shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │

株式会社MAP経営

株式会社MAP経営

活躍し続けるために必要なこと、それは“社員の積極性”

株式会社MAP経営 
代表取締役 浅野 泰生

リーダーが育つ秘密――それは期待を言語化をすること

当社では2015年から「リーダー公募制」を取り入れています。当社のリーダーの任期は1年間と定めています。これは毎年変化する戦略のなかで、必要とする管理職の人数や事業内容に応じ、立候補制で希望のメンバーを募るためです。希望者全員と面接を行い、最適なメンバーを役職に任命しています。
以前は立候補制ではなく、私からの推薦により役職を決定していました。しかし、なかには「この役職をやりたくてやっているわけではない」という社員の心の声を感じ取ってしまう瞬間も。そこでリーダー公募制を導入しました。実際に立候補者が役職に就くようになってからは、若いうちから積極的にリーダーとなるメンバーも多く、会社全体の活性化が見られました。
 
さらに、私が管轄している部署のリーダーに対しては「毎月一度の面談」を行っております。
これは年度初めに、私から各リーダーへ3項目の“期待”を込めた文書を渡し、そのフィードバックを毎月行うものです。文書の内容は、「このくらい売上を上げてください」などの会社全体の目標を単純に個人に分割したような内容ではありません。「思考を拡張するための投げかけを積極的に行って下さい」といった、リーダーとして社長の私をどう支えてほしいかという姿勢や、会社のビジョンについて果たして欲しい“期待”についてです。
 
この面談を取り入れたことで、リーダーのほとんどが目の前の仕事だけでなく、仕事の取り組み方にも目を配るようになりました。
それぞれへの期待を言語化することで、各リーダーは自らの役割を明確に理解することができたのです。実際に、自分の不足部分を理解してもらったことで、「行動の結果がわかりやすくなった」「改善を繰り返し以前よりも成長スピードが上がった」という声もあがっています。

株式会社MAP経営
ポイント

他にも、フレックス制度を導入している株式会社MAP経営。家庭を持つ社員が長く働き続けられるようにプライベートとの両立ができる仕組みづくりにも力を入れています。

20代~30代半ばの自分を反面教師に。制度導入に対する熱い想い

実は、先ほど述べた取り組みには、社員一人ひとりの「変化」を求めているわけではありません。会社のビジョンと私の想いへの共感をより深めることで、今以上に長く活躍できる存在になってもらうための“手段のひとつ”と考えています。
 
大前提、「変化・挑戦・成長」を大切にしている当社では、私の想いに共感し、ビジョンに向けて共に走ってくれる人を採用しています。
そのため、面接時に「この会社で何をしたいか」などの目的を伺い、今後の方向性を確認することを何よりも大切にしています。価値観が合う方や目的がはっきりしている方は当社が求めている「変化・挑戦・成長」に向けて長く活躍できると思うからです。
 
このような想いに至ったのも、私自身の4回の転職経験がきっかけです。
私が20代の頃は、「会社を変えれば、自分の力を認めてもらえるはず」と考え、転職を繰り返していました。
 
しかし、30代半ばで4社目の会社に入社を決めたころ、今の自分の実力のままでは認めてくれる会社はないと気がつきました。そして13年前、平社員としてMAP経営に入社し、無我夢中で職務を全う。その結果、入社1年で役員となり、入社から8年後の2014年1月に社長を承継しました。これを機に、この会社のために自分がどれだけのことができるかを考えるようになりました。
 
当社で働く社員にもこのように先を見据えた思いを大切にし、それぞれの特性や個性を生かしながら長く活躍してほしいと思っています。
 

株式会社MAP経営
ポイント

「社員全員が社内に集まり、喜怒哀楽を共有することが大切」と熱い想いを口にする浅野社長。一つの大きな目的に向かって取り組むことができる“熱狂する組織”を目指し続けています。


思いを伝え続けた先に見える未来がある

価値観が合い、入社を決めてくれた社員には、同じ方向を向いて働いてくれているという実感はありますが、まだまだ積極的に手を挙げる社員は多くないという現状があります。
社員一人ひとりのやる気は目に見えるものではないため、どんなにやる気がある社員でも、行動、態度、表情で示さない限り評価をすることはむずかしいです。
 
