」と思ってしまったんです。その時に思い出したのが、夏ごろに受けた朝日広告の説明会。社長が直接説明会に参加していて信頼できそうな会社だった印象があり、選考を受けました。

坂井:私もです!違う会社で内定承諾もしていたのですが…選考中と入社確定後の説明内容に矛盾を感じ、再び就職活動を開始しました。私も社長から直接会社説明会を受けて、本音で話してくれている気がしたし、裏表がなさそうなところに惹かれました。

須田:横川さんと片上さんは中途入社ですが、なぜ朝日広告に決めたんですか?

片上:僕は前職で人材派遣でエージェントをやっていたので、業界的には同じですね。朝日広告に入社を決めた理由は、社長の言葉。求人サイトに載っていた「社員の事を第一に考えたい」という社長のメッセージを見て、誠実さを感じました。

横川:前職では電子マネーやクレジットカード支払いの機械の営業だったので、転職活動中も同じ営業職で探していました。そんな時、朝日広告の大宮営業所が2020年1月からオープンというのを見て、立ち上げに挑戦してみたい!と思ったのがきっかけです。

坂井:選考で印象に残っている事はありましたか?

横川:大宮営業所のオープニングということもあり、現場のマネージャーとの面接でした。これから一緒に働くことになる現場社員から話を聞けたのはすごくありがたかったです。

須田:私の場合は卒業間近の2月だったので、社長面接の1回のみでした。就活中、私は説明会に一度も履歴書を持参したことがなく、良い企業であれば履歴書を出すようにしていました。それに対して他の企業にはあまり良い顔をされなかったのですが、当社の社長は「縁があったらまた来てね」と優しく声をかけてくれたんです。面接でも自分の事を受け止めてくれて、ものすごく安心できたのを覚えています。

坂井:私も秋ごろの選考だったので、面接は1回のみでした。その時に人事の若松さんと須田さんに面接していただいて、女性が活躍している職場なんだなというのを感じて入社を決めました。須田さん、あの時はありがとうございました!

須田:こちらこそありがとうございました!片上さんはどうですか?

片上:僕は2回目の面接で社長面接がありました。もともと社長の言葉に感銘を受けて選考に進んでいたので、社長と話すことで考え方や思いがひしひしと伝わり、ここで働きたい!と改めて思いました。

人対人の仕事だからこそ、お客様との信頼関係が大切

片上:皆さんは、仕事をする時に心がけていることはありますか?

横川:自分はスピード・正確さ・量を意識して仕事しています。目まぐるしいほど案件を抱えているため、新規営業をしながら既存顧客のフォローもしないといけないですし、他の商材に比べて案件の管理が細かいのが特徴です。なので、どうしてもこの3つは欠かせないですね。

片上:掲載中のフォローは本当に大事ですよね!求人広告は効果が保証されないので、受注後の掲載中のフォローがお客様との信頼作りのカギになります。効果が出ないときは連絡しづらいと思う事もありますが、お客様が一番求めているのは採用成功。だからこそ、お客様に寄り添うようにしています。

坂井:私はお客様一人ひとりに適した対応を心掛けています。新卒社員だとわかってくれる企業もあれば、そうでなく2,3年目の社員と思われる場合もあり…そういったときはしっかりしているオーラを出して、キャラを使い分けています(笑)

須田:私は仕事以外の部分の知識を増やすようにしています。お客様の趣味や出身地など、色々な情報を元に営業をしていると、お客様と話が弾むこともあります。その方が自分を信頼してもらいやすくなります!

坂井:営業として、しっかりお客様の事を知ろうとすることが大事ですよね!

横川:求人広告の営業は前職の営業と比べると、テレアポを断られる確率も高いし、競合も多いし、商談まで辿り着くことが難しいと感じます。皆さんはどんなときにこの仕事の難しさを感じますか?

