shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

株式会社レイズワン

株式会社レイズワン
  • インタビューインタビュー
  • 企業情報企業情報
  • 企業情報環境×充実

施工が出来るビジネスマンを目指して

株式会社レイズワン 
代表取締役 小牧 真吾

職人を招き、技術指導でスキルアップ

当社は水道衛生機器、ガス機器など住宅設備工事のほか、中古や賃貸マンションのリノベーション事業も行っています。

リノベーション工事では、水道は水道⼯事店、ガスはガス⼯事店など、各分野の専門業者がそれぞれ⼯事をすることが多いです。しかし、自社では 一部を除いて多くの⼯事を自社施⼯していることが強みです。そのため、各分野の幅広い専門知識と技術が求められます。しかし、広く深く知識と技術を身に着けるのは簡単なことではありません。そこで、効率よく知識・技術を習得できるよう外部から各分野の経験豊富な職人さんを講師として迎え、実技指導を行っています。講師は指導することだけに注⼒し、社員は自分の技術を磨くことに集中する。そんな環境を整備したいと考え、この制度を取り入れました。

当社では、多くのお客様にご評価いただき、たくさんの現場を抱えています。限られた人数、時間の中で先輩が後輩を指導するというスタイルには限界を感じていました。未経験からスタートした社員の指導に多くの時間を割くことが難しく、戦力となるまでに時間を要していました。教える側の先輩も現場をこなしながらでは、余裕がなく、なかなか丁寧に教えることができません。また、教えてもらう側も、忙しい先輩に遠慮して質問ができなかったり、 先輩の指導のスピードについていけなかったりということもありました。この制度を取り入れてからは、安心して知識と技術を身につけることができるようになっています。

株式会社レイズワン
ポイント

初めての仕事には誰しも不安があるものです。そこで、実際に手を動かして学ぶ時間を設けることで不安を取り除くことを大切にし、スキルアップを図っているそうです。

資格の取得支援でモチベーションアップ

建築関連の仕事をするうえで、かかせないのが資格です。さまざまな資格がありますが、実技試験を伴うものが多くあります。実技試験の練習では、つきっきりで身につくまで指導するようにしています。実際に使う工具も会社で購入し、慣れたもので臨める環境作りをしています。社員からの「合格しました」という報告が私にとってのよろこびです。一つの資格取得をきっかけに、自身の成⻑を実感することができ、自信にもつながります。自信がつけば、おのずとモチベーションもアップします。社員からは「この資格があれば、この仕事ができる」「この仕事がしたいので、次はこの資格を取得したい」とうれしい声があがってきます。

資格取得の環境整備をしたことで合格率も高い水準を維持できています。資格取得までの資金面や設備面でのサポートはもちろんのこと、資格手当なども設け、社員の成⻑を応援しています。お客様から「仕事をお願いするならここしかない」と言ってもらえるようになるためにも資格を一つの武器にして、多くの場面で活躍できるような人材育成をしたいと思っています。

株式会社レイズワン
ポイント

仕事をする上で大切なのがさまざまな資格。資格を取得し、自信をつけてもらうためにも学ぶ環境の整備に尽力しています。高い合格率を維持しているのは実践をふまえた学ぶ環境が整っている証です。


職人ではなく、“ビジネスマン”という意識改革を目指して

これまでは、⼯務店や現場監督が顧客と職人さんの橋渡しをして、 職人さんは現場での施⼯のみに注⼒するという傾向にありました。しかし、時代は変化しています。「職人」として 現場で技術を発揮するのはもちろんですが、指示された施工をこなすだけでなく、顧客の要望をくみ取って、より良い施工⽅法や商品を提案することもできる「ビジネスマン」としての意識を定着させることを大切にしています。

こうした人材育成を目指す中で、働く環境をより良いものにできるよう改善を心がけています。私自身も現場に立っているので「この業務の負担を減らす⽅法はないのだろうか」と効率化や負担軽減など改善できる点を、日々模索しています。そんな中で取り入れているのが「KA・RA・DA メンテナンス補助制度」です。仕事柄、身体が資本です。整体やマッサージなどの費用を会社が負担し、仕事をするために「心・技・体」を整えることを目的とした制度です。身体も住宅と同様、早いうちからきちんとメンテナンスをしてあげることが重要だと考えています。

ここで働くことで、⼿に職をつけ、大きく成長できます。不安はあるかもしれませんが、仕事は必ずできるようになります。夢がある仕事なので、ぜひチャレンジしてみてほしいと思っています。

株式会社レイズワン
ポイント

「職人」としてだけでなく、提案もできるビジネスマンの意識を根づかせようとしているそうです。プロとして顧客の要望に沿った提案ができるような人材育成を目指しています。


小牧 真吾 プロフィール

1979年7月23日生まれ。銀行や商社での仕事を経験。2007年に住宅設備工事の会社で住宅設備工事士として勤務。2012年に独立し、2014年に株式会社レイズワンを設立。趣味はゴルフ。座右の銘は「モチベーションに勝る能力なし」。

住宅設備工事からリノベーション事業まで幅広い施工技術を持つ
住宅設備工事、水道衛生設備、ガス機器の施工と住宅のリノベーション事業を行う。中古のマンションをよみがえらせ、物件の資産価値をアップ。強度の補強や配管など、日々更新されていく技術を駆使し、オーナー様の希望に沿った形で物件の寿命を延ばす。

会社概要

設立
2014年1月7日
住所
〒177-0032 東京都練馬区谷原6-18-29
TEL
03-6913-4164
事業内容
住宅設備工事、水道衛生設備、ガス機器、リノベーション事業

