shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

株式会社伊波設備

株式会社伊波設備

社員への思いは制度で体現~業界では珍しい取り組みの導入~

株式会社伊波設備 
代表取締役 伊波 龍太郎

働きやすさの秘密は、在宅勤務による業務の分担

当社では、2018年から在宅勤務制度を導入いたしました。現在は2名の社員がこの制度を利用して働いています。私たちの建設関係の仕事は、繁忙期になると件数が増加するため、必然的に社員の業務量も多くなります。そこで当社は、社員の業務量と精神面の負担を軽減するために、在宅勤務の方に一部の業務を依頼し、タスクを分担することにしました。
これにより、子育て中で働きに出られない主婦の方や、さまざまな都合で時間を取ることができない方々も働くことができます。それぞれの都合に合わせて仕事のスケジュールを組むことができるので、とても働きやすいという喜びの声も上がっています。
 
中には在宅だけではなく、可能な日は事務所に来て仕事をしたいという方もいらっしゃいます。そういった方には時間の許す限り事務所に来ていただき、事務所で働く社員のアシスタントという形で働いてもらっています。希望の働き方を実現することでモチベーションも向上しますし、社員の業務負担も軽減されるので、双方にとって非常にメリットのある働き方になっていると感じています。実際に在宅勤務制度を利用していた社員は現在、週3で事務所に来て事務員として働いてもらっています。もちろん、勤務日や勤務時間もご都合に合わせて調整しますし、プライベートと両立しやすい働き方を実現できているのではないかと思います。
 

株式会社伊波設備
ポイント

社員同士の交流を深めるために、飲み会やBBQなどの社内イベントも開催されています。BBQは社員のご家族も参加できるので、お子さまがいらっしゃる方もそうでない方も一緒に楽しんでいるそうです。

明るい雰囲気がさらに満足度を向上させる

在宅勤務制度の導入前は、各担当エリアが忙しくなった際、自分一人で対応しなくてはならないという強い責任感の中で働いている社員が多く、精神的に負担をかけてしまうこともありました。しかし、この勤務体系を取り入れ仕事の一部を巻き取ってもらえるようになったことで、社員の負担が軽減し楽しそうに働く姿が見られるようになったのです。私自身、事務所に顔を出した時に雰囲気の違いを感じました。一人ひとりの業務負担が減った分、多くのお客様のニーズに細やかにお答えできる余裕も生まれ、新たな仕事につながることも増えました。
 
これだけ多くのメリットを生み出している在宅勤務制度ですが、導入にあたってセキュリティ面の課題が浮かび上がりました。それぞれが個人で場所を問わずに作業をするため、事務所以上にセキュリティ対策をしていく必要があります。そこで、当社ではお客様情報にまつわる書類は持ち出さないことを徹底しています。たとえば、図面の作業を依頼する場合は、店名を消して渡しています。こうすることで、社外の人が目にしたときも何の書類か見当がつかないですし、万が一紛失したとしても問題になる可能性が低くなるでしょう。今後はその他の方法でもセキュリティ対策を強化して、多くの方が在宅勤務を利用できるような仕組みづくりをして参ります。
 

株式会社伊波設備
ポイント

「全員で支え合う」ことを大切にしている伊波社長。社長自らが一人ひとりに声掛けして、業務の手伝いをすることもあるそうです。2019年には行動指針を社員全員で考案し、社内の雰囲気づくりに努めています。


会社の未来をつくる社員に、一つでも多くの笑顔を

社員やお客様からの満足度も向上している当社ですが、現在ははっきりとした評価制度を設けていません。社員の努力を少しでも評価してあげられるよう、今後は社内表彰のような形で評価していきたいと考えています。売上に貢献するだけでなく、陰で努力をしている社員や、ムードメーカーとして社内を盛り上げてくれる社員など、一人ひとりにそれぞれの良さがあります。それを称えることで、少しでも働くことを楽しんでもらいたいと思っています。
 
