shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

R&C株式会社

R&C株式会社

お客様を守るために自分が出来ることを考え続ける

R&C株式会社 
代表取締役 足立 哲真

組織で一人ひとりと向き合うことの徹底化

営業の中でも難しいジャンルとされる保険業界。商社や銀行などのトップセールスパーソンでさえ、結果を出すことが容易ではないと言われています。しかし、私たちはそういった厳しい業界でお客様の人生にまっすぐ向き合い、問題解決へと導くことを最大の責務と捉え、結果を出し続けています。当社の社員はチャレンジ精神旺盛でプロ意識の高い人材が多いです。お客様にとって営業担当者は、生涯を預けるパートナー的な存在のため、非常に質の高いサービス力が求められます。保険はもちろんのこと、住宅ローンや老後の資産形成についてお客様から相談されることもあります。つまり、私たちの仕事のスキルが高ければ高いほど、お客様の人生を豊かにすることができるようになっていきます。私たちもお客様に満足してもらえるよう、保険以外のことも自主的に学び、解決策を提示できるようレベルアップしています。
 
それと同時に、個々のレベルが上がったからこそ、課題も生まれました。それは、営業担当者が「会社の看板があるからお客様が加入した」のではなく、「自分が担当だからこそ加入してくれた」という認識になりやすいことです。その結果、帰属意識が希薄になり、お客様の想いや情報、営業ノウハウを個人で抱えるようになりました。お客様と担当者、そして会社という3者が揃って共通の目的に向かうことが大切な中で、担当者が変わると想いや情報を繋ぐことができない。そして、営業ノウハウの共有も行われないという状態になってしまいました。これでは会社も成長せず、お客様も不安を感じてしまいます。業界的に問題となっているこの状況を解決しようと思い、たどり着いた答えが「Collective」でした。組織としてお客様一人ひとりの加入した理由や営業ノウハウを共有することで、プロとして保険の給付を受ける人に想いを繋ぐという仕事を全うすることができるのではないかと考えた結果、当社の現在のスタイルが出来上がりました。

R&C株式会社
ポイント

保険業界にはびこっている問題に向き合い、解決しようと動くR&C株式会社。お客様を守ることを意識して日々業務にあたっているそうです。

基礎研修を徹底し、会社の未来を担う人材を育てる

当社では新卒社員を一同に集めた研修を実施し、動画や座学、OJTなどでテレアポやプレゼンテーションの方法など、営業のノウハウを伝えています。そのほか、各部署単位でも勉強会を開き、より深くまで理解する場も設けています。基礎的な部分は徹底的に指導しますが、すべてを教えるわけではありません。私は内定者インターンの学生や新卒社員に「一番きついことは目的だけ与えられて、自分のやるべきことが分からない場面も往々にしてあること」だと伝えています。そんな環境を逆に楽しめる人材こそが成長できると思いますし、会社の未来を創っていける人材だと確信しています。
 
保険業界は今、変革の時です。これまでは一社専属の担当者が自社の商品を提案するのが主流でしたが、現在は複数の保険会社の商品を取り扱うことができる代理店がシェアを広げています。競争が激化し、保険代理店としての業務だけではお客様に価値を提供し続けることは難しい時代となっています。そこで当社は自社商品の開発や保険の作成、保険会社の設立などの事業の取り組みを始めました。また、日本の保険は欧米に比べ30年遅れていると言われているため、欧米の商品をいかにして日本に取り入れるかを模索したり、フィンテック事業などにも注力したりしています。新規事業は営業で数字が出せたうえで取り組むものです。私はこれらの事業を新卒社員が率先して形にすることが理想です。まずは一人のセールスパーソンとしてしっかりと成果を出し、それぞれの事業で活躍している姿が見られる日を楽しみにしています。

