shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

株式会社MountainBull

株式会社MountainBull

私たちの力で“食”がもたらす感動を世界へ発信

株式会社MountainBull 
取締役副社長 及川 一茉

短期ではなく“長期”を見据えたサービスを人々へ

当社は、「日本の食文化の未来をつくる」という理念のもと、都内を中心にドバイにも様々な業態の飲食店を展開しています。

日本の食文化における「おもてなし」の精神や、鮮度の高い食材とアイデア溢れる創作料理の数々を、世界へ発信していく企業として、食の新たな価値の提供を目指しています。店舗ごとに裁量権を持たせており、レシピにも“こだわり”を自由に出すことが可能です。今後は未来のMountainBullを担っていく新卒入社のメンバーのために、基本となるマニュアルを構築していき、基礎基本が徹底できる上で、新たな挑戦ができるような取り組みをしていきたいと感じています。

これにより、私たちが出会うお客様の笑顔を増やしていくための努力と挑戦をしていきたいと思っています。以前、当社の社員が店頭に立っていた際に、道を聞かれたことがありました。その時に道を教えるだけでなく目的地までお客様を案内している姿を見た時に、お店に来てくれたお客様だけでなく、道を聞かれたことも何かのご縁として大切にできる、そんな仲間が増えてくれたら嬉しいと感じました。お店の中だけでなく、地域社会にとって必要な存在であり、必要な場所として店舗運営をしていける会社でありたい…そんな想いに共感してくれる仲間を見つけていきたいです。

当社で活躍しているメンバーとしては、コツコツ頑張るタイプが多いのではないかと思います。衣食住の「食」は人々にとって必要不可欠なものであるからこそ、食に関わる人の時間を最高なものにしたいですし、安全で安心できるものにしていきたいと感じます。そのために必要スキルは、努力できることにあると考えています。

株式会社MountainBull
ポイント

食の可能性を広げていくビジョンが魅力のMountain Bull。店舗が存在する地域にとって必要な存在として出会うお客様の思い出に残るサービスを提供していることが印象的です。

仲間の不安を知り、改善していくための努力は惜しまない

当社では、1on1面談を最近取り入れました。コミュニケーション不足から離職に繋がった社員がおり、辞めるという選択をとる前にもっとフォローできることがあったのではないか?という部分から実施することを決めました。実際に取り組んでみると、抱えている不安や将来像など、これまでのコミュニケーションの中ではわからなかった想いを知ることができました。

もっと、今後の会社のビジョンやどんな活躍をしてほしいか等を言語化して伝えていく必要があると痛感し、仕事の場面だけでなく、夢や目標とそれを叶えるための課題についても話せる関係性を一人ひとりときちんと築きたいと思います。今回の面談を通して、福利厚生なども充実させていく必要性を感じました。

今、新しく始動したものとして、キャリアアップ制度を改新しました。これまでは、店長というポジションが1種類だったのですが、店長の中でも6段階に分けて、昇格・昇給チャンスが多く得られるようになります。店長というポジションの中でも商品開発に携わる段階まで挑戦していけるので、昇格・昇給を目指していただき、成長したメンバーが次の店長を成長させていけるような組織体制が理想です。「お客様目線でのお店の回し方や、お客様に配慮して先読みして動けること」が期待される活躍となります。今後も取り組みや制度について、今ないものは創ればいい、という想いのもとスピード感を持って取り組んでいきたいです。

株式会社MountainBull
ポイント

今ないものは創る、という前向きさとスピード感から誕生した取り組みに経営層の強い想いを感じました。昇給・昇格チャンスを広げた今後のキャリアビジョンがとても楽しみです。


QSCの向上を目指して、お客様から愛される会社へ成長

QSCにはまだまだ課題があると思っています。例えば、行き届いた清掃とは?と聞かれた時に、意見は多く出てくると思います。その意見を統一し、当社の行き届いた清掃とはこれです!といえる基準を統一化することが目標です。これは清掃だけに留まらず、商品のクオリティにブレがなく、お客様を大切にする接客を行ってくれる、そういう会社にしていきたいと感じています。

