shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社

成長の機会を与え、お客様から指名が入るコンサルタントへ

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社 
代表取締役社長 大谷内 隆輔

弊社のコンサルタントに求められるのは、圧倒的な成長意欲

当社では、徹底した成長機会をつくることと、働くことを楽しむの二軸を探求し、【達成感】を味わえるような環境を整えています。コンサルティング会社はクライアントが抱える経営課題に踏み込み、解決に導くのが仕事です。そのため、1年目の新卒コンサルでも、お客様からはコダワリのコンサルメンバーとして認識され、高いパフォーマンスが要求されます。まずはその責任の大きさを突破し、本当の意味でお客様にとって最適な提案ができるよう、成長し続ける必要があるのです。
 
一点目の成長機会をつくるという部分で力を入れているのは、社員を育てる環境です。他コンサルファームには無い研修で、新卒コンサルの場合は、個別指導形式でアウトプットに対して指摘改善を何度も繰り返すというものです。PDCAを何度も繰り返し、さらには様々なテーマについて研修を行っていくことで、脳みそが筋肉痛になる次元で思考力・表現力を含めた醸成が行われます。
また、クライアント向け以外の業務も積極的に経験させています。ベンチャーだからこそ全体を俯瞰しやすいのも事実で、全体理解がコンサルとして視野を広げるのに役立つのです。例えば、新卒問わず社員全員が「人事部」として採用に関与しております。実際に、選考の面接時には当社の強みを分析し相手へ説明しており、こういった経験が、コンサルティング時のプレゼンにも一役買っております。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
ポイント

成長の機会をつくるという軸にもある通り、本人の「成長したい」という意欲を優先されています。とはいえ、誰しも波はあるものです。メンター制度なども取り入れながら、社員のモチベーションケアなどもされているそうです。

個人の意見をヒアリングし、楽しく働くことにこだわる

私は「仕事を楽しんでほしい」という思いで当社を立ち上げました。当社が掲げている「GNH(国民総幸福量)の量産にこだわる」という理念にも、これらの目的が含まれています。しかし、どの程度を楽しみと捉えるか、どのような部分に幸せを感じるかは人それぞれです。
 
そこで、当社では個人のGNHを明確にターゲティングするために、一年に一回、社員の考えをまとめるフレームワークを作っています。個人がどのようなキャリアを歩んでいきたいのか、また仕事にどのような価値観を持っているのかをヒアリングし、その要望に応えられるような対策を一人ひとりに対して講じているのです。
価値観は人それぞれではありますが、コンサルタントとして見た場合は、前述の通り求められる部分が大きく決して楽な仕事ではありません。しかしそのハードルを越えた時の達成感は何よりも強く、そういった観点で仕事ができる人材を採用しております。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
ポイント

入社数カ月で大谷内社長、COO、CFOと共に経営課題全般の業務に携わっている新卒社員もいるそうです。個人のレベルや能力に適した人員配置をされていらっしゃいます。


今後の課題は、レベルに応じた研修制度を用意する事

成長意欲の高い社員が集まる当社ですが、それが高まるにつれて、レベルに応じた研修制度の確立が急務です。新卒にも実践的な研修を行なっていますが、中途の場合はさらに難易度の高い研修を作成する必要が出てきました。当社のコンサルティングは“お客様に解決させる”スタイルなので、お客様が抱えている課題の要因を、どのように発見するかが重要です。課題に対する解決に関しても、お客様を動かす必要があるのですが、その動かし方の難度は非常に高く、社風やお客様の性格等も考慮しなければなりません。今後はこういった点も研修で取り入れていきたいと考えています。
 
当社は、設立当初から掲げている「楽しんで仕事をしてほしい」という思いをそのまま反映し、仕事も遊びもとことん楽しめる環境です。様々なコンサルティング会社がありますが、本当の意味でコンサルティングができる会社はそう多くはありません。大切なのは、お客様から指名が入るコンサルタントであり、本質から課題解決ができるのはもちろんのこと、お客様を思いやり信頼関係を構築するヒューマンスキルも必要不可欠です。学生の皆様には、この部分をご理解いただいた上で、当社を選んでもらえたら幸いです。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
ポイント

「コンサルとして成長するためには、興味関心が広いことが大切です。」と語る大谷内社長。そのほかにもストイックで地頭が良い方であれば、活躍できる環境だとお話しいただきました。


大谷内隆輔 プロフィール

1979年12月8日生まれ。2003年アクセンチュア株式会社へ入社。2009年3月にコダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。車が好きで、趣味はドライブ。休日は車つながりの仲間と過ごしている。好きな言葉は「昨日より今日、今日より明日の自分が優れていること。」
 
こだわり抜いた支援・結果の創出をし続けるコンサル会社
コンサルティングファームでありながら、教育事業・人材紹介事業など、続々と新規事業を展開。ベンチャーならではの機動力を生かし、大企業や上場企業の経営課題の根本解決に導いている。

会社概要

設立
2009年3月(決算期12月)
住所
〒104-0061
東京都中央区銀座7-16-15 清月堂本店ビル
資本金
5,000万円
TEL
03-5843-9070
事業内容
コンサルティング全般(経営・戦略・業務・組織人事・IT)
人材紹介事業『コンサルキャリア』(ポストコンサルタント・コンサルタント・コンサルタント候補ご紹介)
教育事業