R&C株式会社
ポイント

会社独自の商材や会社設立など、新たな事業を展開し未来を見据えている足立代表取締役。さらに会社として成長していくという強い想いを感じました。


生い立ちを知ることで見えてくる人間性

人のことを理解するうえでカギとなるものはその人を支えてきた家族です。家族構成のほか、どういった子どもだと言われてきたのか、親から言われた言葉で印象に残っているものなどを徹底的に聞くようにしています。周りの人からどう見られているのかを知ることで、その人の人間性を垣間見ることができるようになります。これらを聞くことで、当社が求める人物像であるチャレンジ精神を持ち、自ら考えて行動できる人かどうかの判断材料にもなります。また、当社ではキャリアステップが決められているのではなく、「自分が将来どうなりたいのか」を考え、実現するためにどういった行動をするかを社員に一任しています。私は敷かれたレールの上を歩くのではなく、自分で考えることにこそ面白さがあると考えています。
 
成長できる人とは、求められる成果に対してどの行動が最適かの判断ができるかどうかです。これができる人は、成果を出し続けることができるのではないかと思っています。学生時代に何かに取り組み、成功であれ、失敗であれ、理由を明確にしたうえでどういった結果を得られたのかが重要です。また、リーダー経験があれば、自分の考えがうまく伝わらず、人とぶつかったこともあるはずです。成功だけでなく、失敗をしていることで自分一人では不可能なことがあると気付くことができます。これらすべての経験を生かせることが、お客様と共に長きに渡って走り続ける保険の営業という仕事です。自身の力を遺憾なく発揮し、新たな風となってくれることを期待しています。

R&C株式会社
ポイント

相手を理解するうえで最も身近な家族について知ることを重要視していることに驚きました。 人と向き合うことを非常に大切にしているという印象を強く受けました。


足立 哲真 プロフィール

1985年8月16日生まれ。順天堂大卒業後、保険のコンサルティング会社に就職。その後、保険代理店に転職し、2014年R&C株式会社代表取締役に就任。趣味はキャンプ、スキー、筋トレ、子どもの野球。座右の銘は「上善水の如し」。

会社概要

設立
2006年5月24日
住所
〒108-0023
東京都港区芝浦3-16-4 山田ビル4F
資本金
4,800万円
TEL
03-5439-9822
事業内容
サステイナブルソリューション事業(生命保険の募集に関する業務、損害保険代理店業)

アールエイチナビTOPへ ▶
R&C株式会社

R&C株式会社

シェア数 shares

お客様を守るために自分が出来ることを考え続ける

R&C株式会社 
代表取締役 足立 哲真

組織で一人ひとりと向き合うことの徹底化

営業の中でも難しいジャンルとされる保険業界。商社や銀行などのトップセールスパーソンでさえ、結果を出すことが容易ではないと言われています。しかし、私たちはそういった厳しい業界でお客様の人生にまっすぐ向き合い、問題解決へと導くことを最大の責務と捉え、結果を出し続けています。当社の社員はチャレンジ精神旺盛でプロ意識の高い人材が多いです。お客様にとって営業担当者は、生涯を預けるパートナー的な存在のため、非常に質の高いサービス力が求められます。保険はもちろんのこと、住宅ローンや老後の資産形成についてお客様から相談されることもあります。つまり、私たちの仕事のスキルが高ければ高いほど、お客様の人生を豊かにすることができるようになっていきます。私たちもお客様に満足してもらえるよう、保険以外のことも自主的に学び、解決策を提示できるようレベルアップしています。
 
それと同時に、個々のレベルが上がったからこそ、課題も生まれました。それは、営業担当者が「会社の看板があるからお客様が加入した」のではなく、「自分が担当だからこそ加入してくれた」という認識になりやすいことです。その結果、帰属意識が希薄になり、お客様の想いや情報、営業ノウハウを個人で抱えるようになりました。お客様と担当者、そして会社という3者が揃って共通の目的に向かうことが大切な中で、担当者が変わると想いや情報を繋ぐことができない。そして、営業ノウハウの共有も行われないという状態になってしまいました。これでは会社も成長せず、お客様も不安を感じてしまいます。業界的に問題となっているこの状況を解決しようと思い、たどり着いた答えが「Collective」でした。組織としてお客様一人ひとりの加入した理由や営業ノウハウを共有することで、プロとして保険の給付を受ける人に想いを繋ぐという仕事を全うすることができるのではないかと考えた結果、当社の現在のスタイルが出来上がりました。