商品のレベル・お店の清潔感・接客姿勢の水準を上げていくことにより、間違いなく、お客様にとって居心地の良い店舗となっていき、お客様から得られる笑顔や感謝も大きいものになっていくと実感しております。これにより「この環境で働けて良かった」と思えるスタッフの満足度も上がり、CS・ESの向上に繋がることで、幅広い世代と領域へ展開していける会社にしていきたいと思っています。

当社では安定した経営基盤によりコスト管理を徹底し、高い利益率を保つことができる仕組みがあります。一番の花形となるポジションが店舗に関わる人たちですが、これらを支える仕事にも何でも挑戦してもらいたいと思っています。やりたいことを実現するための企業基盤と技術がある当社を一緒に世界へ広げていきましょう。

株式会社MountainBull
ポイント

店舗運営・食材・接客のクオリティに非常にこだわりを持っているのだと思いました。現状に満足していないからこそ、この場所で働くことに自信と誇りが持てるのだと感じました。


及川 一茉 プロフィール

1991年10月25日生まれ。明治大学卒業後、当社に入社。趣味は子供と一緒に遊ぶこと。大切にしていることはすべて良い方向に考えるというポジティブシンキング。

 
世界に誇れる飲食企業を目指して
「日本の食文化の未来をつくる」という理念のもと、都内を中心に展開。ドバイにも出店し、海外へ日本の飲食の魅力を発信しています。店舗に裁量を持たせているため、それぞれの特色を出した店作りをしています。社歴関係なく、チャレンジできる環境を整えた企業です。

会社概要

設立
2014年4月1日
住所
【本社】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目22-43 新宿JECビル4階
資本金
10,000,000 円
TEL
03-3362-4677
事業内容
飲食店の経営
飲食店舗プロデュース

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社MountainBull

株式会社MountainBull

シェア数 shares

私たちの力で“食”がもたらす感動を世界へ発信

株式会社MountainBull 
取締役副社長 及川 一茉

短期ではなく“長期”を見据えたサービスを人々へ

当社は、「日本の食文化の未来をつくる」という理念のもと、都内を中心にドバイにも様々な業態の飲食店を展開しています。

日本の食文化における「おもてなし」の精神や、鮮度の高い食材とアイデア溢れる創作料理の数々を、世界へ発信していく企業として、食の新たな価値の提供を目指しています。店舗ごとに裁量権を持たせており、レシピにも“こだわり”を自由に出すことが可能です。今後は未来のMountainBullを担っていく新卒入社のメンバーのために、基本となるマニュアルを構築していき、基礎基本が徹底できる上で、新たな挑戦ができるような取り組みをしていきたいと感じています。

これにより、私たちが出会うお客様の笑顔を増やしていくための努力と挑戦をしていきたいと思っています。以前、当社の社員が店頭に立っていた際に、道を聞かれたことがありました。その時に道を教えるだけでなく目的地までお客様を案内している姿を見た時に、お店に来てくれたお客様だけでなく、道を聞かれたことも何かのご縁として大切にできる、そんな仲間が増えてくれたら嬉しいと感じました。お店の中だけでなく、地域社会にとって必要な存在であり、必要な場所として店舗運営をしていける会社でありたい…そんな想いに共感してくれる仲間を見つけていきたいです。

当社で活躍しているメンバーとしては、コツコツ頑張るタイプが多いのではないかと思います。衣食住の「食」は人々にとって必要不可欠なものであるからこそ、食に関わる人の時間を最高なものにしたいですし、安全で安心できるものにしていきたいと感じます。そのために必要スキルは、努力できることにあると考えています。

株式会社MountainBull
ポイント

食の可能性を広げていくビジョンが魅力のMountain Bull。店舗が存在する地域にとって必要な存在として出会うお客様の思い出に残るサービスを提供していることが印象的です。