片上:すでに競合が提案している時は、それを覆すのが難しいですよね。同じ広告を提案されている場合もありますし、そういう時こそ自分を選んでもらうための付加価値をつけなきゃいけません。そこを考えるのが大変でもあり、楽しくもあります。

坂井:受注後のお客様との関係づくりが大変です。原稿作成に関しても、こだわりが強く〆切を過ぎてしまう場合や、深夜に修正依頼が来ることもあります。全て対応してしまうとお客様から「いつでも何でもやってくれる」と思われてしまうので、できるタイミングとできないタイミングの擦り合わせをする難しさを感じます。

須田:私も少し坂井さんに似ています。掲載開始後、お客様には「スピードが大事なので応募者対応は早めにお願いします」と伝えているのにも関わらず、翌日になっても応募者対応していただけていなかったことがありました…。採用成功させたいと思っているからこそ、その熱意が伝わり切らない時は、人対人の仕事の大変さを感じますね。

横川:色々難しいことは多いけど、やりがいもありますよね!皆さんはどんな時にやりがいを感じますか?

坂井:営業なので、達成できた時はうれしいです!この前、入社4か月目にしてついに達成する事ができました。あとはお客様から話しかけてくれたり、雑談で盛り上がったり、関係性ができていると実感できた瞬間は楽しいです!

須田:わかります!原稿を作った時にお客様から「さすがです!」って褒めてもらえると励みになります。あとは誕生日に花束を貰えた時はすごく嬉しかったです。掲載が終わった後もフォローし続ける事で、信頼関係が築けているなと感じます。

片上:効果が出ないときの掲載フォローで改善提案をして、採用成功に結び付いた時はとても嬉しいです。改善提案が浮かばないときも周りの先輩が相談に乗ってくれるのでとても助かっています。

横川:僕はすでに別の企業と取引しているお客様に提案して、「君に任せるよ」って言ってもらえた時はとても嬉しかったです!しっかりお客様の事を考えて提案してよかったなと思いました。

尊敬できる先輩や上司ばかり! 朝日広告の魅力は働く人

須田:4人とも全員営業所が違うけど、それぞれの営業所の雰囲気が知りたいです!

横川:大宮営業所はパートさんを含めても5名と少人数なので、すごくアットホームな雰囲気です。マネージャーは経験もある方で、プライベートな話でも相談に乗ってもらえます。とても働きやすい環境です!

片上:千葉営業所も大宮営業所と同じく、パートさん含め5人です。僕の上司もたくさんアドバイスをくれるので本当に助かっています。人数が少ない分、一人ひとりとの距離が近いので何かあってもすぐに相談できます。

須田:町田営業所は女子が4人で、休日は皆で山登りに行くくらい仲良しです!全員年齢も近いので話しやすいですし、仕事以外にも熱中できることや趣味があるのでそれぞれが自分の軸を大事にしながら働いています。

坂井:恵比寿営業所は他営業所に比べると人数が多いので、会話を楽しみながら仕事をしています。先輩も同期も個性が溢れていて、全員違う性格をしているけど困ったことがあればすぐに聞ける環境ですし、助け合えるので仕事するのが楽しいです。

横川:どの営業所にも共通しているけど、全体的に若い方が多いのですごくフレッシュですよね!若くて素直だからこそ、変に嘘をつかなかったり裏がなかったり、お客様から信頼されやすいのかな、と思います。

片上:朝日広告は一人ひとりが成果を出すために行動していて、年次の浅さも関係なく、全員が元気に働いていますよね。

坂井:本当にそうですね!社内のSNSで「こんな資料がほしいです!」って投稿すると、営業所関係なく色々な人が返信してくれます。この前は須田さんも返信してくださり、拠点間のつながりも深いなと思います。

須田:会社のメンバーは若くてフレッシュだけど、会社の歴史は長いので、色々な媒体のメーカー様から勉強会を開いてもらえます。そういう点は昔から会社があるという強みですよね。新卒から教わることもたくさんあり、全員を頼れる環境です!


<求職者へのメッセージ>

横川:営業するにあたって、自分のやり方や思いを大事にして動ける環境です。もちろん最低限定められたルールはありますが、チャレンジしたい!と思う方にはオススメの職場です。

坂井:ワークライフバランスの取りやすい会社です。広告系と聞くと残業が多いイメージがあるかもしれませんが、早い日は全員18時には退社している、なんてこともあるので安心してください♪

片上:業界問わず様々なお客様とお話できるので、色々な社会情勢を知れますし、自分の知識も身に付きます。非常に貢献度の高い仕事です!

須田:どこの会社に入ったとしても、誰しも一度は「やめたい」と思う事があるかもしれません。実際に私もありました。でも、そんな時も上司や同期が支えてくれてここまで来れています。何かあった時は私たちにすぐ相談してください!

share!

expand_less