shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

株式会社INE

株式会社INE

社員の成長を重視した企業づくり~あらゆる挑戦ができる環境を~

株式会社INE 
取締役 人事本部長 岡本 崇章

昇給査定は年4回。実績をスピーディーに還元する昇給制度

当社は病院や工場などの大規模施設に対して電気契約の見直しやLEDのレンタルサービス、EMSの導入提案などコスト削減を目的としたコンサルティングを展開しています。他にも個人顧客に向けたインターネット回線やライフラインの見直し提案も行っており、お客様一人ひとりに最適なプランニングと適正価格でご提供することを大切にしています。
 
2014年に設立した若いベンチャー企業だからこそ、働き方にも新しい仕組みを積極的に導入しています。特徴的な制度の一つに昇給制度があります。昇給のタイミングを年1〜2回と定めている企業がほとんどですが、当社では年4回に設定しています。昇給を年4回にすることで、自分の成長や実績を報酬という具体的な形として得ることができ、仕事に対するモチベーションの向上にもつながります。社員の実績を素早く還元することで、会社からきちんと評価されていると実感できるでしょう。評価は個々の営業実績に応じて行なっています。多くの企業は目標を設定し、目標までの過程や勤務態度、営業実績など評価基準を複数設定していますが、当社では透明性を図るため、あえて実績だけで評価するように決めています。
 
2020年度からは営業職とは別に、経営幹部コースという採用枠を新設しました。今後は上場できる会社を目指し、組織をより強固にしていく必要があります。強固な組織をつくるためには責任者の輩出が急務となっています。年齢に関係なく、ハイスピードで成長したいという想いの方にはピッタリな環境だと思います。

株式会社INE
ポイント

「営業会社ですが、ギスギスした雰囲気はありません。性格的にいい人が多いんです」と話してくださった岡本取締役。互いに高め合う文化が築かれているそうです。

離職率を大幅に改善した取り組みと環境改善

今でこそ和気あいあいとした組織ですが、創業期は殺伐とした雰囲気もありました。多くの企業が経験することですが、創業期はとにかく売上を上げなければ会社を維持できないため、とにかくがむしゃらに働かなければいけません。環境も今ほど整っていませんし、仕事の方法を全員に落とし込めておらず、会社を去っていく人間もたくさんいました。現在も売上を上げなければいけないことには変わりありませんが、仕事のやり方や環境が大きく変化したことによって、離職率も大幅に改善されました。コールセンターをアウトバウンドからインバウンドに変更したのも離職率改善のきっかけになりました。
 
営業で真っ先にぶつかる壁は、自分の顧客を掴めないことです。断られてばかりの営業が続いてしまうと成功体験をする前に挫折してしまう人もいます。コールセンターをアウトバウンドからインバウンドに変更したことで、新入社員でも実績を残しやすくなり、次の仕事への自信につながるようになりました。モチベーションも維持しやすくなり、気持ちに余裕を持てるようになったのも仕事の質を上げる効果をもたらしたのです。
 
私は社員を成長させることを一番に考えています。結果を出せる環境は整えましたが、今後は事業を拡大して活躍できるポジションも広げていきます。他にも産休育休や時短制度、子育て手当なども導入しました。まだほとんどの社員が結婚していませんが、いつ結婚しても安心して働ける環境をつくっておきたいということで、環境面でも随時改善を図っています。

株式会社INE
ポイント

ベンチャー企業らしい急成長を遂げている株式会社INE。働き方や環境整備にも積極的かつ柔軟に対応し、日々より良い会社づくりを目指されています。


社員が自ら成長できる機会や環境を与え続ける

これから入社される方々や当社で活躍する社員には、若いときから色々なことを積極的に経験して欲しいと願っています。20代は体力もあり、フットワークも軽く、既成概念がないため、あらゆることに挑戦しやすい年代です。色々な可能性を秘めた人材が多いからこそ、会社としても挑戦しやすい環境をつくり続けていきたいと考えています。学生の方々に期待することは、情熱的で自己成長に貪欲であることです。高いコミュニケーション力や特別な知識がなくても、素直で真面目な方であれば、入社してからいくらでも新しいことを吸収していけます。
 
