shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

株式会社いきいきらいふ

株式会社いきいきらいふ

新卒一年目から、どの業界でも通用するビジネスマンスキルを身に着ける

株式会社いきいきらいふ 
代表取締役 日下部 竜太

介護業界では得にくいビジネスマンとしてのスキルを積む

仕事は、人生の大きな部分を占めるもの。そのため、社員には仕事を通じて人生を豊かにしてほしいと思っています。介護業界は良い印象を持たれることが少ないのが実情ですから、入社してくれた社員を大切にし、しっかり成長できる環境を整えています。
 
当社では若手のうちからチャレンジの機会を与えており、新卒一年目の社員には毎年、「ビックプロジェクト」というものを任せています。これは入社してきた社員が自分たちで目的や企画を練って、経営者を巻き込んで何かを成し遂げるというものです。今まで富士登山など色々な企画がありました。
このプロジェクトを通し、会社員として仕事を生み出す経験を積んでほしいと思っています。例えば富士登山をするにしても、なぜそれをやるのかの目的を考え、それに沿った企画立案や予算組みを行います。さらに、稟議をまわし、日程調整をして私のアポを取り、ようやく実行に移せるのです。当日も予定通りには進まず、トラブルの対処をすることもあるでしょう。これらはそのまま、ビジネスマンとして必要なスキルになるものです。
 
介護業界は現場に入ると、こうした一般の会社員ならやっていて当たり前の経験を積むことがなかなかできません。そのため、入社してすぐの段階に、一通りのことを経験してもらっています。だからこそ仕事の楽しさも理解でき、もし別の業界で仕事をしたくなってもチャンスが広がります。

株式会社いきいきらいふ
ポイント

今後ますます高齢化が進む中で、高齢者向けの事業はどの業界も挑戦したいと考えている分野。一般的な介護企業と差別化を図り、施設を利用するお客様のニーズ調査事業も展開しているそうです。

効率的な働き方を取り入れ長期的なキャリアが描ける

介護業界では長期キャリアを描きづらいという方も多いですが、弊社では本人の意欲がある限りなるべく長く働けるような工夫をしています。たとえば女性が結婚・出産してから復帰しようと思っても、現場はシフトを組んでいるので小さい子がいると働きにくくなってしまいます。そういった方のために短時間勤務を用意したり、復帰と同時に現場から離れ本部勤務するという選択肢もあります。産休に入る方はある程度職歴が長く現場経験を積んでいるので、本部のサポート部隊として現場の新人育成を担当してもらったり、バックオフィスを担当してもらうこともあります。経理など専門的なスキルが必要になっても、先輩に教わりながらキャリアチェンジすることも当社では可能となります。
 
また、休日をしっかり取ってもらうための制度を整えました。例えば誕生日休暇制度というものがあります。これは自分の誕生日の月は好きな日に休暇を取得できるというもので、本部の社員だと連休にして旅行している人も多いです。他にはサマータイムを導入して、効率よく働ける仕組みも作っています。通常より早めに出社し、早めに仕事が終わるので、プライベートの時間もしっかり確保できます。
 
当社の経営陣は基本的に、短い時間でどういう風に成果を上げるのかという考え方を持っています。そのため残業は細かくチェックしており、残業が多いメンバーは面談をして見直しをしているのです。マニュアルも準備しているので、あまりに残業が長いときはそのマニュアルと照らし合わせて改善点を確認します。

株式会社いきいきらいふ
ポイント

他業種での転職が難しい介護業界。いきいきらいふではビジネスマンとしてのスキルが高まるため、他業種へのキャリアチェンジに成功する方も多くいらっしゃるそうです。


イベントを通してチームワークを高めていく

チームワークを高めるため、今後は社内イベントを増やしていきたいと思っています。今までも有志でマラソン部などを作っていましたが、それほど活動できていませんでした。社員からはまた「こうした活動がやりたい」という声も出てきているので、一度仕切り直して、色々と取り組んでいこうと思います。
 
仕事外でコミュニケーションをとることによって、人の見方が変わることがあります。仕事では注意されてばかりの人でも、飲み会でこまめにお酒をオーダーしてくれて、とても気が利く人だと気づくことも多いです。それから、お酒を飲んで話しているうちに「実は将来こういうことがやりたい」という話が出ることも。その話を受け、あのポジションが向いているのではないかと、社員の今後のキャリアを考えるきっかけにもつながるのです。
 
