shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

FUN to FUN株式会社

FUN to FUN株式会社
  • インタビューインタビュー
  • 企業情報企業情報
  • 企業情報独自×成長

組織にとらわれずに、突出した働き方をしてほしい

FUN to FUN株式会社 
代表取締役社長 櫻木 亮平

社員同士が交流し、お互いが刺激し合える関係へ

当社は上場会社の子会社という位置づけで、型にはまった組織になりつつあります。しかし、私はその型に留まることなく、いつでも逸脱できるような組織を作りたいという思いが強いです。社員の発信力を高めて、さらなる事業の拡大を目指し続ける会社を創るべく、現在ではその雰囲気づくりを進めています。
 
社員の発信力を高めるためにも、2018年からは幹部育成塾という育成プログラムを実施しています。現在はコロナウイルスの影響で一時的に開催を見合わせていますが、それまでは各営業所から一般社員5名を集めて開催していました。この制度を導入した理由は、社員に会社の考え方を浸透させたいという気持ちがあったからです。創業時は営業所が一つのみで、他営業所が設立した際も近隣だったため、社員とは毎日顔を合わせる事も可能でした。しかし、各拠点が全国に散らばった現在では半年以上顔を合わせない社員も多く、会社の思いがなかなか伝わりにくい現状がありました。さらに、理念で固められた雰囲気ではなく、突出した意見を言える社員に育ってほしいという思いを込めて、導入に至りました。
 
この幹部育成塾では、チャットグループを組んでチーム独自の理念やビジョンを作り、日々気づいた事を共有し合ってもらいます。最終的な目的はできる限りの交流の場を作り、チームの中で怖気づくことなく自分の意見を発信することです。そのために、チーム内では「絶対に嘘をつかない」「本音を全て言う」「間違っても文句を言わない」という話しやすい環境にするためのルールを設けています。逸脱した組織を作るためには、新卒の子が私に意見を言えるくらいにまでに育ってほしいと思っています。この幹部育成塾を導入して以降は、メンバー同士が決してネガティブにならないような意見を言い合う風潮ができ、ポジティブの連鎖が生まれました。

FUN to FUN株式会社
ポイント

現在、人事制度を改変しているというFUN to FUN株式会社。これまでは決まった基準があったわけではなく、本人のモチベ―ジョン次第で評価をしていたそう。今後は明確な条件を設けて仕組み化していく予定です。

ポジティブこそ、仕事がうまくいく最大のポイント

当社では、入社条件の一つに「ポジティブである」ということを掲げています。例えば、普段は15分~20分で作成する履歴書を5分で完了させてほしいという依頼があった場合、真っ先に「できない」という感情が生まれるのか、それともどうすればできるかを考えられるのかによって仕事の成果が変わります。ネガティブな気持ちは周囲に影響を与え、組織としても良い方向に進むことはありません。そのためにも、ポジティブなモチベーションを自ら向上させる“きっかけ”を与える事が会社の役目だと思っています。可能性を感じられる社員にはそのきっかけを多く与えていきたいですし、常に前向きな姿勢でいてほしいと思うのです。
当社で活躍している新卒三年目の社員には、新規事業である清掃業務の管理を担当してもらっています。当時入社一年目だった彼はその業務にすごくやりがいを感じたようで、「この事業部はもっと伸びるはずなのでたくさん仕事を任せて下さい」と発信をしてきたのです。こういったポジティブで、モチベーションの高い社員には新規事業など多くのチャンスを与えようと思いますし、彼の活躍にとても期待をしています。
 
また、当社では定期的に社員からのアンケートを実施しています。アンケートの内容は会社に対する不満や、会社に求めること、そしてこれから会社の成長に必要なことなどテーマを定めずに好きな意見を出すことが可能です。このアンケートでは例えばクールビズをしてほしい、など環境や制度に関する要望が多く見られます。もちろん必要な事は会社として長期ビジョンを組んで実現することもありますが、本音を言えば事業に関する提案が増えてほしいと思っています。先鋭的なアイデアを持ち、どんな環境でも負けずに意見を言える社員を、今後も育てていきたいと感じています。

FUN to FUN株式会社
ポイント

社員全員の日報を受け取っているという櫻木代表。社員の意欲やモチベーションを感じられる内容の場合は、その社員の背中を押したくなると語ってくれました。


今後の目標は幹部候補を増やしていくこと

社員の育成のためにも、当社では限界突破思考や主体的思考を育てられるような外部研修を導入しています。人材業界は数万社とあり、同じ市場から他社にはない価値を提供していかなくてはなりません。そのためには提案力や、他者が解決できないことを解決に導く力が必要不可欠になってきます。失敗したとしても、限界を恐れずに行動することで必ず道は開けるはずです。今後もそのような社員を育成できるような仕組みづくりに力を入れたいと思います。
 