私が考える営業マンの理想像は、どこに行っても恥ずかしくない営業マンです。それは顧客先だけではなく、他社の営業マンからも優秀な人材だと認めてもらえるようなスキルを持ってもらうことが理想です。そのような営業マンになるためには、会社から与えられたことだけをやるのではなく、自ら考え、学んでいかなければなりません。与えられたポジションで胡座をかかず、さらなる高みを目指して努力して、ようやく一人前の営業になれます。そのように成長していただくためにも、一人ひとりの営業レベルにあわせた配置と四半期毎の異動を実施し、自身の力で成長できるような環境を整えています。
 
できる営業マンは目標意識が高いという特徴があります。「○○したい」「○○になりたい」など曖昧に目標を掲げるのではなく、「○○する」「○○になる」と言い切ります。自分に逃げ道をつくらず、はっきりと目標を言い切れる人は結果もついてきます。できるかできないかではなく、やり切るという意思が重要なのです。これから入社される方々にも、それぐらい熱い想いを持って挑戦していただきたいですね。

株式会社INE
ポイント

社員が営業に集中できるよう、社内の業務改善にも積極的に取り組んでいる株式会社INE。新しいシステムを導入し、様々な自動化を図っています。


岡本 崇章 プロフィール

1983年2月28日生まれ。2004年に大手通信会社へ入社。2014年に退社。同年4月、株式会社INEの設立に参画。2018年に取締役就任。休日は家族と一緒に過ごすことを大切にしている。座右の銘は「驕らずに生きる」。
エネルギーを通じ、お客様一人ひとりに適した環境改善を実現する
顧客が抱える課題に合わせ、省エネサービスの導入やライフラインの見直しを提案。質の高い商品と提案でお客様の課題解決だけでなく、地球環境への貢献を目指していく。

会社概要

設立
2014年4月14日
住所
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-14-2 池袋二丁目ビルディング3F
資本金
8,000万円
TEL
03-5957-7293
従業員数
101名(2019年4月現在)
事業内容
・エコロジープランニング
・WEBマーケティング

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社INE

株式会社INE

シェア数 shares

社員の成長を重視した企業づくり~あらゆる挑戦ができる環境を~

株式会社INE 
取締役 人事本部長 岡本 崇章

昇給査定は年4回。実績をスピーディーに還元する昇給制度

当社は病院や工場などの大規模施設に対して電気契約の見直しやLEDのレンタルサービス、EMSの導入提案などコスト削減を目的としたコンサルティングを展開しています。他にも個人顧客に向けたインターネット回線やライフラインの見直し提案も行っており、お客様一人ひとりに最適なプランニングと適正価格でご提供することを大切にしています。
 
2014年に設立した若いベンチャー企業だからこそ、働き方にも新しい仕組みを積極的に導入しています。特徴的な制度の一つに昇給制度があります。昇給のタイミングを年1〜2回と定めている企業がほとんどですが、当社では年4回に設定しています。昇給を年4回にすることで、自分の成長や実績を報酬という具体的な形として得ることができ、仕事に対するモチベーションの向上にもつながります。社員の実績を素早く還元することで、会社からきちんと評価されていると実感できるでしょう。評価は個々の営業実績に応じて行なっています。多くの企業は目標を設定し、目標までの過程や勤務態度、営業実績など評価基準を複数設定していますが、当社では透明性を図るため、あえて実績だけで評価するように決めています。
 
2020年度からは営業職とは別に、経営幹部コースという採用枠を新設しました。今後は上場できる会社を目指し、組織をより強固にしていく必要があります。強固な組織をつくるためには責任者の輩出が急務となっています。年齢に関係なく、ハイスピードで成長したいという想いの方にはピッタリな環境だと思います。

