shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

株式会社INE

株式会社INE

社員の成長を第一に考え、当たり前を覆す会社へ

株式会社INE 
取締役COO 岡本 崇章

成長した先にある2つのキャリアプランで仕事のプロフェッショナルに

当社は「自己成長したい」「営業の仕事を極めたい」などと言った想いを持つ上昇志向が強い人が集まった、言わば営業のプロフェッショナル集団です。社員がより成長できるよう、キャリアプランとして営業の第一線で活躍するプレイヤーと事業運営マネジメントの2つのコースを導入。希望をヒアリングし、適正を見た上でチャレンジできる環境を作っています。
 
さらに、当社では成長した実感を得ることができるように昇給を年4回に設定しています。その理由は、20代のうちからさまざまな業務の経験をして、一日も早く成長してほしいという思いがあるからです。たとえ降格しても、再チャレンジできる環境があることでさらなる成長に繋がります。しかし、1年に1回だと成長のスピードが遅くなってしまい、20代での伸びが小さくなってしまいます。入社時には研修を行い、基本的な内容を伝えていきますが、基礎を学んだ上で、自発的に考えて行動することが成長できるかできないかの分かれ目になってきます。
 
また、成長著しい社員の特徴として目の前のことを自分事として捉えられているかどうかがポイントになっていると感じています。営業成績が振るわない時、自分に課題があるのではないかと考え、営業方法を見直すなど改善策を講じようと考えている人は成績不振から脱却し、結果を出している印象があります。仕事のプロフェッショナルになるためには試行錯誤することがカギになっています。

株式会社INE
ポイント

いかにスピーディに成長し、多くの経験をするのかを大切にしている株式会社INE。基本を学んだ上で、そこからどう成長していくのかは自分次第。自発的に行動できる人こそ、輝ける場所になっているようです。

働きやすい会社へと変貌を遂げ、次のフェーズへ

会社設立後、さまざまな取り組みを行い、より働きやすい環境を作ってきました。具体的には業務改善のため、2019年頃から事務作業など一部の業務に自動化システムを取り入れたことで、一人ひとりの負担を軽減。残業時間の削減につながり、仕事の本質である営業の仕事に時間を多く割けるようになったことで、事務作業の時間が減り、生産性が上がってきました。

また、コールセンターをアウトバウンドからインバウンドに変えたことで離職率が下がり、業績が安定。コロナ禍の現在も仕事のスタンスは変わることなく、業績も伸び続けています。当社は業績が上がっている今、次のフェーズへ一歩を踏み出そうとしています。現在、WEBマーケティングに注力し、IPOを目指しています。自発的に行動でき、数値分析が出来る人材を探し、さまざまなスキルを持つ人を集め、さらなる高みへと進んでいこうとしています。私は会社の成長には社員の成長が必要不可欠だと考えています。ビジョンを形にするためには、社員一人ひとりが仕事に対し、本気で向き合い、一つずつ目標を達成していくことが大切です。実力のワンランク上の目標を掲げ、「できたらいいな」ではなく、「結果を出す」という強い気持ちで働くことを意識するよう伝えています。

株式会社INE
ポイント

仕事の軸となる業務により集中できるような環境を整え、結果を出すことを重要にしていると話す岡本取締役COO。一人ひとりが成長することこそ会社の成長という言葉に、確固たる可能性を感じました。


「継続力」を持ち、何かを極めた人が活躍できる場所

私は仕事をする上で大切だと思うものは「継続力」です。会社に入社し、何十年と働くことになるので、何かに取り組む熱量が一定で長く維持できる人と共に働きたいと思っています。そのため、学生時代に何を突きつめ、どういった結果を残したのかをしっかりと見るようにしています。ただ学生時代に何かを続けていただけよりも「部活で全国大会に出場しました」など、どれほど努力し、どういった結果を出したのかが重要です。過ごしてきた時間の中身が濃いほど、仕事で活躍する姿が見えますし、なによりそれほどの継続力と結果がないと10年や20年で事業運営を出来るまで成長を見込むことが難しいと思っています。そのため、ハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、継続力と結果の双方を持ち合わせた人こそ、当社で大きく成長できる存在になれるのではないかと考えています。
 