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社レイズワン

株式会社レイズワン

シェア数 shares

施工が出来るビジネスマンを目指して

株式会社レイズワン 
代表取締役 小牧 真吾

職人を招き、技術指導でスキルアップ

当社は水道衛生機器、ガス機器など住宅設備工事のほか、中古や賃貸マンションのリノベーション事業も行っています。

リノベーション工事では、水道は水道⼯事店、ガスはガス⼯事店など、各分野の専門業者がそれぞれ⼯事をすることが多いです。しかし、自社では 一部を除いて多くの⼯事を自社施⼯していることが強みです。そのため、各分野の幅広い専門知識と技術が求められます。しかし、広く深く知識と技術を身に着けるのは簡単なことではありません。そこで、効率よく知識・技術を習得できるよう外部から各分野の経験豊富な職人さんを講師として迎え、実技指導を行っています。講師は指導することだけに注⼒し、社員は自分の技術を磨くことに集中する。そんな環境を整備したいと考え、この制度を取り入れました。

当社では、多くのお客様にご評価いただき、たくさんの現場を抱えています。限られた人数、時間の中で先輩が後輩を指導するというスタイルには限界を感じていました。未経験からスタートした社員の指導に多くの時間を割くことが難しく、戦力となるまでに時間を要していました。教える側の先輩も現場をこなしながらでは、余裕がなく、なかなか丁寧に教えることができません。また、教えてもらう側も、忙しい先輩に遠慮して質問ができなかったり、 先輩の指導のスピードについていけなかったりということもありました。この制度を取り入れてからは、安心して知識と技術を身につけることができるようになっています。

株式会社レイズワン
ポイント

初めての仕事には誰しも不安があるものです。そこで、実際に手を動かして学ぶ時間を設けることで不安を取り除くことを大切にし、スキルアップを図っているそうです。

資格の取得支援でモチベーションアップ

建築関連の仕事をするうえで、かかせないのが資格です。さまざまな資格がありますが、実技試験を伴うものが多くあります。実技試験の練習では、つきっきりで身につくまで指導するようにしています。実際に使う工具も会社で購入し、慣れたもので臨める環境作りをしています。社員からの「合格しました」という報告が私にとってのよろこびです。一つの資格取得をきっかけに、自身の成⻑を実感することができ、自信にもつながります。自信がつけば、おのずとモチベーションもアップします。社員からは「この資格があれば、この仕事ができる」「この仕事がしたいので、次はこの資格を取得したい」とうれしい声があがってきます。

資格取得の環境整備をしたことで合格率も高い水準を維持できています。資格取得までの資金面や設備面でのサポートはもちろんのこと、資格手当なども設け、社員の成⻑を応援しています。お客様から「仕事をお願いするならここしかない」と言ってもらえるようになるためにも資格を一つの武器にして、多くの場面で活躍できるような人材育成をしたいと思っています。

株式会社レイズワン
ポイント

仕事をする上で大切なのがさまざまな資格。資格を取得し、自信をつけてもらうためにも学ぶ環境の整備に尽力しています。高い合格率を維持しているのは実践をふまえた学ぶ環境が整っている証です。


職人ではなく、“ビジネスマン”という意識改革を目指して

これまでは、⼯務店や現場監督が顧客と職人さんの橋渡しをして、 職人さんは現場での施⼯のみに注⼒するという傾向にありました。しかし、時代は変化しています。「職人」として 現場で技術を発揮するのはもちろんですが、指示された施工をこなすだけでなく、顧客の要望をくみ取って、より良い施工⽅法や商品を提案することもできる「ビジネスマン」としての意識を定着させることを大切にしています。

こうした人材育成を目指す中で、働く環境をより良いものにできるよう改善を心がけています。私自身も現場に立っているので「この業務の負担を減らす⽅法はないのだろうか」と効率化や負担軽減など改善できる点を、日々模索しています。そんな中で取り入れているのが「KA・RA・DA メンテナンス補助制度」です。仕事柄、身体が資本です。整体やマッサージなどの費用を会社が負担し、仕事をするために「心・技・体」を整えることを目的とした制度です。身体も住宅と同様、早いうちからきちんとメンテナンスをしてあげることが重要だと考えています。

ここで働くことで、⼿に職をつけ、大きく成長できます。不安はあるかもしれませんが、仕事は必ずできるようになります。夢がある仕事なので、ぜひチャレンジしてみてほしいと思っています。

株式会社レイズワン
ポイント

「職人」としてだけでなく、提案もできるビジネスマンの意識を根づかせようとしているそうです。プロとして顧客の要望に沿った提案ができるような人材育成を目指しています。




小牧 真吾 プロフィール

1979年7月23日生まれ。銀行や商社での仕事を経験。2007年に住宅設備工事の会社で住宅設備工事士として勤務。2012年に独立し、2014年に株式会社レイズワンを設立。趣味はゴルフ。座右の銘は「モチベーションに勝る能力なし」。

住宅設備工事からリノベーション事業まで幅広い施工技術を持つ
住宅設備工事、水道衛生設備、ガス機器の施工と住宅のリノベーション事業を行う。中古のマンションをよみがえらせ、物件の資産価値をアップ。強度の補強や配管など、日々更新されていく技術を駆使し、オーナー様の希望に沿った形で物件の寿命を延ばす。

会社概要

設立
2014年1月7日
住所
〒177-0032 東京都練馬区谷原6-18-29
TEL
03-6913-4164
事業内容
住宅設備工事、水道衛生設備、ガス機器、リノベーション事業

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top