shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

セントスタッフ株式会社

セントスタッフ株式会社
  • インタビューインタビュー
  • 企業情報企業情報
  • 企業情報独自×成長

現場での学びを最大限に生かし、社員の活躍の場を創出

セントスタッフ株式会社 
代表取締役社長 片山 直樹

大病をきっかけに、福祉の世界へ

私は18歳の時に漠然と「30歳で起業しよう」という目標を掲げていました。起業するまでの12年間で何ができるかを考え、経済や経営の勉強をしようと思い、大学へ進学。勉強に励み、卒業後は証券会社に入社して、サラリーマンとしてキャリアを積んでいました。しかし、26歳の時に大病を患い、入院生活を余儀なくされました。入院中、看護師やヘルパーの方と接している中で「人を支える」という福祉の魅力に気付きました。最初は住宅や不動産関係での起業を考えていましたが、病気を患い、自分自身が多くの人に支えてもらった経験があったので、福祉関係で起業しようと決めました。これが会社のルーツです。とは言え、知識も経験もなかったので、28歳でヘルパーに転職。現場で3年間、介護のイロハを学びました。
 
私が会社を経営する上で大切にしていることが「出会い」。これまで人との出会いに恵まれていると感じる瞬間がたくさんありました。サラリーマン時代、バブル崩壊の影響もあり、負の遺産が多く、辞めようかと悩んでいた時期もありました。しかし、抱えている問題を解決しようと、お客様と向き合い、話すことを大切にしていたことで、苦しい時にお客様に支えてもらえました。その経験もあり、出会いを大切にすることを忘れぬよう、理念に“出会い”という言葉を入れました。
 
大病を患ったことで、当初描いていた業種ではなくなりましたが、福祉という世界を通じて、保育園や介護施設といった不動産を扱うことが出来ています。そのため、病気になったことをマイナスな出来事として捉えていません。病気になる前は福祉に関する仕事をするとは思っていませんでしたが、私自身、人のために何かをすることが得意なので、今の仕事が天職だと思い、誇りを持っています。

セントスタッフ株式会社
ポイント

病気をきっかけに、福祉の道を志し、自分に足りない知識とスキルを身につけようと転職を決意。会社を永続させるために、現場を学ぶことに注力しています。

現場での学びを大切にし、全社員が専門の資格を保有

当社の強みは、全社員が福祉の現場での経験をしているということ。経営判断をする上で、自分自身が現場で経験を積んでいたため、現場の声を理解でき、新規事業を立ち上げる際などプラスに働いています。福祉関係の仕事は想像しているよりはるかに大変なことが多くありますが、身をもって学んだことが非常に今の仕事に生きています。そのため、社員にも同じ経験をし、現場で働く目線を養ってもらえればと思い、新卒はもちろん、どんなキャリアの人であれ、入社したらまずは現場での経験を積んでもらいます。新卒入社の社員は半分以上が福祉関係以外の学部出身で、経済や経営、法学、最近では情報システムなど、大学で学んでいたことはさまざまです。そのため、内定が出た時点で、勉強会を開催し、学生のうちに資格も取得してもらい、入社した時点で力を発揮できるような体制を整えています。学生のうちから学ぶことで、不安なく業務に集中できる環境が出来ました。
 
私は福祉事業をやる上で教育研修を怠ると、マーケットから外される可能性が出てくると考えています。これは、私がヘルパーとして仕事をしていた際、研修制度が確立しておらず、研修は先輩ヘルパーに同行し、見て学ぶというものでした。毎回、現場が変わることもあり、研修方法に不安を感じ、辞めていく仲間もいました。その時に研修制度を確立することが大切だと気付くことができました。制度を強化してからは、外部向けに研修を行う「セントカレッジ」として、会社を支える一つの事業にまで成長させることができました。

セントスタッフ株式会社
ポイント

知識やスキルが無くても学べる環境を作り、社員の不安を削減し、現場で力を最大限に発揮できるような体制を確立。社内向けだった研修制度が今では会社を支える一つの事業にまで発展しました。


経営状況を共有し、新たな形の福祉事業を模索

創業当初から月1回、社員が集まって研修を行い、会議の場で私や役員から今の経営状況を伝えることをしています。私がサラリーマンだった頃、会社の動向が開示されておらず、結果を出したとしてもどうなっているのかが目に見えない状況に疑問を感じていました。そこで、私は経営状況の良し悪しに関わらず、事実をそのまま伝えるように心がけています。業績が目標未達成であれば、その理由を分析して社員に伝えることで、全員が改善するためにどうすればいいのかを考え、仕事に向き合うきっかけになります。疑問を持ったまま働くのではなく、問題を明確化することで社員の意識が変わるので、やる気にもつながっています。
 