私がなぜこれほどまで“成長”を大切にしているのかというと、人生を豊かなものにしてほしいという思いがあるからです。家庭を持ち、子どもが生まれるとどうしても背負うものが大きくなり、チャレンジすることが難しくなってきてしまいます。そこで、身軽に動けるうちに多くのことにチャレンジし、20代で社会的地位を確立して、収入を安定させ、幸せな人生を送ってほしいという思いがあります。若いうちに失敗しながら成長し、実力をつけていくことでいずれ自分の糧になります。この度一新するロゴにも願いを込めているのですが、当たり前を覆して共に成長したいと思える人と出会えることを楽しみにしています。

株式会社INE
ポイント

自分の人生のために成長することを念頭に置く株式会社INE。若いうちから多くの経験した人は人生が豊かになるという言葉が非常に心に刺さりました。何事にも恐れずにチャレンジすることが大切なのだと気付かされました。


岡本 崇章 プロフィール

1983年2月28日生まれ。2004年に大手通信会社へ入社。2014年に退社。同年4月、株式会社INEの設立に参画。2018年に取締役就任。休日は家族と一緒に過ごすことを大切にしている。座右の銘は「経験は何事にも勝る」。
エネルギーを通じ、お客様一人ひとりに適した環境改善を実現する
顧客が抱える課題に合わせ、省エネサービスの導入やライフラインの見直しを提案。質の高い商品と提案でお客様の課題解決だけでなく、地球環境への貢献を目指していく。

会社概要

設立
2014年4月14日
住所
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-14-2 池袋二丁目ビルディング3F
資本金
8,000万円
TEL
03-5957-7293
従業員数
109名(2021年4月現在)
事業内容
・エコロジープランニング
・WEBマーケティング
 「東京電力」「関西電力」「JXTGエネルギー」「日本瓦斯」

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社INE

株式会社INE

シェア数 shares

社員の成長を第一に考え、当たり前を覆す会社へ

株式会社INE 
取締役COO 岡本 崇章

成長した先にある2つのキャリアプランで仕事のプロフェッショナルに

当社は「自己成長したい」「営業の仕事を極めたい」などと言った想いを持つ上昇志向が強い人が集まった、言わば営業のプロフェッショナル集団です。社員がより成長できるよう、キャリアプランとして営業の第一線で活躍するプレイヤーと事業運営マネジメントの2つのコースを導入。希望をヒアリングし、適正を見た上でチャレンジできる環境を作っています。
 
さらに、当社では成長した実感を得ることができるように昇給を年4回に設定しています。その理由は、20代のうちからさまざまな業務の経験をして、一日も早く成長してほしいという思いがあるからです。たとえ降格しても、再チャレンジできる環境があることでさらなる成長に繋がります。しかし、1年に1回だと成長のスピードが遅くなってしまい、20代での伸びが小さくなってしまいます。入社時には研修を行い、基本的な内容を伝えていきますが、基礎を学んだ上で、自発的に考えて行動することが成長できるかできないかの分かれ目になってきます。
 
また、成長著しい社員の特徴として目の前のことを自分事として捉えられているかどうかがポイントになっていると感じています。営業成績が振るわない時、自分に課題があるのではないかと考え、営業方法を見直すなど改善策を講じようと考えている人は成績不振から脱却し、結果を出している印象があります。仕事のプロフェッショナルになるためには試行錯誤することがカギになっています。

株式会社INE
ポイント

いかにスピーディに成長し、多くの経験をするのかを大切にしている株式会社INE。基本を学んだ上で、そこからどう成長していくのかは自分次第。自発的に行動できる人こそ、輝ける場所になっているようです。