社員に積極性を持ってもらい、意見や想いを発信してもらうためには、私の想いと会社のビジョンを社員に「伝え続けていく」必要があります。伝え続けることで、私の想いとの価値観のすり合わせができると感じるからです。
現在、当社では月に一度の全社会議で2時間、3時間私の想いを伝えています。そのときに社員一人ひとりの顔色を見ていると、私の想いに共感してくれている社員の目がわかるようになりますし、なかには少し違う方向を向いている社員に気が付くこともあります。
そこでの気付きをもとに、気軽に私と直接話すことができる場を用意することで、個別で意見を聞きながら同じ方向を見ていけるように話をしています。
 
今後も、役職や部署に限らず、社員全員が私との交流を深められる時間をつくり続けていきたいと思います。当社で働く皆様には、当社という一つの船に乗り、共に大きいことを成し遂げていきながら自分の自己実現を果たしてもらえればと思います。

株式会社MAP経営
ポイント

全社会議の他に、セクションごとに期待を投げかける「社長ミーティング」を通し、社員全員とコミュニケーションを図るように工夫しています。


浅野 泰生 プロフィール

1972年、愛知県一宮市に生まれる。大学卒業後、大手飲料メーカーや会計事務所にて勤務。
2006年に株式会社MAP経営に入社をし、翌年には取締役に就任。2014年1月、血縁関係のない創業者からの経営承継により代表取締役就任。最近はパーソナルトレーニングジムに通いボディメイクに励む。
中小企業にPlan-Do-Seeを定着させ、経済の発展を目指す
全国の会計事務所1,000社の組織化に従事。直接的な支援のみならず、会計事務所向けのシステムやノウハウを提供。
日本の中小企業の活性化を支援し、日本経済の発展を目指す。

会社概要

設立
1989年3月
住所
【東京本社】
〒164-0012
東京都中野区本町2-46-1 中野坂上サンブライトツイン23F

【名古屋支社】
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-16 タキビル2F

【大阪支社】
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4-1-9 新大阪フロントビル10F

【福岡支社】
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-19 サンライフ第3ビル6F
資本金
3,000万円
TEL
【東京本社】 03-5365-1500
【名古屋支社】052-561-7751
【大阪支社】 06-7668-1520
【福岡支社】 092-412-2170
従業員数
46名(2016年4月現在)
事業内容
■経営計画のシミュレーションシステムの開発
■目標突破コンサルティングの提供
■経営シミュレーションに特化したソフトウェア開発事業
■経営支援、幹部育成コンサルティング事業
■年間受講者2,000名を超える教育・研修事業

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社MAP経営

株式会社MAP経営

シェア数 shares

活躍し続けるために必要なこと、それは“社員の積極性”

株式会社MAP経営 
代表取締役 浅野 泰生

リーダーが育つ秘密――それは期待を言語化をすること

当社では2015年から「リーダー公募制」を取り入れています。当社のリーダーの任期は1年間と定めています。これは毎年変化する戦略のなかで、必要とする管理職の人数や事業内容に応じ、立候補制で希望のメンバーを募るためです。希望者全員と面接を行い、最適なメンバーを役職に任命しています。
以前は立候補制ではなく、私からの推薦により役職を決定していました。しかし、なかには「この役職をやりたくてやっているわけではない」という社員の心の声を感じ取ってしまう瞬間も。そこでリーダー公募制を導入しました。実際に立候補者が役職に就くようになってからは、若いうちから積極的にリーダーとなるメンバーも多く、会社全体の活性化が見られました。
 
さらに、私が管轄している部署のリーダーに対しては「毎月一度の面談」を行っております。
これは年度初めに、私から各リーダーへ3項目の“期待”を込めた文書を渡し、そのフィードバックを毎月行うものです。文書の内容は、「このくらい売上を上げてください」などの会社全体の目標を単純に個人に分割したような内容ではありません。「思考を拡張するための投げかけを積極的に行って下さい」といった、リーダーとして社長の私をどう支えてほしいかという姿勢や、会社のビジョンについて果たして欲しい“期待”についてです。
 
この面談を取り入れたことで、リーダーのほとんどが目の前の仕事だけでなく、仕事の取り組み方にも目を配るようになりました。
それぞれへの期待を言語化することで、各リーダーは自らの役割を明確に理解することができたのです。実際に、自分の不足部分を理解してもらったことで、「行動の結果がわかりやすくなった」「改善を繰り返し以前よりも成長スピードが上がった」という声もあがっています。

株式会社MAP経営
ポイント

他にも、フレックス制度を導入している株式会社MAP経営。家庭を持つ社員が長く働き続けられるようにプライベートとの両立ができる仕組みづくりにも力を入れています。

20代~30代半ばの自分を反面教師に。制度導入に対する熱い想い

実は、先ほど述べた取り組みには、社員一人ひとりの「変化」を求めているわけではありません。会社のビジョンと私の想いへの共感をより深めることで、今以上に長く活躍できる存在になってもらうための“手段のひとつ”と考えています。
 