また、入社していただく方には心構えしていただきたい部分もあります。当社のような建設関係の仕事には納期が付き物です。その納期に間に合わせるためにスピード感を持って働いてもらう必要があります。たとえば、現場作業の場合、工事を終わらせるために作業を優先させることもしばしば。事務員であれば、役所が閉まる時間を考慮して早めに外出する場合も出てきます。そうすると昼食や休憩の時間がずれてしまうこともあるので、この部分にも臨機応変に対応していただける方とご一緒したいと考えています。
 
私一人で立ち上げた当社を、ここまで成長させることができたのは社員のおかげといっても過言ではありません。さまざまな会社がある中で、他社ではなく、当社を選んでくれた社員にはとても感謝しています。その感謝の気持ちを表現すべく、今後も福利厚生や新たな制度の導入をしていきたいと考えています。より一層働きやすい環境をつくり、社員の生き生きとした姿を見られるような会社に成長させたいです。

株式会社伊波設備
ポイント

残業はなく、土日休みを徹底している株式会社伊波設備。建設業界は土曜日も稼働している企業がまだ多く、その分の仕事は外注に依頼するなど、社員のプライベートを壊さない仕組みづくりを今後も取り入れていくそうです。


伊波 龍太郎 プロフィール

1981年10月7日生まれ。沖縄県出身。水道工事の会社で従業員として働き、2004年に伊波設備として独立。その後、2009年に株式会社伊波設備を設立。趣味はスキューバダイビング。休日は友人や会社関係の方とツーリングをして過ごしている。
地域の人々から最も必要とされる水道工事設備会社
地元の工務店様などが手がけるアパート、マンション、一般住宅等の水道工事の設備を行う。将来的には地域の人々から最も必要とされるライフライングループ企業を目指し、総合的に地域の人々の生活を支えていく。

会社概要

設立
2009年
住所
〒470-2204
愛知県知多郡阿久比町大字宮津字西森下7番地3
TEL
0569-48-4302
事業内容

一般住宅、集合住宅の給排水衛生設備工事


アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社伊波設備

株式会社伊波設備

シェア数 shares

社員への思いは制度で体現~業界では珍しい取り組みの導入~

株式会社伊波設備 
代表取締役 伊波 龍太郎

働きやすさの秘密は、在宅勤務による業務の分担

当社では、2018年から在宅勤務制度を導入いたしました。現在は2名の社員がこの制度を利用して働いています。私たちの建設関係の仕事は、繁忙期になると件数が増加するため、必然的に社員の業務量も多くなります。そこで当社は、社員の業務量と精神面の負担を軽減するために、在宅勤務の方に一部の業務を依頼し、タスクを分担することにしました。
これにより、子育て中で働きに出られない主婦の方や、さまざまな都合で時間を取ることができない方々も働くことができます。それぞれの都合に合わせて仕事のスケジュールを組むことができるので、とても働きやすいという喜びの声も上がっています。
 
中には在宅だけではなく、可能な日は事務所に来て仕事をしたいという方もいらっしゃいます。そういった方には時間の許す限り事務所に来ていただき、事務所で働く社員のアシスタントという形で働いてもらっています。希望の働き方を実現することでモチベーションも向上しますし、社員の業務負担も軽減されるので、双方にとって非常にメリットのある働き方になっていると感じています。実際に在宅勤務制度を利用していた社員は現在、週3で事務所に来て事務員として働いてもらっています。もちろん、勤務日や勤務時間もご都合に合わせて調整しますし、プライベートと両立しやすい働き方を実現できているのではないかと思います。
 

株式会社伊波設備
ポイント

社員同士の交流を深めるために、飲み会やBBQなどの社内イベントも開催されています。BBQは社員のご家族も参加できるので、お子さまがいらっしゃる方もそうでない方も一緒に楽しんでいるそうです。

