ごあいさつ

株式会社朝日広告採用サイトTOP画像

“器”自体の華美を誇るより、“器”を満たす中身の濃さを誇りたい

会社説明会などで「どんな人材(学生)を求めていますか」という質問をいただきますが、就業前の学生さんに、私たちが出来上がった何かを求めることはありません。

入社後、仕事において満足のいく結果を出すためのノウハウを教えていくことは私たち現社員の役割と責任だからです。

唯一、学生さんに求めることとすれば「働く目的」を明確に持っていただきたい、ということです。

その目的とは「お客様の笑顔のために」という優等生かつ抽象的な回答ではなく、働いた自分自身にしっかりと還元される明確な目的でなくてはならないと思います。

住むところ、食べるもの、着るもの、そして恋人や家族など守るべきものを幸せにすること。

自分のためだけの目的さえお持ちいただければ、そこから先にある「仕事のおもしろさ」や「実現への手段」は私たちが教えることも、気付かせることも、一緒に見つけていくこともできます。

それが会社という「器」なのです。

当社ではこれからの採用活動において、企業が人材を選ぶ立場ではなく、選ばれる企業でありたいと考えています。

それは入社時の給与や待遇という短観的な要素だけではなく、20代の方が30歳、40歳になったときにこの会社で働きながら安定した生活を過ごせる人生設計を描けることが重要です。

そのためには経営者として、崇高な理念や成長プランを対外的に掲げるのではなく、まずは当社に入社してくれた社員が「普通の生活を安心して送れること」「社員が仕事を、会社を好きになれる事」を大切にし、内側のケアに対して全力を尽くすことが必須だと考えております。

たとえ会社の規模が大きくなり、売り上げが増大したとしても、会社を維持していくことに神経をすり減らすような未来は考えておりません。

会社を器に例えるのであれば、それは決して大きくも派手でなくとも良いと思います。

“器”自体の華美を誇るより、“器”を満たす中身の濃さを誇りたい、それが私が理想とする会社の姿です。

取締役代表 岡田 哲郎

share!

expand_less