しかし、現状は幹部候補生が少ないのも事実。私たちの業界は営業所を増やしてマネジメントを進めれば営業利益も自ずと上がります。それを任せられる幹部を育成し続ける事が現在の課題です。今後は全て新卒入社の社員を幹部候補生として育成する予定ですし、早くても3年あれば課長のポジションにつくことも可能です。個々の母集団も大きくなれば会社も成長していきますので、この部分は早急に対策を講じようと考えています。
また、社内の仕組みが意外とアナログな部分があります。少し前までは稟議書も紙での対応でしたし、日本全国のテレアポリストを管理できる営業管理システムも最近導入したばかりです。会社の規模拡大とともにコンプライアンスの問題も出てくると思うので、今後はシステムの導入にも注力していこうと考えています。
 
当社は現在食品事業と流通事業に特化していますが、まだまだ伸びしろがある会社です。既存の事業もこれまでのノウハウやプロフェッショナルの先輩がいるので、安心していただければと思います。よく言う大手企業で同じ業務をひたすら任されるという事はなく、自分の発信力を元に行動できる環境です。枠にとらわれずにどんどん上を目指したいという方と一緒に働ける事を楽しみにしています。

FUN to FUN株式会社
ポイント

食品事業では六次産業全てを網羅し、流通事業ではコンビニやスーパーなどをメインクライアントとしています。今後も様々な新規ビジネスや新たなジャンルを展開していく予定だとおっしゃっていました。


櫻木 亮平 プロフィール

1978年7月18日生まれ。大学卒業後、新卒として株式会社ダイテック(クリスタルグループ)に入社。その後グループ内の会社を何社か経験。2005年12月にFUN to FUN株式会社に入社。2006年6月に代表取締役就任。趣味は釣りで、休日は子どもとのスケジュールが合えば一緒に釣りに行って過ごしている。座右の銘は「当たり前を当たり前に」。

「業界特化型」事業展開を強みとした人材会社
食品業界、流通業界、ものづくり業界に特化した人材ビジネスを展開。人材紹介・人材派遣・業務請負(アウトソーシング)・コンサルティングと幅広いアプローチでお客様の課題を解決へ導いている。

会社概要

設立
平成17年7月29日(創業)
住所
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-7-2 NKビル5階
資本金
1億円
TEL
03-5289-3291
事業内容
1.アウトソーシング事業
2.有料職業紹介事業 13 - ユ - 309971
3.労働者派遣事業 派13 - 312372
4.登録支援機関 19登 - 001599
5.労務コンサルティング業
6.営業コンサルティング業

アールエイチナビTOPへ ▶
FUN to FUN株式会社

FUN to FUN株式会社

シェア数 shares

組織にとらわれずに、突出した働き方をしてほしい

FUN to FUN株式会社 
代表取締役社長 櫻木 亮平

社員同士が交流し、お互いが刺激し合える関係へ

当社は上場会社の子会社という位置づけで、型にはまった組織になりつつあります。しかし、私はその型に留まることなく、いつでも逸脱できるような組織を作りたいという思いが強いです。社員の発信力を高めて、さらなる事業の拡大を目指し続ける会社を創るべく、現在ではその雰囲気づくりを進めています。
 
社員の発信力を高めるためにも、2018年からは幹部育成塾という育成プログラムを実施しています。現在はコロナウイルスの影響で一時的に開催を見合わせていますが、それまでは各営業所から一般社員5名を集めて開催していました。この制度を導入した理由は、社員に会社の考え方を浸透させたいという気持ちがあったからです。創業時は営業所が一つのみで、他営業所が設立した際も近隣だったため、社員とは毎日顔を合わせる事も可能でした。しかし、各拠点が全国に散らばった現在では半年以上顔を合わせない社員も多く、会社の思いがなかなか伝わりにくい現状がありました。さらに、理念で固められた雰囲気ではなく、突出した意見を言える社員に育ってほしいという思いを込めて、導入に至りました。
 
この幹部育成塾では、チャットグループを組んでチーム独自の理念やビジョンを作り、日々気づいた事を共有し合ってもらいます。最終的な目的はできる限りの交流の場を作り、チームの中で怖気づくことなく自分の意見を発信することです。そのために、チーム内では「絶対に嘘をつかない」「本音を全て言う」「間違っても文句を言わない」という話しやすい環境にするためのルールを設けています。逸脱した組織を作るためには、新卒の子が私に意見を言えるくらいにまでに育ってほしいと思っています。この幹部育成塾を導入して以降は、メンバー同士が決してネガティブにならないような意見を言い合う風潮ができ、ポジティブの連鎖が生まれました。

FUN to FUN株式会社
ポイント

現在、人事制度を改変しているというFUN to FUN株式会社。これまでは決まった基準があったわけではなく、本人のモチベ―ジョン次第で評価をしていたそう。今後は明確な条件を設けて仕組み化していく予定です。