仲間の不安を知り、改善していくための努力は惜しまない

当社では、1on1面談を最近取り入れました。コミュニケーション不足から離職に繋がった社員がおり、辞めるという選択をとる前にもっとフォローできることがあったのではないか?という部分から実施することを決めました。実際に取り組んでみると、抱えている不安や将来像など、これまでのコミュニケーションの中ではわからなかった想いを知ることができました。

もっと、今後の会社のビジョンやどんな活躍をしてほしいか等を言語化して伝えていく必要があると痛感し、仕事の場面だけでなく、夢や目標とそれを叶えるための課題についても話せる関係性を一人ひとりときちんと築きたいと思います。今回の面談を通して、福利厚生なども充実させていく必要性を感じました。

今、新しく始動したものとして、キャリアアップ制度を改新しました。これまでは、店長というポジションが1種類だったのですが、店長の中でも6段階に分けて、昇格・昇給チャンスが多く得られるようになります。店長というポジションの中でも商品開発に携わる段階まで挑戦していけるので、昇格・昇給を目指していただき、成長したメンバーが次の店長を成長させていけるような組織体制が理想です。「お客様目線でのお店の回し方や、お客様に配慮して先読みして動けること」が期待される活躍となります。今後も取り組みや制度について、今ないものは創ればいい、という想いのもとスピード感を持って取り組んでいきたいです。

株式会社MountainBull
ポイント

今ないものは創る、という前向きさとスピード感から誕生した取り組みに経営層の強い想いを感じました。昇給・昇格チャンスを広げた今後のキャリアビジョンがとても楽しみです。


QSCの向上を目指して、お客様から愛される会社へ成長

QSCにはまだまだ課題があると思っています。例えば、行き届いた清掃とは?と聞かれた時に、意見は多く出てくると思います。その意見を統一し、当社の行き届いた清掃とはこれです!といえる基準を統一化することが目標です。これは清掃だけに留まらず、商品のクオリティにブレがなく、お客様を大切にする接客を行ってくれる、そういう会社にしていきたいと感じています。

商品のレベル・お店の清潔感・接客姿勢の水準を上げていくことにより、間違いなく、お客様にとって居心地の良い店舗となっていき、お客様から得られる笑顔や感謝も大きいものになっていくと実感しております。これにより「この環境で働けて良かった」と思えるスタッフの満足度も上がり、CS・ESの向上に繋がることで、幅広い世代と領域へ展開していける会社にしていきたいと思っています。

当社では安定した経営基盤によりコスト管理を徹底し、高い利益率を保つことができる仕組みがあります。一番の花形となるポジションが店舗に関わる人たちですが、これらを支える仕事にも何でも挑戦してもらいたいと思っています。やりたいことを実現するための企業基盤と技術がある当社を一緒に世界へ広げていきましょう。

株式会社MountainBull
ポイント

店舗運営・食材・接客のクオリティに非常にこだわりを持っているのだと思いました。現状に満足していないからこそ、この場所で働くことに自信と誇りが持てるのだと感じました。




及川 一茉 プロフィール

1991年10月25日生まれ。明治大学卒業後、当社に入社。趣味は子供と一緒に遊ぶこと。大切にしていることはすべて良い方向に考えるというポジティブシンキング。

 

世界に誇れる飲食企業を目指して
「日本の食文化の未来をつくる」という理念のもと、都内を中心に展開。ドバイにも出店し、海外へ日本の飲食の魅力を発信しています。店舗に裁量を持たせているため、それぞれの特色を出した店作りをしています。社歴関係なく、チャレンジできる環境を整えた企業です。

会社概要

設立
2014年4月1日
住所
【本社】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目22-43 新宿JECビル4階
資本金
10,000,000 円
TEL
03-3362-4677
事業内容
飲食店の経営
飲食店舗プロデュース

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top