株式会社INE
ポイント

「営業会社ですが、ギスギスした雰囲気はありません。性格的にいい人が多いんです」と話してくださった岡本取締役。互いに高め合う文化が築かれているそうです。

離職率を大幅に改善した取り組みと環境改善

今でこそ和気あいあいとした組織ですが、創業期は殺伐とした雰囲気もありました。多くの企業が経験することですが、創業期はとにかく売上を上げなければ会社を維持できないため、とにかくがむしゃらに働かなければいけません。環境も今ほど整っていませんし、仕事の方法を全員に落とし込めておらず、会社を去っていく人間もたくさんいました。現在も売上を上げなければいけないことには変わりありませんが、仕事のやり方や環境が大きく変化したことによって、離職率も大幅に改善されました。コールセンターをアウトバウンドからインバウンドに変更したのも離職率改善のきっかけになりました。
 
営業で真っ先にぶつかる壁は、自分の顧客を掴めないことです。断られてばかりの営業が続いてしまうと成功体験をする前に挫折してしまう人もいます。コールセンターをアウトバウンドからインバウンドに変更したことで、新入社員でも実績を残しやすくなり、次の仕事への自信につながるようになりました。モチベーションも維持しやすくなり、気持ちに余裕を持てるようになったのも仕事の質を上げる効果をもたらしたのです。
 
私は社員を成長させることを一番に考えています。結果を出せる環境は整えましたが、今後は事業を拡大して活躍できるポジションも広げていきます。他にも産休育休や時短制度、子育て手当なども導入しました。まだほとんどの社員が結婚していませんが、いつ結婚しても安心して働ける環境をつくっておきたいということで、環境面でも随時改善を図っています。

株式会社INE
ポイント

ベンチャー企業らしい急成長を遂げている株式会社INE。働き方や環境整備にも積極的かつ柔軟に対応し、日々より良い会社づくりを目指されています。


社員が自ら成長できる機会や環境を与え続ける

これから入社される方々や当社で活躍する社員には、若いときから色々なことを積極的に経験して欲しいと願っています。20代は体力もあり、フットワークも軽く、既成概念がないため、あらゆることに挑戦しやすい年代です。色々な可能性を秘めた人材が多いからこそ、会社としても挑戦しやすい環境をつくり続けていきたいと考えています。学生の方々に期待することは、情熱的で自己成長に貪欲であることです。高いコミュニケーション力や特別な知識がなくても、素直で真面目な方であれば、入社してからいくらでも新しいことを吸収していけます。
 
私が考える営業マンの理想像は、どこに行っても恥ずかしくない営業マンです。それは顧客先だけではなく、他社の営業マンからも優秀な人材だと認めてもらえるようなスキルを持ってもらうことが理想です。そのような営業マンになるためには、会社から与えられたことだけをやるのではなく、自ら考え、学んでいかなければなりません。与えられたポジションで胡座をかかず、さらなる高みを目指して努力して、ようやく一人前の営業になれます。そのように成長していただくためにも、一人ひとりの営業レベルにあわせた配置と四半期毎の異動を実施し、自身の力で成長できるような環境を整えています。
 
できる営業マンは目標意識が高いという特徴があります。「○○したい」「○○になりたい」など曖昧に目標を掲げるのではなく、「○○する」「○○になる」と言い切ります。自分に逃げ道をつくらず、はっきりと目標を言い切れる人は結果もついてきます。できるかできないかではなく、やり切るという意思が重要なのです。これから入社される方々にも、それぐらい熱い想いを持って挑戦していただきたいですね。

株式会社INE
ポイント

社員が営業に集中できるよう、社内の業務改善にも積極的に取り組んでいる株式会社INE。新しいシステムを導入し、様々な自動化を図っています。




岡本 崇章 プロフィール

1983年2月28日生まれ。2004年に大手通信会社へ入社。2014年に退社。同年4月、株式会社INEの設立に参画。2018年に取締役就任。休日は家族と一緒に過ごすことを大切にしている。座右の銘は「驕らずに生きる」。

エネルギーを通じ、お客様一人ひとりに適した環境改善を実現する
顧客が抱える課題に合わせ、省エネサービスの導入やライフラインの見直しを提案。質の高い商品と提案でお客様の課題解決だけでなく、地球環境への貢献を目指していく。

会社概要

設立
2014年4月14日
住所
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-14-2 池袋二丁目ビルディング3F
資本金
8,000万円
TEL
03-5957-7293
従業員数
101名(2019年4月現在)
事業内容
・エコロジープランニング
・WEBマーケティング

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top