shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

株式会社ギフト

株式会社ギフト

周囲と自分のシアワセのために、さらなる高みを目指してほしい

株式会社ギフト 
専務取締役 藤井 誠二

多くの人々に食のシアワセを届ける

当社は“シアワセを、自分から。”という理念のもと、目の前のお客様だけでなく、スタッフもシアワセになれる店舗づくりにこだわっています。2020年9月には東証一部に上場し、さらなる職場環境の整備や店舗拡大をしている最中です。新型コロナウイルスの影響を受けた2020年では改めて、世の中にラーメンが必要とされていることを実感しました。食べたくても食べに行けない環境が続いた中で、デリバリーやテイクアウトの需要を大きく実感したのです。当社の拡大はもちろんですが、ラーメン業界全体を明るくしたいという想いのもと日々邁進しています。
 
ラーメン屋のお客様は8割がリピーターです。お客様の記憶に残ることがとても大切で、ふとした時に思い出してもらえるお店になる必要があります。何度も通い続けてもらうためには食材の美味しさだけでなく、サービスの質を高めなくてはなりません。元気と笑顔の営業を大切にし、お客様の表情をしっかりと見る。そうしてお客様に「また来たい」「私の行きつけの店」と長く愛されるような店舗を目指しています。今では店舗を拡大していくにつれて、「ずっと待っていました」「やっとこの地域に来てくれた」というお客様からの喜びの声を聴くことも増えました。それだけ需要があるということ自体が喜ばしいですし、今後もお客様のニーズに応え世の中の人達の“食のシアワセ”を創っていきます。
 
多くのお客様の思いに応えるべく当社では直営店舗だけではなくプロデュース事業も行っています。お客様の行きつけのお店がなくなってしまう辛さを感じさせないために、エリアや近隣の需要を分析し、物件選びにもこだわっています。今後も当社は国内1000店舗、海外1000店舗の目標を掲げ、実現に向けて動いていきます。

株式会社ギフト
ポイント

今回のコロナウイルスの時期を通してスタッフの強さを実感したという藤井専務取締役。100店舗以上ある中でも全社員が素早く必要性を感じ、アクリル板やアルコール消毒の設置など迅速に動かれたのだそうです。

相手も自分もシアワセになってほしい 理念に込められた想い

当社の“シアワセを、自分から。”という理念は、大切な人を笑顔にし、それを見た本人も幸せな気持ちになってほしいという思いから作りました。大切な人というのは家族や恋人など、人によってそれぞれ異なるでしょう。会社にとっての大切な人は「一緒に働く仲間」と「来てくれるお客様」であると考えています。さらに視点を広げて見れば、業者の方や近所の方など、シアワセの輪を広げることができます。この考え方に共感し、大切な人を優先的に考えられるようになれば、仕事もうまくいくはずです。
 
実際、当社で活躍している新卒社員は、この理念に共感している方がほとんどです。ラーメンを作る技術よりも、理念や考え方に共感し、それを自ら体現しようと動ける人が日々成長を遂げています。理念を浸透させるためにも、当社では考え方を共有する研修を行い、価値観に伴う行動を築き上げていきます。仕事は一人で行うものではなく、チームで動くことがほとんどです。当社としてはリーダーとなる存在を一人でも多く育てたいという思いがあるため、理念を体現し周囲から信頼されるための行動を、仕事を経験しながら学んでほしいと思っています。
 
社員の働きやすさを実現するために大切なのは、“仕事を楽しめる環境”を作ることです。そのためには、日ごろから達成感を与え続けることがマストになります。そういった社風や雰囲気を大事にし、一人ひとりがやりがいを持って励める仕組みづくりに努めています。最近では個人が小さなことで悩みを抱えないよう、セクハラやパワハラに関する相談窓口を設けました。人の感じ方は様々なので、些細なことでも相談できる環境を設けることが社員の安心につながると考えています。細かい部分かもしれませんが、一つひとつの積み重ねが楽しい職場づくりにつながると信じ、日々改善に努めているのです。

株式会社ギフト
ポイント

仕事を楽しめる環境づくりの他にも、2019年からは年に一度5日間連続で有給を取得できる「シアワセ休暇」制度を導入。昨年は20%の社員が取得していましたが、2020年の取得率は100%と全社員が利用されています。


理念の共感だけではなく、上昇志向も大切に

2020年9月に東証一部上場を果たした当社ですが、上場を決めたきっかけは“世の中に必要とされる企業になること”でした。しかし、実際に上場をしてみると社員にとっても様々なメリットがあることに気付きました。多くの企業がある今の時代では、いつどの企業が倒産してもおかしくない状況です。上場をして信用できる会社になれば社員は車や住宅を購入しやすくなりますし、それぞれの生活を守ることができていると感じています。利益を出し続け、組織を拡大し続けることが結果的には社員のためになると考えているのです。
 
