shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

株式会社大松運輸

株式会社大松運輸

業界イメージを一新する取り組みで、働きやすさを向上させる

株式会社大松運輸 
代表取締役社長 仲松 秀樹

人が資本の仕事だからこそ、社員の事を第一に考える

当社は「人を大事にする」という考え方のもと、社員が生き生きと働ける環境づくりに力を入れています。当社のような運送業は労働集約型の職種なので、配達をする社員と渡す相手などの“人”がいなければ成り立たない仕事です。そのため、社員がモチベーション高く働ける事が何よりも重要で、働きやすい環境を整えなければ選ばれる企業にはなれません。この“人”を大切にする考えは先代の社長から継承しており、今後もこの思いは大切にしていくでしょう。
しかし、最初から現在のような働きやすい環境だったわけではありません。私が代表に就任した当初は、世間が運送会社に抱いているイメージそのもの――いわゆる労働時間が長く、思うように休日を取ることもできない、そんな労働環境でした。少ない人数で仕事を回しているため、病気や怪我になったり、休日に子供の学校行事があったとしても休むことができなかったのです。このような働き方が続けばいつか社員は疲弊してしまう。そう考えた私は働き方を改善すべく、対策を講じました。
 
まずは社員の週休2日の実現を目指すことを第一に考えました。当社は取引先から直接仕事を受けているため、仕事量の調整がしやすい環境です。お客様から働き方改革への理解を得ると同時に、余剰人員の確保にも努めました。働き手を増やす事で仕事量の調整や分配をすることができ、結果的に、残業の削減や有給休暇を取得しやすい雰囲気が実現したのです。昔のように、病気や怪我でも休めないということはなくなり、社員の中でも安心感が見られるようになりました。今では一週間に何人かは必ず有給休暇を取得できるほどにまで改善しています。

株式会社大松運輸
ポイント

時期によっては残業が発生してしまう事もあるが、そういった場合も社員から「残業が増えてます」と指摘が入るため、改善に向けた早急な対応が取れているようです。

社内アンケートで社員の満足度を測り、改善する

このように働き方改革を進めた理由は、実はもう一つあります。それは、新卒採用の開始です。新卒採用はこれまで社会に出たことのない方を採用していくため、同じ運送業でもよく見かける大手運送会社の存在しか知らないという方も多いでしょう。そこで、会社のブランディング向上のためにも、ロゴマークやユニフォームの作成、社員全員に名刺の配布など、大手運送会社が行っている当たり前の部分に着手し、会社の見せ方を工夫していきました。また、近年の若年層は自分の時間がいかにとれるかを重要視する傾向にあります。残業の削減や有給休暇の取得など、基本的な働きやすさの部分に力を入れ、一般的な運送会社との差別化に努めました。
 
今年に入ってからは、2カ月に一度社内アンケートを実施しています。このアンケートは「友人に当社を紹介したいか」「今の部署に満足しているか」「改善してほしい部分はあるか」など、社員の満足度を集計するためのものです。意見を記載してもらう形になっているため、アンケート結果によっては幹部へ話を通し、環境改善ができるような仕組みを設けています。もちろん不満をもらうこともありますが、中には良い意見もあります。実際に、多くの社員からは社内の雰囲気の良さが魅力的だという声が上がっています。運送業は一人でトラックに乗り黙々と仕事をすることが多い分、コミュニケーションを求める方が多いのも事実です。終礼時の点呼後に全員帰宅したかと思えば、社員同士が集まって雑談をしている姿も見られます。運送業のご経験がない方から見るとこの業界は「男くさい」「少し怖そう」とネガティブな印象を持たれがちですが、当社はそうではありません。社風として明るい環境を大事にしていますし、そういう人こそ活躍している傾向があります。

株式会社大松運輸
ポイント

「社員の豊かさなしに会社は成り立たない」という言葉通り、社員に満足してもらうためには常々時代に合わせて試行錯誤をしていく必要があると仲松社長は考えられています。


今後の課題は、教育制度と役職制度を明確にすること

上段でも述べたように、運送業は人がいないと成り立たない仕事です。だからこそ、コミュニケーションが取れる方や仲間を大事にできる方を一番の採用基準としています。社内の雰囲気が悪ければそれだけで会社に来たいとは思えないでしょうし、良い雰囲気づくりは欠かせません。入社間もない社員には先輩社員が円滑なコミュニケーションの取り方を指導している風潮も見られるほど、大切にしている社風の一つです。
 