当社が展開する介護事業は大変だと言われていますが、今の日本を作ってきた高齢者の方の最後のご支援ができる仕事です。お客様の人生に触れられるし、私も人生観が変わりました。
 
介護というとボランティアなどの面が語られることも多いですが、弊社ではあくまでビジネスとして扱っています。そのため、社員には、仕事を通して一人のビジネスマンとして成長できる環境を整えているのです。自分の可能性を広げるために、社会人としてのスキルを積むために、ぜひ当社で介護の仕事にチャレンジしてみてください。

株式会社いきいきらいふ
ポイント

「新卒社員は社会に出るのが不安なもの。そこで内定者の間に自分の人生の目標を見つけるなど、キャリア形成をサポートしている」と日下部社長は語ります。


日下部 竜太 プロフィール

1977年7月31日生まれ。芝浦工業大学工学部卒業。上場企業で部品開発職に就き、電子機器の部品製造を担う。2002年のいきいきらいふ創業から携わり、現在代表取締役を務める。新卒一期生の「ビックプロジェクト」がきっかけで家庭菜園をはじめ、今も野菜を育てている。座右の銘は冷静沈着。
自分が受けたい、家族に受けてもらいたい介護サービスを提供
「いきいきらいふSPA事業」「Rhythm & Resort事業」「在宅介護サービス事業」「コンサルティング事業」「流通事業」など幅広い介護事業を展開している。「安心、安全、やすらぎ」という3つの「安」=「3A」の精神と、「自分の家族に受けてもらいたい介護」を心掛けています。

会社概要

設立
2002年4月
住所
東京都台東区北上野2-6-14 3F
資本金
40,000,000円(2018年8月1日現在)
TEL
03-5827-7788
従業員数
207名(2018年8月1日現在)
事業内容
いきいきらいふSPA事業
Rhythm & Resort事業
在宅介護サービス事業
コンサルティング事業
流通事業

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社いきいきらいふ

株式会社いきいきらいふ

シェア数 shares

新卒一年目から、どの業界でも通用するビジネスマンスキルを身に着ける

株式会社いきいきらいふ 
代表取締役 日下部 竜太

介護業界では得にくいビジネスマンとしてのスキルを積む

仕事は、人生の大きな部分を占めるもの。そのため、社員には仕事を通じて人生を豊かにしてほしいと思っています。介護業界は良い印象を持たれることが少ないのが実情ですから、入社してくれた社員を大切にし、しっかり成長できる環境を整えています。
 
当社では若手のうちからチャレンジの機会を与えており、新卒一年目の社員には毎年、「ビックプロジェクト」というものを任せています。これは入社してきた社員が自分たちで目的や企画を練って、経営者を巻き込んで何かを成し遂げるというものです。今まで富士登山など色々な企画がありました。
このプロジェクトを通し、会社員として仕事を生み出す経験を積んでほしいと思っています。例えば富士登山をするにしても、なぜそれをやるのかの目的を考え、それに沿った企画立案や予算組みを行います。さらに、稟議をまわし、日程調整をして私のアポを取り、ようやく実行に移せるのです。当日も予定通りには進まず、トラブルの対処をすることもあるでしょう。これらはそのまま、ビジネスマンとして必要なスキルになるものです。
 
介護業界は現場に入ると、こうした一般の会社員ならやっていて当たり前の経験を積むことがなかなかできません。そのため、入社してすぐの段階に、一通りのことを経験してもらっています。だからこそ仕事の楽しさも理解でき、もし別の業界で仕事をしたくなってもチャンスが広がります。

株式会社いきいきらいふ
ポイント

今後ますます高齢化が進む中で、高齢者向けの事業はどの業界も挑戦したいと考えている分野。一般的な介護企業と差別化を図り、施設を利用するお客様のニーズ調査事業も展開しているそうです。