アールエイチナビTOPへ ▶
コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社

シェア数 shares

成長の機会を与え、お客様から指名が入るコンサルタントへ

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社 
代表取締役社長 大谷内 隆輔

弊社のコンサルタントに求められるのは、圧倒的な成長意欲

当社では、徹底した成長機会をつくることと、働くことを楽しむの二軸を探求し、【達成感】を味わえるような環境を整えています。コンサルティング会社はクライアントが抱える経営課題に踏み込み、解決に導くのが仕事です。そのため、1年目の新卒コンサルでも、お客様からはコダワリのコンサルメンバーとして認識され、高いパフォーマンスが要求されます。まずはその責任の大きさを突破し、本当の意味でお客様にとって最適な提案ができるよう、成長し続ける必要があるのです。
 
一点目の成長機会をつくるという部分で力を入れているのは、社員を育てる環境です。他コンサルファームには無い研修で、新卒コンサルの場合は、個別指導形式でアウトプットに対して指摘改善を何度も繰り返すというものです。PDCAを何度も繰り返し、さらには様々なテーマについて研修を行っていくことで、脳みそが筋肉痛になる次元で思考力・表現力を含めた醸成が行われます。
また、クライアント向け以外の業務も積極的に経験させています。ベンチャーだからこそ全体を俯瞰しやすいのも事実で、全体理解がコンサルとして視野を広げるのに役立つのです。例えば、新卒問わず社員全員が「人事部」として採用に関与しております。実際に、選考の面接時には当社の強みを分析し相手へ説明しており、こういった経験が、コンサルティング時のプレゼンにも一役買っております。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
ポイント

成長の機会をつくるという軸にもある通り、本人の「成長したい」という意欲を優先されています。とはいえ、誰しも波はあるものです。メンター制度なども取り入れながら、社員のモチベーションケアなどもされているそうです。

個人の意見をヒアリングし、楽しく働くことにこだわる

私は「仕事を楽しんでほしい」という思いで当社を立ち上げました。当社が掲げている「GNH(国民総幸福量)の量産にこだわる」という理念にも、これらの目的が含まれています。しかし、どの程度を楽しみと捉えるか、どのような部分に幸せを感じるかは人それぞれです。
 
そこで、当社では個人のGNHを明確にターゲティングするために、一年に一回、社員の考えをまとめるフレームワークを作っています。個人がどのようなキャリアを歩んでいきたいのか、また仕事にどのような価値観を持っているのかをヒアリングし、その要望に応えられるような対策を一人ひとりに対して講じているのです。
価値観は人それぞれではありますが、コンサルタントとして見た場合は、前述の通り求められる部分が大きく決して楽な仕事ではありません。しかしそのハードルを越えた時の達成感は何よりも強く、そういった観点で仕事ができる人材を採用しております。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
ポイント

入社数カ月で大谷内社長、COO、CFOと共に経営課題全般の業務に携わっている新卒社員もいるそうです。個人のレベルや能力に適した人員配置をされていらっしゃいます。


今後の課題は、レベルに応じた研修制度を用意する事

成長意欲の高い社員が集まる当社ですが、それが高まるにつれて、レベルに応じた研修制度の確立が急務です。新卒にも実践的な研修を行なっていますが、中途の場合はさらに難易度の高い研修を作成する必要が出てきました。当社のコンサルティングは“お客様に解決させる”スタイルなので、お客様が抱えている課題の要因を、どのように発見するかが重要です。課題に対する解決に関しても、お客様を動かす必要があるのですが、その動かし方の難度は非常に高く、社風やお客様の性格等も考慮しなければなりません。今後はこういった点も研修で取り入れていきたいと考えています。
 
当社は、設立当初から掲げている「楽しんで仕事をしてほしい」という思いをそのまま反映し、仕事も遊びもとことん楽しめる環境です。様々なコンサルティング会社がありますが、本当の意味でコンサルティングができる会社はそう多くはありません。大切なのは、お客様から指名が入るコンサルタントであり、本質から課題解決ができるのはもちろんのこと、お客様を思いやり信頼関係を構築するヒューマンスキルも必要不可欠です。学生の皆様には、この部分をご理解いただいた上で、当社を選んでもらえたら幸いです。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
ポイント

「コンサルとして成長するためには、興味関心が広いことが大切です。」と語る大谷内社長。そのほかにもストイックで地頭が良い方であれば、活躍できる環境だとお話しいただきました。




大谷内隆輔 プロフィール

1979年12月8日生まれ。2003年アクセンチュア株式会社へ入社。2009年3月にコダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。車が好きで、趣味はドライブ。休日は車つながりの仲間と過ごしている。好きな言葉は「昨日より今日、今日より明日の自分が優れていること。」
 

こだわり抜いた支援・結果の創出をし続けるコンサル会社
コンサルティングファームでありながら、教育事業・人材紹介事業など、続々と新規事業を展開。ベンチャーならではの機動力を生かし、大企業や上場企業の経営課題の根本解決に導いている。

会社概要

設立
2009年3月(決算期12月)
住所
〒104-0061
東京都中央区銀座7-16-15 清月堂本店ビル
資本金
5,000万円
TEL
03-5843-9070
事業内容
コンサルティング全般(経営・戦略・業務・組織人事・IT)
人材紹介事業『コンサルキャリア』(ポストコンサルタント・コンサルタント・コンサルタント候補ご紹介)
教育事業

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top