これまでも様々な働き方改革の対策を講じてきましたが、教育制度に関する部分はまだ明確なマニュアルを作成できていません。口頭だけではなくしっかり書面として残して周知をすることで、間違った内容の伝達を防止していく必要があると考えています。また、今後はキャリアアップ制度についても明確にしていく予定です。実際に、2020年9月からは役職制度の確立のための動きを始めています。当社では管理職と呼ばれる人は課長のみという状況のため、今後はリーダー、主任、係長などの役職を設け、半年後の実現を目指しています。
また、今後の展望としては沖縄営業所の開設・事業拡大と台湾進出を考えています。2020年2月には台湾での案件を見つける事ができたので、今後はそちらを進め、事業を拡大していく予定です。待遇や制度だけではなく今後のビジョンを共有することで、社員に「こういう働き方をしてみたい」という期待感を持たせたいと思っています。
 
当社は、世間一般で持たれている運送会社の印象とは一味違います。今後は沖縄や台湾で働くこともできますし、まずはご自身の目で当社の働き方を見て、様々な可能性を感じていただきたいです。そして私や社員の話を聞いて、やりがいを感じながら働ける環境であることを実感してもらえたら幸いです。仕事を楽しみながら、一緒に会社を作り上げていきましょう。

株式会社大松運輸
ポイント

役職制度を導入することで、社員の目標を明確にし、モチベーション向上に努めたいと話す仲松社長。会社のビジョンや目標を社員に示し続ける事が大切だと考えられています。


仲松 秀樹 プロフィール

1973年1月20日生まれ。動物関係の専門学校を卒業後、牧場で乗馬の仕事に携わる。その後、父親が代表を務めていた株式会社大松運輸に入社。一度退職し、ペット用品の営業経験を経て、建具業の会社に入社。再び父親から声を掛けられ、株式会社大松運輸を継ぎ、代表取締役社長に就任。休日は今後の台湾進出に向けて中国語3級にチャレンジをしている。座右の銘は「意志あるところに道は開ける」。
人対人の仕事だからこそ、社員全員が「幸せ」になる働き方を。
創業当初より積み重ねてきた40年のノウハウや経験をもとに、神奈川県No.1を目指す運送会社。建築現場への建材配送を強みとしながら、施工や内装までも手がけ、幅広いお客様のニーズに対応している。

会社概要

設立
昭和55年9月3日
住所
〒236-0003
神奈川県横浜市金沢区幸浦2-14-2
資本金
1,000万円
TEL
045-355-0487
従業員数
86名(役員は含まず)
事業内容
一般区域貨物自動車運送事業
倉庫保管事業
梱包包装事業
内装工事業
産業廃棄物収集運搬業
古物の売買業
労働者派遣事業

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社大松運輸

株式会社大松運輸

シェア数 shares

業界イメージを一新する取り組みで、働きやすさを向上させる

株式会社大松運輸 
代表取締役社長 仲松 秀樹

人が資本の仕事だからこそ、社員の事を第一に考える

当社は「人を大事にする」という考え方のもと、社員が生き生きと働ける環境づくりに力を入れています。当社のような運送業は労働集約型の職種なので、配達をする社員と渡す相手などの“人”がいなければ成り立たない仕事です。そのため、社員がモチベーション高く働ける事が何よりも重要で、働きやすい環境を整えなければ選ばれる企業にはなれません。この“人”を大切にする考えは先代の社長から継承しており、今後もこの思いは大切にしていくでしょう。
しかし、最初から現在のような働きやすい環境だったわけではありません。私が代表に就任した当初は、世間が運送会社に抱いているイメージそのもの――いわゆる労働時間が長く、思うように休日を取ることもできない、そんな労働環境でした。少ない人数で仕事を回しているため、病気や怪我になったり、休日に子供の学校行事があったとしても休むことができなかったのです。このような働き方が続けばいつか社員は疲弊してしまう。そう考えた私は働き方を改善すべく、対策を講じました。
 
まずは社員の週休2日の実現を目指すことを第一に考えました。当社は取引先から直接仕事を受けているため、仕事量の調整がしやすい環境です。お客様から働き方改革への理解を得ると同時に、余剰人員の確保にも努めました。働き手を増やす事で仕事量の調整や分配をすることができ、結果的に、残業の削減や有給休暇を取得しやすい雰囲気が実現したのです。昔のように、病気や怪我でも休めないということはなくなり、社員の中でも安心感が見られるようになりました。今では一週間に何人かは必ず有給休暇を取得できるほどにまで改善しています。

株式会社大松運輸
ポイント

時期によっては残業が発生してしまう事もあるが、そういった場合も社員から「残業が増えてます」と指摘が入るため、改善に向けた早急な対応が取れているようです。

社内アンケートで社員の満足度を測り、改善する

このように働き方改革を進めた理由は、実はもう一つあります。それは、新卒採用の開始です。新卒採用はこれまで社会に出たことのない方を採用していくため、同じ運送業でもよく見かける大手運送会社の存在しか知らないという方も多いでしょう。そこで、会社のブランディング向上のためにも、ロゴマークやユニフォームの作成、社員全員に名刺の配布など、大手運送会社が行っている当たり前の部分に着手し、会社の見せ方を工夫していきました。また、近年の若年層は自分の時間がいかにとれるかを重要視する傾向にあります。残業の削減や有給休暇の取得など、基本的な働きやすさの部分に力を入れ、一般的な運送会社との差別化に努めました。
 