私の今の夢は介護と保育、障がいを1つにした幼老一体型の施設を作ることです。例えば、トヨタ自動車株式会社では未来都市「ウーブン・シティ」を作り、関係者2000人が居住するという構想があるそうです。こういった環境を作ることが現実的に可能となれば、赤ちゃんから高齢者、障がいのある人が共に生活をするため、その中でできる福祉の仕事があるのではないかと思っています。つまり、幼老一体型の施設を形にすることで、これまで難しいと思われていたことが可能になったり、新たな福祉のアプローチが発見できたりと、多くのチャレンジが出来るはずです。そして、さまざまな仕事をおこなうようになれば、創業当初から大切にしている「社員一人ひとりが夢を持って働くこと」が可能になるのではないかと考えています。人生は一度しかありません。出会いを大切にし、自分の価値を高め、夢や希望、ビジョンを持ち、誇りと自信を持って共に働ける仲間と出会えることを楽しみにしています。

セントスタッフ株式会社
ポイント

いかなる時も現状に満足せず、自分が疑問に思ったことは解決することに尽力しています。さらに、これらのスキルや知識を使い、次のステージでの福祉ということを視野にいれ、チャレンジする気持ちを忘れずに仕事に向き合っています。


片山 直樹 プロフィール

1967年4月4日生まれ。東京経済大学卒業後、証券会社に入社。26歳の時に大病を患い、28歳でヘルパーに転職。3年の現場経験を経て、31歳でセントスタッフ株式会社を設立。趣味はサーフィン、ゴルフ、バスケットボール。好きな言葉は「ウェルビーイング」。

一つひとつの出会いを大切に
介護事業や保育など福祉の事業を展開。全社員に現場での研修を設け、資格を取得。実際体験した目線を大切にし、新たなチャレンジを続けます。

会社概要

設立
1999年10月1日
住所
【本社】
東京都中央区日本橋茅場町1-8-3
資本金
9,798万円(資本準備金3,899万円含む)
TEL
【本社】
03-6803-5621
従業員数
278名(2020年4月現在)
事業内容
人財コンサルティング事業
労働者派遣事業(派13-010725)
有料職業紹介事業(13-ユ-010591)
障がい者紹介事業
海外人材サービス事業
施設運営事業 介護施設/保育施設事業
放課後等デイサービス事業
看護小規模多機能居宅介護事業
人材育成教育事業 実務者研修/喀痰吸引等研修/介護職員初任者研修
メンタルケアサービス事業
ヘルスケアAI事業
ヘルスケアIoT事業

アールエイチナビTOPへ ▶
セントスタッフ株式会社

セントスタッフ株式会社

シェア数 shares

現場での学びを最大限に生かし、社員の活躍の場を創出

セントスタッフ株式会社 
代表取締役社長 片山 直樹

大病をきっかけに、福祉の世界へ

私は18歳の時に漠然と「30歳で起業しよう」という目標を掲げていました。起業するまでの12年間で何ができるかを考え、経済や経営の勉強をしようと思い、大学へ進学。勉強に励み、卒業後は証券会社に入社して、サラリーマンとしてキャリアを積んでいました。しかし、26歳の時に大病を患い、入院生活を余儀なくされました。入院中、看護師やヘルパーの方と接している中で「人を支える」という福祉の魅力に気付きました。最初は住宅や不動産関係での起業を考えていましたが、病気を患い、自分自身が多くの人に支えてもらった経験があったので、福祉関係で起業しようと決めました。これが会社のルーツです。とは言え、知識も経験もなかったので、28歳でヘルパーに転職。現場で3年間、介護のイロハを学びました。
 
私が会社を経営する上で大切にしていることが「出会い」。これまで人との出会いに恵まれていると感じる瞬間がたくさんありました。サラリーマン時代、バブル崩壊の影響もあり、負の遺産が多く、辞めようかと悩んでいた時期もありました。しかし、抱えている問題を解決しようと、お客様と向き合い、話すことを大切にしていたことで、苦しい時にお客様に支えてもらえました。その経験もあり、出会いを大切にすることを忘れぬよう、理念に“出会い”という言葉を入れました。
 
大病を患ったことで、当初描いていた業種ではなくなりましたが、福祉という世界を通じて、保育園や介護施設といった不動産を扱うことが出来ています。そのため、病気になったことをマイナスな出来事として捉えていません。病気になる前は福祉に関する仕事をするとは思っていませんでしたが、私自身、人のために何かをすることが得意なので、今の仕事が天職だと思い、誇りを持っています。