働きやすい会社へと変貌を遂げ、次のフェーズへ

会社設立後、さまざまな取り組みを行い、より働きやすい環境を作ってきました。具体的には業務改善のため、2019年頃から事務作業など一部の業務に自動化システムを取り入れたことで、一人ひとりの負担を軽減。残業時間の削減につながり、仕事の本質である営業の仕事に時間を多く割けるようになったことで、事務作業の時間が減り、生産性が上がってきました。

また、コールセンターをアウトバウンドからインバウンドに変えたことで離職率が下がり、業績が安定。コロナ禍の現在も仕事のスタンスは変わることなく、業績も伸び続けています。当社は業績が上がっている今、次のフェーズへ一歩を踏み出そうとしています。現在、WEBマーケティングに注力し、IPOを目指しています。自発的に行動でき、数値分析が出来る人材を探し、さまざまなスキルを持つ人を集め、さらなる高みへと進んでいこうとしています。私は会社の成長には社員の成長が必要不可欠だと考えています。ビジョンを形にするためには、社員一人ひとりが仕事に対し、本気で向き合い、一つずつ目標を達成していくことが大切です。実力のワンランク上の目標を掲げ、「できたらいいな」ではなく、「結果を出す」という強い気持ちで働くことを意識するよう伝えています。

株式会社INE
ポイント

仕事の軸となる業務により集中できるような環境を整え、結果を出すことを重要にしていると話す岡本取締役COO。一人ひとりが成長することこそ会社の成長という言葉に、確固たる可能性を感じました。


「継続力」を持ち、何かを極めた人が活躍できる場所

私は仕事をする上で大切だと思うものは「継続力」です。会社に入社し、何十年と働くことになるので、何かに取り組む熱量が一定で長く維持できる人と共に働きたいと思っています。そのため、学生時代に何を突きつめ、どういった結果を残したのかをしっかりと見るようにしています。ただ学生時代に何かを続けていただけよりも「部活で全国大会に出場しました」など、どれほど努力し、どういった結果を出したのかが重要です。過ごしてきた時間の中身が濃いほど、仕事で活躍する姿が見えますし、なによりそれほどの継続力と結果がないと10年や20年で事業運営を出来るまで成長を見込むことが難しいと思っています。そのため、ハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、継続力と結果の双方を持ち合わせた人こそ、当社で大きく成長できる存在になれるのではないかと考えています。
 
私がなぜこれほどまで“成長”を大切にしているのかというと、人生を豊かなものにしてほしいという思いがあるからです。家庭を持ち、子どもが生まれるとどうしても背負うものが大きくなり、チャレンジすることが難しくなってきてしまいます。そこで、身軽に動けるうちに多くのことにチャレンジし、20代で社会的地位を確立して、収入を安定させ、幸せな人生を送ってほしいという思いがあります。若いうちに失敗しながら成長し、実力をつけていくことでいずれ自分の糧になります。この度一新するロゴにも願いを込めているのですが、当たり前を覆して共に成長したいと思える人と出会えることを楽しみにしています。

株式会社INE
ポイント

自分の人生のために成長することを念頭に置く株式会社INE。若いうちから多くの経験した人は人生が豊かになるという言葉が非常に心に刺さりました。何事にも恐れずにチャレンジすることが大切なのだと気付かされました。




岡本 崇章 プロフィール

1983年2月28日生まれ。2004年に大手通信会社へ入社。2014年に退社。同年4月、株式会社INEの設立に参画。2018年に取締役就任。休日は家族と一緒に過ごすことを大切にしている。座右の銘は「経験は何事にも勝る」。

エネルギーを通じ、お客様一人ひとりに適した環境改善を実現する
顧客が抱える課題に合わせ、省エネサービスの導入やライフラインの見直しを提案。質の高い商品と提案でお客様の課題解決だけでなく、地球環境への貢献を目指していく。

会社概要

設立
2014年4月14日
住所
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-14-2 池袋二丁目ビルディング3F
資本金
8,000万円
TEL
03-5957-7293
従業員数
109名(2021年4月現在)
事業内容
・エコロジープランニング
・WEBマーケティング
 「東京電力」「関西電力」「JXTGエネルギー」「日本瓦斯」

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top