ポジティブこそ、仕事がうまくいく最大のポイント

当社では、入社条件の一つに「ポジティブである」ということを掲げています。例えば、普段は15分~20分で作成する履歴書を5分で完了させてほしいという依頼があった場合、真っ先に「できない」という感情が生まれるのか、それともどうすればできるかを考えられるのかによって仕事の成果が変わります。ネガティブな気持ちは周囲に影響を与え、組織としても良い方向に進むことはありません。そのためにも、ポジティブなモチベーションを自ら向上させる“きっかけ”を与える事が会社の役目だと思っています。可能性を感じられる社員にはそのきっかけを多く与えていきたいですし、常に前向きな姿勢でいてほしいと思うのです。
当社で活躍している新卒三年目の社員には、新規事業である清掃業務の管理を担当してもらっています。当時入社一年目だった彼はその業務にすごくやりがいを感じたようで、「この事業部はもっと伸びるはずなのでたくさん仕事を任せて下さい」と発信をしてきたのです。こういったポジティブで、モチベーションの高い社員には新規事業など多くのチャンスを与えようと思いますし、彼の活躍にとても期待をしています。
 
また、当社では定期的に社員からのアンケートを実施しています。アンケートの内容は会社に対する不満や、会社に求めること、そしてこれから会社の成長に必要なことなどテーマを定めずに好きな意見を出すことが可能です。このアンケートでは例えばクールビズをしてほしい、など環境や制度に関する要望が多く見られます。もちろん必要な事は会社として長期ビジョンを組んで実現することもありますが、本音を言えば事業に関する提案が増えてほしいと思っています。先鋭的なアイデアを持ち、どんな環境でも負けずに意見を言える社員を、今後も育てていきたいと感じています。

FUN to FUN株式会社
ポイント

社員全員の日報を受け取っているという櫻木代表。社員の意欲やモチベーションを感じられる内容の場合は、その社員の背中を押したくなると語ってくれました。


今後の目標は幹部候補を増やしていくこと

社員の育成のためにも、当社では限界突破思考や主体的思考を育てられるような外部研修を導入しています。人材業界は数万社とあり、同じ市場から他社にはない価値を提供していかなくてはなりません。そのためには提案力や、他者が解決できないことを解決に導く力が必要不可欠になってきます。失敗したとしても、限界を恐れずに行動することで必ず道は開けるはずです。今後もそのような社員を育成できるような仕組みづくりに力を入れたいと思います。
 
しかし、現状は幹部候補生が少ないのも事実。私たちの業界は営業所を増やしてマネジメントを進めれば営業利益も自ずと上がります。それを任せられる幹部を育成し続ける事が現在の課題です。今後は全て新卒入社の社員を幹部候補生として育成する予定ですし、早くても3年あれば課長のポジションにつくことも可能です。個々の母集団も大きくなれば会社も成長していきますので、この部分は早急に対策を講じようと考えています。
また、社内の仕組みが意外とアナログな部分があります。少し前までは稟議書も紙での対応でしたし、日本全国のテレアポリストを管理できる営業管理システムも最近導入したばかりです。会社の規模拡大とともにコンプライアンスの問題も出てくると思うので、今後はシステムの導入にも注力していこうと考えています。
 
当社は現在食品事業と流通事業に特化していますが、まだまだ伸びしろがある会社です。既存の事業もこれまでのノウハウやプロフェッショナルの先輩がいるので、安心していただければと思います。よく言う大手企業で同じ業務をひたすら任されるという事はなく、自分の発信力を元に行動できる環境です。枠にとらわれずにどんどん上を目指したいという方と一緒に働ける事を楽しみにしています。

FUN to FUN株式会社
ポイント

食品事業では六次産業全てを網羅し、流通事業ではコンビニやスーパーなどをメインクライアントとしています。今後も様々な新規ビジネスや新たなジャンルを展開していく予定だとおっしゃっていました。




櫻木 亮平 プロフィール

1978年7月18日生まれ。大学卒業後、新卒として株式会社ダイテック(クリスタルグループ)に入社。その後グループ内の会社を何社か経験。2005年12月にFUN to FUN株式会社に入社。2006年6月に代表取締役就任。趣味は釣りで、休日は子どもとのスケジュールが合えば一緒に釣りに行って過ごしている。座右の銘は「当たり前を当たり前に」。

「業界特化型」事業展開を強みとした人材会社
食品業界、流通業界、ものづくり業界に特化した人材ビジネスを展開。人材紹介・人材派遣・業務請負(アウトソーシング)・コンサルティングと幅広いアプローチでお客様の課題を解決へ導いている。

会社概要

設立
平成17年7月29日(創業)
住所
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-7-2 NKビル5階
資本金
1億円
TEL
03-5289-3291
事業内容
1.アウトソーシング事業
2.有料職業紹介事業 13 - ユ - 309971
3.労働者派遣事業 派13 - 312372
4.登録支援機関 19登 - 001599
5.労務コンサルティング業
6.営業コンサルティング業

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top