効率的な働き方を取り入れ長期的なキャリアが描ける

介護業界では長期キャリアを描きづらいという方も多いですが、弊社では本人の意欲がある限りなるべく長く働けるような工夫をしています。たとえば女性が結婚・出産してから復帰しようと思っても、現場はシフトを組んでいるので小さい子がいると働きにくくなってしまいます。そういった方のために短時間勤務を用意したり、復帰と同時に現場から離れ本部勤務するという選択肢もあります。産休に入る方はある程度職歴が長く現場経験を積んでいるので、本部のサポート部隊として現場の新人育成を担当してもらったり、バックオフィスを担当してもらうこともあります。経理など専門的なスキルが必要になっても、先輩に教わりながらキャリアチェンジすることも当社では可能となります。
 
また、休日をしっかり取ってもらうための制度を整えました。例えば誕生日休暇制度というものがあります。これは自分の誕生日の月は好きな日に休暇を取得できるというもので、本部の社員だと連休にして旅行している人も多いです。他にはサマータイムを導入して、効率よく働ける仕組みも作っています。通常より早めに出社し、早めに仕事が終わるので、プライベートの時間もしっかり確保できます。
 
当社の経営陣は基本的に、短い時間でどういう風に成果を上げるのかという考え方を持っています。そのため残業は細かくチェックしており、残業が多いメンバーは面談をして見直しをしているのです。マニュアルも準備しているので、あまりに残業が長いときはそのマニュアルと照らし合わせて改善点を確認します。

株式会社いきいきらいふ
ポイント

他業種での転職が難しい介護業界。いきいきらいふではビジネスマンとしてのスキルが高まるため、他業種へのキャリアチェンジに成功する方も多くいらっしゃるそうです。


イベントを通してチームワークを高めていく

チームワークを高めるため、今後は社内イベントを増やしていきたいと思っています。今までも有志でマラソン部などを作っていましたが、それほど活動できていませんでした。社員からはまた「こうした活動がやりたい」という声も出てきているので、一度仕切り直して、色々と取り組んでいこうと思います。
 
仕事外でコミュニケーションをとることによって、人の見方が変わることがあります。仕事では注意されてばかりの人でも、飲み会でこまめにお酒をオーダーしてくれて、とても気が利く人だと気づくことも多いです。それから、お酒を飲んで話しているうちに「実は将来こういうことがやりたい」という話が出ることも。その話を受け、あのポジションが向いているのではないかと、社員の今後のキャリアを考えるきっかけにもつながるのです。
 
当社が展開する介護事業は大変だと言われていますが、今の日本を作ってきた高齢者の方の最後のご支援ができる仕事です。お客様の人生に触れられるし、私も人生観が変わりました。
 
介護というとボランティアなどの面が語られることも多いですが、弊社ではあくまでビジネスとして扱っています。そのため、社員には、仕事を通して一人のビジネスマンとして成長できる環境を整えているのです。自分の可能性を広げるために、社会人としてのスキルを積むために、ぜひ当社で介護の仕事にチャレンジしてみてください。

株式会社いきいきらいふ
ポイント

「新卒社員は社会に出るのが不安なもの。そこで内定者の間に自分の人生の目標を見つけるなど、キャリア形成をサポートしている」と日下部社長は語ります。




日下部 竜太 プロフィール

1977年7月31日生まれ。芝浦工業大学工学部卒業。上場企業で部品開発職に就き、電子機器の部品製造を担う。2002年のいきいきらいふ創業から携わり、現在代表取締役を務める。新卒一期生の「ビックプロジェクト」がきっかけで家庭菜園をはじめ、今も野菜を育てている。座右の銘は冷静沈着。

自分が受けたい、家族に受けてもらいたい介護サービスを提供
「いきいきらいふSPA事業」「Rhythm & Resort事業」「在宅介護サービス事業」「コンサルティング事業」「流通事業」など幅広い介護事業を展開している。「安心、安全、やすらぎ」という3つの「安」=「3A」の精神と、「自分の家族に受けてもらいたい介護」を心掛けています。

会社概要

設立
2002年4月
住所
東京都台東区北上野2-6-14 3F
資本金
40,000,000円(2018年8月1日現在)
TEL
03-5827-7788
従業員数
207名(2018年8月1日現在)
事業内容
いきいきらいふSPA事業
Rhythm & Resort事業
在宅介護サービス事業
コンサルティング事業
流通事業

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top