大前提、「変化・挑戦・成長」を大切にしている当社では、私の想いに共感し、ビジョンに向けて共に走ってくれる人を採用しています。
そのため、面接時に「この会社で何をしたいか」などの目的を伺い、今後の方向性を確認することを何よりも大切にしています。価値観が合う方や目的がはっきりしている方は当社が求めている「変化・挑戦・成長」に向けて長く活躍できると思うからです。
 
このような想いに至ったのも、私自身の4回の転職経験がきっかけです。
私が20代の頃は、「会社を変えれば、自分の力を認めてもらえるはず」と考え、転職を繰り返していました。
 
しかし、30代半ばで4社目の会社に入社を決めたころ、今の自分の実力のままでは認めてくれる会社はないと気がつきました。そして13年前、平社員としてMAP経営に入社し、無我夢中で職務を全う。その結果、入社1年で役員となり、入社から8年後の2014年1月に社長を承継しました。これを機に、この会社のために自分がどれだけのことができるかを考えるようになりました。
 
当社で働く社員にもこのように先を見据えた思いを大切にし、それぞれの特性や個性を生かしながら長く活躍してほしいと思っています。
 

株式会社MAP経営
ポイント

「社員全員が社内に集まり、喜怒哀楽を共有することが大切」と熱い想いを口にする浅野社長。一つの大きな目的に向かって取り組むことができる“熱狂する組織”を目指し続けています。


思いを伝え続けた先に見える未来がある

価値観が合い、入社を決めてくれた社員には、同じ方向を向いて働いてくれているという実感はありますが、まだまだ積極的に手を挙げる社員は多くないという現状があります。
社員一人ひとりのやる気は目に見えるものではないため、どんなにやる気がある社員でも、行動、態度、表情で示さない限り評価をすることはむずかしいです。
 
社員に積極性を持ってもらい、意見や想いを発信してもらうためには、私の想いと会社のビジョンを社員に「伝え続けていく」必要があります。伝え続けることで、私の想いとの価値観のすり合わせができると感じるからです。
現在、当社では月に一度の全社会議で2時間、3時間私の想いを伝えています。そのときに社員一人ひとりの顔色を見ていると、私の想いに共感してくれている社員の目がわかるようになりますし、なかには少し違う方向を向いている社員に気が付くこともあります。
そこでの気付きをもとに、気軽に私と直接話すことができる場を用意することで、個別で意見を聞きながら同じ方向を見ていけるように話をしています。
 
今後も、役職や部署に限らず、社員全員が私との交流を深められる時間をつくり続けていきたいと思います。当社で働く皆様には、当社という一つの船に乗り、共に大きいことを成し遂げていきながら自分の自己実現を果たしてもらえればと思います。

株式会社MAP経営
ポイント

全社会議の他に、セクションごとに期待を投げかける「社長ミーティング」を通し、社員全員とコミュニケーションを図るように工夫しています。




浅野 泰生 プロフィール

1972年、愛知県一宮市に生まれる。大学卒業後、大手飲料メーカーや会計事務所にて勤務。
2006年に株式会社MAP経営に入社をし、翌年には取締役に就任。2014年1月、血縁関係のない創業者からの経営承継により代表取締役就任。最近はパーソナルトレーニングジムに通いボディメイクに励む。

中小企業にPlan-Do-Seeを定着させ、経済の発展を目指す
全国の会計事務所1,000社の組織化に従事。直接的な支援のみならず、会計事務所向けのシステムやノウハウを提供。
日本の中小企業の活性化を支援し、日本経済の発展を目指す。

会社概要

設立
1989年3月
住所
【東京本社】
〒164-0012
東京都中野区本町2-46-1 中野坂上サンブライトツイン23F

【名古屋支社】
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-16 タキビル2F

【大阪支社】
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4-1-9 新大阪フロントビル10F

【福岡支社】
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-19 サンライフ第3ビル6F
資本金
3,000万円
TEL
【東京本社】 03-5365-1500
【名古屋支社】052-561-7751
【大阪支社】 06-7668-1520
【福岡支社】 092-412-2170
従業員数
46名(2016年4月現在)
事業内容
■経営計画のシミュレーションシステムの開発
■目標突破コンサルティングの提供
■経営シミュレーションに特化したソフトウェア開発事業
■経営支援、幹部育成コンサルティング事業
■年間受講者2,000名を超える教育・研修事業

就職お役立ち情報

チェックポイントまとめ
page top