今年に入ってからは、2カ月に一度社内アンケートを実施しています。このアンケートは「友人に当社を紹介したいか」「今の部署に満足しているか」「改善してほしい部分はあるか」など、社員の満足度を集計するためのものです。意見を記載してもらう形になっているため、アンケート結果によっては幹部へ話を通し、環境改善ができるような仕組みを設けています。もちろん不満をもらうこともありますが、中には良い意見もあります。実際に、多くの社員からは社内の雰囲気の良さが魅力的だという声が上がっています。運送業は一人でトラックに乗り黙々と仕事をすることが多い分、コミュニケーションを求める方が多いのも事実です。終礼時の点呼後に全員帰宅したかと思えば、社員同士が集まって雑談をしている姿も見られます。運送業のご経験がない方から見るとこの業界は「男くさい」「少し怖そう」とネガティブな印象を持たれがちですが、当社はそうではありません。社風として明るい環境を大事にしていますし、そういう人こそ活躍している傾向があります。

株式会社大松運輸
ポイント

「社員の豊かさなしに会社は成り立たない」という言葉通り、社員に満足してもらうためには常々時代に合わせて試行錯誤をしていく必要があると仲松社長は考えられています。


今後の課題は、教育制度と役職制度を明確にすること

上段でも述べたように、運送業は人がいないと成り立たない仕事です。だからこそ、コミュニケーションが取れる方や仲間を大事にできる方を一番の採用基準としています。社内の雰囲気が悪ければそれだけで会社に来たいとは思えないでしょうし、良い雰囲気づくりは欠かせません。入社間もない社員には先輩社員が円滑なコミュニケーションの取り方を指導している風潮も見られるほど、大切にしている社風の一つです。
 
これまでも様々な働き方改革の対策を講じてきましたが、教育制度に関する部分はまだ明確なマニュアルを作成できていません。口頭だけではなくしっかり書面として残して周知をすることで、間違った内容の伝達を防止していく必要があると考えています。また、今後はキャリアアップ制度についても明確にしていく予定です。実際に、2020年9月からは役職制度の確立のための動きを始めています。当社では管理職と呼ばれる人は課長のみという状況のため、今後はリーダー、主任、係長などの役職を設け、半年後の実現を目指しています。
また、今後の展望としては沖縄営業所の開設・事業拡大と台湾進出を考えています。2020年2月には台湾での案件を見つける事ができたので、今後はそちらを進め、事業を拡大していく予定です。待遇や制度だけではなく今後のビジョンを共有することで、社員に「こういう働き方をしてみたい」という期待感を持たせたいと思っています。
 
当社は、世間一般で持たれている運送会社の印象とは一味違います。今後は沖縄や台湾で働くこともできますし、まずはご自身の目で当社の働き方を見て、様々な可能性を感じていただきたいです。そして私や社員の話を聞いて、やりがいを感じながら働ける環境であることを実感してもらえたら幸いです。仕事を楽しみながら、一緒に会社を作り上げていきましょう。

株式会社大松運輸
ポイント

役職制度を導入することで、社員の目標を明確にし、モチベーション向上に努めたいと話す仲松社長。会社のビジョンや目標を社員に示し続ける事が大切だと考えられています。




仲松 秀樹 プロフィール

1973年1月20日生まれ。動物関係の専門学校を卒業後、牧場で乗馬の仕事に携わる。その後、父親が代表を務めていた株式会社大松運輸に入社。一度退職し、ペット用品の営業経験を経て、建具業の会社に入社。再び父親から声を掛けられ、株式会社大松運輸を継ぎ、代表取締役社長に就任。休日は今後の台湾進出に向けて中国語3級にチャレンジをしている。座右の銘は「意志あるところに道は開ける」。

人対人の仕事だからこそ、社員全員が「幸せ」になる働き方を。
創業当初より積み重ねてきた40年のノウハウや経験をもとに、神奈川県No.1を目指す運送会社。建築現場への建材配送を強みとしながら、施工や内装までも手がけ、幅広いお客様のニーズに対応している。

会社概要

設立
昭和55年9月3日
住所
〒236-0003
神奈川県横浜市金沢区幸浦2-14-2
資本金
1,000万円
TEL
045-355-0487
従業員数
86名(役員は含まず)
事業内容
一般区域貨物自動車運送事業
倉庫保管事業
梱包包装事業
内装工事業
産業廃棄物収集運搬業
古物の売買業
労働者派遣事業

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
  • ノートン
  • プライバシー
page top