セントスタッフ株式会社
ポイント

病気をきっかけに、福祉の道を志し、自分に足りない知識とスキルを身につけようと転職を決意。会社を永続させるために、現場を学ぶことに注力しています。

現場での学びを大切にし、全社員が専門の資格を保有

当社の強みは、全社員が福祉の現場での経験をしているということ。経営判断をする上で、自分自身が現場で経験を積んでいたため、現場の声を理解でき、新規事業を立ち上げる際などプラスに働いています。福祉関係の仕事は想像しているよりはるかに大変なことが多くありますが、身をもって学んだことが非常に今の仕事に生きています。そのため、社員にも同じ経験をし、現場で働く目線を養ってもらえればと思い、新卒はもちろん、どんなキャリアの人であれ、入社したらまずは現場での経験を積んでもらいます。新卒入社の社員は半分以上が福祉関係以外の学部出身で、経済や経営、法学、最近では情報システムなど、大学で学んでいたことはさまざまです。そのため、内定が出た時点で、勉強会を開催し、学生のうちに資格も取得してもらい、入社した時点で力を発揮できるような体制を整えています。学生のうちから学ぶことで、不安なく業務に集中できる環境が出来ました。
 
私は福祉事業をやる上で教育研修を怠ると、マーケットから外される可能性が出てくると考えています。これは、私がヘルパーとして仕事をしていた際、研修制度が確立しておらず、研修は先輩ヘルパーに同行し、見て学ぶというものでした。毎回、現場が変わることもあり、研修方法に不安を感じ、辞めていく仲間もいました。その時に研修制度を確立することが大切だと気付くことができました。制度を強化してからは、外部向けに研修を行う「セントカレッジ」として、会社を支える一つの事業にまで成長させることができました。

セントスタッフ株式会社
ポイント

知識やスキルが無くても学べる環境を作り、社員の不安を削減し、現場で力を最大限に発揮できるような体制を確立。社内向けだった研修制度が今では会社を支える一つの事業にまで発展しました。


経営状況を共有し、新たな形の福祉事業を模索

創業当初から月1回、社員が集まって研修を行い、会議の場で私や役員から今の経営状況を伝えることをしています。私がサラリーマンだった頃、会社の動向が開示されておらず、結果を出したとしてもどうなっているのかが目に見えない状況に疑問を感じていました。そこで、私は経営状況の良し悪しに関わらず、事実をそのまま伝えるように心がけています。業績が目標未達成であれば、その理由を分析して社員に伝えることで、全員が改善するためにどうすればいいのかを考え、仕事に向き合うきっかけになります。疑問を持ったまま働くのではなく、問題を明確化することで社員の意識が変わるので、やる気にもつながっています。
 
私の今の夢は介護と保育、障がいを1つにした幼老一体型の施設を作ることです。例えば、トヨタ自動車株式会社では未来都市「ウーブン・シティ」を作り、関係者2000人が居住するという構想があるそうです。こういった環境を作ることが現実的に可能となれば、赤ちゃんから高齢者、障がいのある人が共に生活をするため、その中でできる福祉の仕事があるのではないかと思っています。つまり、幼老一体型の施設を形にすることで、これまで難しいと思われていたことが可能になったり、新たな福祉のアプローチが発見できたりと、多くのチャレンジが出来るはずです。そして、さまざまな仕事をおこなうようになれば、創業当初から大切にしている「社員一人ひとりが夢を持って働くこと」が可能になるのではないかと考えています。人生は一度しかありません。出会いを大切にし、自分の価値を高め、夢や希望、ビジョンを持ち、誇りと自信を持って共に働ける仲間と出会えることを楽しみにしています。

セントスタッフ株式会社
ポイント

いかなる時も現状に満足せず、自分が疑問に思ったことは解決することに尽力しています。さらに、これらのスキルや知識を使い、次のステージでの福祉ということを視野にいれ、チャレンジする気持ちを忘れずに仕事に向き合っています。




片山 直樹 プロフィール

1967年4月4日生まれ。東京経済大学卒業後、証券会社に入社。26歳の時に大病を患い、28歳でヘルパーに転職。3年の現場経験を経て、31歳でセントスタッフ株式会社を設立。趣味はサーフィン、ゴルフ、バスケットボール。好きな言葉は「ウェルビーイング」。

一つひとつの出会いを大切に
介護事業や保育など福祉の事業を展開。全社員に現場での研修を設け、資格を取得。実際体験した目線を大切にし、新たなチャレンジを続けます。

会社概要

設立
1999年10月1日
住所
【本社】
東京都中央区日本橋茅場町1-8-3
資本金
9,798万円(資本準備金3,899万円含む)
TEL
【本社】
03-6803-5621
従業員数
278名(2020年4月現在)
事業内容
人財コンサルティング事業
労働者派遣事業(派13-010725)
有料職業紹介事業(13-ユ-010591)
障がい者紹介事業
海外人材サービス事業
施設運営事業 介護施設/保育施設事業
放課後等デイサービス事業
看護小規模多機能居宅介護事業
人材育成教育事業 実務者研修/喀痰吸引等研修/介護職員初任者研修
メンタルケアサービス事業
ヘルスケアAI事業
ヘルスケアIoT事業

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top