企業の拡大とともに当社のスタッフ数は2000人以上にもなりました。これだけ多くの人数がいると、全員が同じ行動を取ることは非常に困難です。そこを改善するためにも、現在では無駄な業務の削減や簡略化をするための仕組みづくりを進めています。ラーメンを作る技術はもちろん大切ですが、それよりも当社で重視しているのは人間性です。信頼を得ている人の方が、周りは自然と動いてくれますし、効率よく成果を出せるでしょう。ラーメンの提供時間や普段の清掃時間などの短縮を進めることで社員の働きやすさにもつながりますし、気持ちの良いサービスを提供する事ができると考えています。
 
当社で活躍し、役職についている社員に共通している部分は、上昇志向があるかどうかです。きっちり、しっかりやろうと思うタイプや、リスクを負いたくないという後ろ向きの考えの方は難しいかもしれません。笑顔と元気を大切にしている営業スタイルに共感し、相手と自分のシアワセを求めて仕事ができる人と一緒に働けるのを楽しみにしております。

株式会社ギフト
ポイント

毎月店長会を行い、新しいオペレーションに対して各店舗からの課題点を吸い上げている株式会社ギフト。現場の課題改善に向けて新たな取り組みを行い、日々働き方改革に努めていると語ってくれました。


藤井 誠二 プロフィール

1980年9月22日生まれ。北海道から神奈川に上京し、20歳で中華料理屋へ入社。3年間修行を積み、その後新聞販売店の営業へ転職。28歳のとき家系ラーメンと出会い、独立を目指すために株式会社ギフトへ入社。2011年に同社専務取締役に就任する。趣味は、友人や仕事関係の人とお酒を飲むこと。休日は息子の野球のコーチをしている。座右の銘は『人生は山あり谷ありがあるからおもしろい』。
 
設立12年にして東証一部上場・業界1位の店舗数を誇るラーメン企業!
「家系ラーメン 町田商店」をメインに、全国に業界1位の526店舗を展開するラーメンのリーディングカンパニー。”シアワセを、自分から。”という理念のもと、目の前のお客様にどう喜んでいただくか?を日々追及中。2020年9月には東証一部に上場し、国内1000店舗・海外1000店舗に向けてさらなる飛躍をしていく。今後は、世の中に必要とされるラーメンの新ブランドも生み出していく。

会社概要

設立
2009年12月7日(創業:2008年1月)
住所
東京都町田市森野1丁目23−19
小田急町田森野ビル 3階
資本金
786,141千円(2020年10月期 7月末現在)
従業員数
社員 306名 パート・アルバイト 1,503名(2019年10月末日現在)
事業内容
飲食店の経営

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社ギフト

株式会社ギフト

シェア数 shares

周囲と自分のシアワセのために、さらなる高みを目指してほしい

株式会社ギフト 
専務取締役 藤井 誠二

多くの人々に食のシアワセを届ける

当社は“シアワセを、自分から。”という理念のもと、目の前のお客様だけでなく、スタッフもシアワセになれる店舗づくりにこだわっています。2020年9月には東証一部に上場し、さらなる職場環境の整備や店舗拡大をしている最中です。新型コロナウイルスの影響を受けた2020年では改めて、世の中にラーメンが必要とされていることを実感しました。食べたくても食べに行けない環境が続いた中で、デリバリーやテイクアウトの需要を大きく実感したのです。当社の拡大はもちろんですが、ラーメン業界全体を明るくしたいという想いのもと日々邁進しています。
 
ラーメン屋のお客様は8割がリピーターです。お客様の記憶に残ることがとても大切で、ふとした時に思い出してもらえるお店になる必要があります。何度も通い続けてもらうためには食材の美味しさだけでなく、サービスの質を高めなくてはなりません。元気と笑顔の営業を大切にし、お客様の表情をしっかりと見る。そうしてお客様に「また来たい」「私の行きつけの店」と長く愛されるような店舗を目指しています。今では店舗を拡大していくにつれて、「ずっと待っていました」「やっとこの地域に来てくれた」というお客様からの喜びの声を聴くことも増えました。それだけ需要があるということ自体が喜ばしいですし、今後もお客様のニーズに応え世の中の人達の“食のシアワセ”を創っていきます。
 
多くのお客様の思いに応えるべく当社では直営店舗だけではなくプロデュース事業も行っています。お客様の行きつけのお店がなくなってしまう辛さを感じさせないために、エリアや近隣の需要を分析し、物件選びにもこだわっています。今後も当社は国内1000店舗、海外1000店舗の目標を掲げ、実現に向けて動いていきます。

株式会社ギフト
ポイント

今回のコロナウイルスの時期を通してスタッフの強さを実感したという藤井専務取締役。100店舗以上ある中でも全社員が素早く必要性を感じ、アクリル板やアルコール消毒の設置など迅速に動かれたのだそうです。

相手も自分もシアワセになってほしい 理念に込められた想い

当社の“シアワセを、自分から。”という理念は、大切な人を笑顔にし、それを見た本人も幸せな気持ちになってほしいという思いから作りました。大切な人というのは家族や恋人など、人によってそれぞれ異なるでしょう。会社にとっての大切な人は「一緒に働く仲間」と「来てくれるお客様」であると考えています。さらに視点を広げて見れば、業者の方や近所の方など、シアワセの輪を広げることができます。この考え方に共感し、大切な人を優先的に考えられるようになれば、仕事もうまくいくはずです。
 