明るい雰囲気がさらに満足度を向上させる

在宅勤務制度の導入前は、各担当エリアが忙しくなった際、自分一人で対応しなくてはならないという強い責任感の中で働いている社員が多く、精神的に負担をかけてしまうこともありました。しかし、この勤務体系を取り入れ仕事の一部を巻き取ってもらえるようになったことで、社員の負担が軽減し楽しそうに働く姿が見られるようになったのです。私自身、事務所に顔を出した時に雰囲気の違いを感じました。一人ひとりの業務負担が減った分、多くのお客様のニーズに細やかにお答えできる余裕も生まれ、新たな仕事につながることも増えました。
 
これだけ多くのメリットを生み出している在宅勤務制度ですが、導入にあたってセキュリティ面の課題が浮かび上がりました。それぞれが個人で場所を問わずに作業をするため、事務所以上にセキュリティ対策をしていく必要があります。そこで、当社ではお客様情報にまつわる書類は持ち出さないことを徹底しています。たとえば、図面の作業を依頼する場合は、店名を消して渡しています。こうすることで、社外の人が目にしたときも何の書類か見当がつかないですし、万が一紛失したとしても問題になる可能性が低くなるでしょう。今後はその他の方法でもセキュリティ対策を強化して、多くの方が在宅勤務を利用できるような仕組みづくりをして参ります。
 

株式会社伊波設備
ポイント

「全員で支え合う」ことを大切にしている伊波社長。社長自らが一人ひとりに声掛けして、業務の手伝いをすることもあるそうです。2019年には行動指針を社員全員で考案し、社内の雰囲気づくりに努めています。


会社の未来をつくる社員に、一つでも多くの笑顔を

社員やお客様からの満足度も向上している当社ですが、現在ははっきりとした評価制度を設けていません。社員の努力を少しでも評価してあげられるよう、今後は社内表彰のような形で評価していきたいと考えています。売上に貢献するだけでなく、陰で努力をしている社員や、ムードメーカーとして社内を盛り上げてくれる社員など、一人ひとりにそれぞれの良さがあります。それを称えることで、少しでも働くことを楽しんでもらいたいと思っています。
 
また、入社していただく方には心構えしていただきたい部分もあります。当社のような建設関係の仕事には納期が付き物です。その納期に間に合わせるためにスピード感を持って働いてもらう必要があります。たとえば、現場作業の場合、工事を終わらせるために作業を優先させることもしばしば。事務員であれば、役所が閉まる時間を考慮して早めに外出する場合も出てきます。そうすると昼食や休憩の時間がずれてしまうこともあるので、この部分にも臨機応変に対応していただける方とご一緒したいと考えています。
 
私一人で立ち上げた当社を、ここまで成長させることができたのは社員のおかげといっても過言ではありません。さまざまな会社がある中で、他社ではなく、当社を選んでくれた社員にはとても感謝しています。その感謝の気持ちを表現すべく、今後も福利厚生や新たな制度の導入をしていきたいと考えています。より一層働きやすい環境をつくり、社員の生き生きとした姿を見られるような会社に成長させたいです。

株式会社伊波設備
ポイント

残業はなく、土日休みを徹底している株式会社伊波設備。建設業界は土曜日も稼働している企業がまだ多く、その分の仕事は外注に依頼するなど、社員のプライベートを壊さない仕組みづくりを今後も取り入れていくそうです。




伊波 龍太郎 プロフィール

1981年10月7日生まれ。沖縄県出身。水道工事の会社で従業員として働き、2004年に伊波設備として独立。その後、2009年に株式会社伊波設備を設立。趣味はスキューバダイビング。休日は友人や会社関係の方とツーリングをして過ごしている。

地域の人々から最も必要とされる水道工事設備会社
地元の工務店様などが手がけるアパート、マンション、一般住宅等の水道工事の設備を行う。将来的には地域の人々から最も必要とされるライフライングループ企業を目指し、総合的に地域の人々の生活を支えていく。

会社概要

設立
2009年
住所
〒470-2204
愛知県知多郡阿久比町大字宮津字西森下7番地3
TEL
0569-48-4302
事業内容

一般住宅、集合住宅の給排水衛生設備工事


就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top