shares
面接対策面接対策

必見!“面接の基本”3ステップ

面接#01面接の基本

面接対策ってどうすればいいの?基本の3ステップでぎゅっと解説

面接当日、「今日は何を話そう」「何て答えるのが正解?」と緊張してしまう方も多いと思います。ですが、残念ながら面接において「絶対に受かる魔法の言葉」は存在しません。

しかし、面接の基本をしっかり押さえておけば、緊張や不安を緩和し、しっかりと自分の魅力を伝えることができます。

このページでは、そんな“面接の基本”3ステップをご紹介します。

面接の基本

STEP1 企業研究は内定への第一歩

面接で重要なのは事前準備!情報量はあなたの強い武器になる

面接直前の緊張と不安…。

それはその企業に対する情報量の少なさからくるものかもしれません。

もし、企業のことをしっかりと知っていれば、自信を持って答えられることも多いはずです。まずは企業理解を深めるため、十分な企業研究を行いましょう。

企業研究で活かせるチェックポイント
  • 採用ホームページ
  • コーポレートサイト
  • 求人サイト
  • インタビューサイト
面接の基本

企業によっては採用ホームページに社員インタビューを掲載していたり、社長や役員の方が外部のインタビューサイトに掲載されていたりする場合もあります。コーポレートサイトや求人サイトだけでは知り得ない、実際の働き方や働いている社員の方々、採用に対する想いや熱意を知れるチャンスかもしれません。

STEP2 マナーは基本が肝心!

ビジネスマナーは難しい?マナーの基本は“笑顔と丁寧さ”!

「入室時のノックは3回」「お辞儀の角度は30度」「面接官が勧めるまで座ってはいけない」など、面接前だけでも事前にチェックしなければならないポイントって多いですよね。

しかし、ビジネスマナーにおいて最も基本となるのは“笑顔と丁寧さ”です。

書類選考が通るということは、面接官が「あなたのことを知りたい」「あなたの話を聞きたい」と思っている証拠です。せっかく貴重な時間を設けていただいているのですから、常に丁寧な対応を心がけましょう。

面接の基本

敬語の使い方や正しい作法に気を取られ、声が小さくなってしまったり、落ち着きのない態度になってしまったりしては元も子もありません。

誠意をしっかりと示せば、小さなミスよりもあなたの敬意を汲み取ってくれるかもしれません。

一方で、あなたに相手を敬う気持ちがなければ、ビジネスマナーを上手く使いこなすこともできません。まずは丁寧な対応と心地の良い笑顔を大切にすることから始めてみましょう。

STEP3 自分の想いを整理しよう

自分を良く見せることよりも、まずは自分の気持ちと向き合おう

企業研究もしっかりしたし、面接練習もバッチリ!のはずが、上手く自分をアピールしようと緊張するあまり、当日になって頭が真っ白に!!なんてことはありませんか?

少しの緊張はあなたとシャキッとさせるスパイス。緊張を味方にして自分を上手く表現しましょう。

面接の基本

緊張の多くは「自分がどう評価されているのかわからない」という不安からくるようです。しかし、自分を良く見せようとか相手に好かれるような人間になろうと意気込む必要はありません。

面接で大切なことは、自分の想いや気持ちを正確に伝えることです。

面接官も「面接に強い人」や「緊張しない人」を採用するために採用活動をしているわけではありませんよね。

覚えてきた志望動機をスラスラと話せることも素晴らしいスキルです。しかし、それが暗記しただけのものであれば、本当の熱意を相手に伝えることは難しいでしょう。

あなたがどんな想いで面接を受け、入社後にどんなことをしていきたいのか、ということを伝えることも大切です。自分の気持ちをしっかりと理解できていれば、想定外の質問でも答えやすくなります。

あなたらしさを企業へアピール!面接はお互いを知る大切な時間

面接の基本

面接のスタイルは企業ごとに異なります。

求める人物像や仕事内容、社風も企業ごとに違うからこそ自分に合った企業と出会い、縁を結ぶことが大切です。

面接の基本を押さえ、自分の想いや熱意を上手に伝えましょう。

ページトップへ