実際、当社で活躍している新卒社員は、この理念に共感している方がほとんどです。ラーメンを作る技術よりも、理念や考え方に共感し、それを自ら体現しようと動ける人が日々成長を遂げています。理念を浸透させるためにも、当社では考え方を共有する研修を行い、価値観に伴う行動を築き上げていきます。仕事は一人で行うものではなく、チームで動くことがほとんどです。当社としてはリーダーとなる存在を一人でも多く育てたいという思いがあるため、理念を体現し周囲から信頼されるための行動を、仕事を経験しながら学んでほしいと思っています。
 
社員の働きやすさを実現するために大切なのは、“仕事を楽しめる環境”を作ることです。そのためには、日ごろから達成感を与え続けることがマストになります。そういった社風や雰囲気を大事にし、一人ひとりがやりがいを持って励める仕組みづくりに努めています。最近では個人が小さなことで悩みを抱えないよう、セクハラやパワハラに関する相談窓口を設けました。人の感じ方は様々なので、些細なことでも相談できる環境を設けることが社員の安心につながると考えています。細かい部分かもしれませんが、一つひとつの積み重ねが楽しい職場づくりにつながると信じ、日々改善に努めているのです。

株式会社ギフト
ポイント

仕事を楽しめる環境づくりの他にも、2019年からは年に一度5日間連続で有給を取得できる「シアワセ休暇」制度を導入。昨年は20%の社員が取得していましたが、2020年の取得率は100%と全社員が利用されています。


理念の共感だけではなく、上昇志向も大切に

2020年9月に東証一部上場を果たした当社ですが、上場を決めたきっかけは“世の中に必要とされる企業になること”でした。しかし、実際に上場をしてみると社員にとっても様々なメリットがあることに気付きました。多くの企業がある今の時代では、いつどの企業が倒産してもおかしくない状況です。上場をして信用できる会社になれば社員は車や住宅を購入しやすくなりますし、それぞれの生活を守ることができていると感じています。利益を出し続け、組織を拡大し続けることが結果的には社員のためになると考えているのです。
 
企業の拡大とともに当社のスタッフ数は2000人以上にもなりました。これだけ多くの人数がいると、全員が同じ行動を取ることは非常に困難です。そこを改善するためにも、現在では無駄な業務の削減や簡略化をするための仕組みづくりを進めています。ラーメンを作る技術はもちろん大切ですが、それよりも当社で重視しているのは人間性です。信頼を得ている人の方が、周りは自然と動いてくれますし、効率よく成果を出せるでしょう。ラーメンの提供時間や普段の清掃時間などの短縮を進めることで社員の働きやすさにもつながりますし、気持ちの良いサービスを提供する事ができると考えています。
 
当社で活躍し、役職についている社員に共通している部分は、上昇志向があるかどうかです。きっちり、しっかりやろうと思うタイプや、リスクを負いたくないという後ろ向きの考えの方は難しいかもしれません。笑顔と元気を大切にしている営業スタイルに共感し、相手と自分のシアワセを求めて仕事ができる人と一緒に働けるのを楽しみにしております。

株式会社ギフト
ポイント

毎月店長会を行い、新しいオペレーションに対して各店舗からの課題点を吸い上げている株式会社ギフト。現場の課題改善に向けて新たな取り組みを行い、日々働き方改革に努めていると語ってくれました。




藤井 誠二 プロフィール

1980年9月22日生まれ。北海道から神奈川に上京し、20歳で中華料理屋へ入社。3年間修行を積み、その後新聞販売店の営業へ転職。28歳のとき家系ラーメンと出会い、独立を目指すために株式会社ギフトへ入社。2011年に同社専務取締役に就任する。趣味は、友人や仕事関係の人とお酒を飲むこと。休日は息子の野球のコーチをしている。座右の銘は『人生は山あり谷ありがあるからおもしろい』。
 

設立12年にして東証一部上場・業界1位の店舗数を誇るラーメン企業!
「家系ラーメン 町田商店」をメインに、全国に業界1位の526店舗を展開するラーメンのリーディングカンパニー。”シアワセを、自分から。”という理念のもと、目の前のお客様にどう喜んでいただくか?を日々追及中。2020年9月には東証一部に上場し、国内1000店舗・海外1000店舗に向けてさらなる飛躍をしていく。今後は、世の中に必要とされるラーメンの新ブランドも生み出していく。

会社概要

設立
2009年12月7日(創業:2008年1月)
住所
東京都町田市森野1丁目23−19
小田急町田森野ビル 3階
資本金
786,141千円(2020年10月期 7月末現在)
従業員数
社員 306名 パート・アルバイト 1,503名(2019年10月末日現在)
事業内容
飲食店の経営

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top