R&C株式会社
ポイント

保険業界にはびこっている問題に向き合い、解決しようと動くR&C株式会社。お客様を守ることを意識して日々業務にあたっているそうです。

基礎研修を徹底し、会社の未来を担う人材を育てる

当社では新卒社員を一同に集めた研修を実施し、動画や座学、OJTなどでテレアポやプレゼンテーションの方法など、営業のノウハウを伝えています。そのほか、各部署単位でも勉強会を開き、より深くまで理解する場も設けています。基礎的な部分は徹底的に指導しますが、すべてを教えるわけではありません。私は内定者インターンの学生や新卒社員に「一番きついことは目的だけ与えられて、自分のやるべきことが分からない場面も往々にしてあること」だと伝えています。そんな環境を逆に楽しめる人材こそが成長できると思いますし、会社の未来を創っていける人材だと確信しています。
 
保険業界は今、変革の時です。これまでは一社専属の担当者が自社の商品を提案するのが主流でしたが、現在は複数の保険会社の商品を取り扱うことができる代理店がシェアを広げています。競争が激化し、保険代理店としての業務だけではお客様に価値を提供し続けることは難しい時代となっています。そこで当社は自社商品の開発や保険の作成、保険会社の設立などの事業の取り組みを始めました。また、日本の保険は欧米に比べ30年遅れていると言われているため、欧米の商品をいかにして日本に取り入れるかを模索したり、フィンテック事業などにも注力したりしています。新規事業は営業で数字が出せたうえで取り組むものです。私はこれらの事業を新卒社員が率先して形にすることが理想です。まずは一人のセールスパーソンとしてしっかりと成果を出し、それぞれの事業で活躍している姿が見られる日を楽しみにしています。

R&C株式会社
ポイント

会社独自の商材や会社設立など、新たな事業を展開し未来を見据えている足立代表取締役。さらに会社として成長していくという強い想いを感じました。


生い立ちを知ることで見えてくる人間性

人のことを理解するうえでカギとなるものはその人を支えてきた家族です。家族構成のほか、どういった子どもだと言われてきたのか、親から言われた言葉で印象に残っているものなどを徹底的に聞くようにしています。周りの人からどう見られているのかを知ることで、その人の人間性を垣間見ることができるようになります。これらを聞くことで、当社が求める人物像であるチャレンジ精神を持ち、自ら考えて行動できる人かどうかの判断材料にもなります。また、当社ではキャリアステップが決められているのではなく、「自分が将来どうなりたいのか」を考え、実現するためにどういった行動をするかを社員に一任しています。私は敷かれたレールの上を歩くのではなく、自分で考えることにこそ面白さがあると考えています。
 
成長できる人とは、求められる成果に対してどの行動が最適かの判断ができるかどうかです。これができる人は、成果を出し続けることができるのではないかと思っています。学生時代に何かに取り組み、成功であれ、失敗であれ、理由を明確にしたうえでどういった結果を得られたのかが重要です。また、リーダー経験があれば、自分の考えがうまく伝わらず、人とぶつかったこともあるはずです。成功だけでなく、失敗をしていることで自分一人では不可能なことがあると気付くことができます。これらすべての経験を生かせることが、お客様と共に長きに渡って走り続ける保険の営業という仕事です。自身の力を遺憾なく発揮し、新たな風となってくれることを期待しています。

R&C株式会社
ポイント

相手を理解するうえで最も身近な家族について知ることを重要視していることに驚きました。 人と向き合うことを非常に大切にしているという印象を強く受けました。




足立 哲真 プロフィール

1985年8月16日生まれ。順天堂大卒業後、保険のコンサルティング会社に就職。その後、保険代理店に転職し、2014年R&C株式会社代表取締役に就任。趣味はキャンプ、スキー、筋トレ、子どもの野球。座右の銘は「上善水の如し」。

会社概要

設立
2006年5月24日
住所
〒108-0023
東京都港区芝浦3-16-4 山田ビル4F
資本金
4,800万円
TEL
03-5439-9822
事業内容
サステイナブルソリューション事業(生命保険の募集に関する業務、損害保険代理店業)

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top