shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │
  • facebookいいね
  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINE

有限会社ユウファクトリー

有限会社ユウファクトリー

社員旅行を毎年恒例に 目指すは社員の人生の充実化

有限会社ユウファクトリー 
代表取締役 山田 裕己

ついに悲願成就! 思い続けてきた社員旅行の復活

2005(平成17)年の設立以来、私は会社の巨大化よりも社員の人生の充実化を最優先に考えてきました。社員たちの人生を豊かなものにするために何ができるのか。そんな自問自答をずっと繰り返していました。答えのヒントを得たのは、プライベートでの旅行中に出くわした、あるワンシーンでした。

旅行中の私の目に飛び込んできたもの――それは、社員旅行中と思われる団体のメンバー全員が、心から旅行を楽しむ姿でした。ともに仕事をする仲間と“非日常のひととき”を過ごすことに幸福を感じているのは一目瞭然でした。

私は旅行が趣味なので、年に複数回、さまざまな場所を訪れるのですが、毎回のように社員旅行中のグループを見かけました。その度に、社員旅行を楽しんでいる人の姿と当社の社員が喜んでいる姿を重ね合わせていました。以前は当社も社員旅行を開催していたのですが、久しく実現できていなかったこともあり、“いつかは社員旅行を再開させたい”と常々思っていました。

そして2018年、当社は悲願の社員旅行を開催。行き先は思いきって海外にしました。前述のとおり、私が最も大切にしているのは社員の人生の充実化です。毎年1回、必ず海外旅行ができれば、社員たちの知見は広がるでしょうし、旅行先での経験により人生も豊かになるはずです。そうした意味でも社員旅行は今後、毎年の恒例行事にしたいと思っています。

有限会社ユウファクトリー
ポイント

「当社に入社してくれれば、長く働いてもらえる自信があります」と胸を張る山田社長。様々な取り組みもさることながら、山田社長や社員の方々が織りなすアットホームな雰囲気も、有限会社ユウファクトリーの魅力です。

ジュース代は会社負担! コミュニケーションを深める効果も

当社では福利厚生制度の一環として、毎日の飲み物代を会社から支給しています。建築業界では“休憩中の飲み物は自腹”であることが一般的なので、他の会社から当社へ移ってきた方は「えっ、会社がジュース代を用意してくれるんですか?」と驚く人がほとんど。1日あたりの本数に上限はありますが、“ちりも積もれば山となる”で社員の負担を軽減しているはずです。

この福利厚生制度には、休憩時間に個別に飲み物を買いに行かなくなる分、必然的に仲間とのコミュニケーションが深まるといった側面もあります。そのような仲間と交流を深めるシーンがたくさんある職場なので、自然とアットホームな関係を築くことができます。そういった点も、社員の働きやすさにつながっている部分だと思います。

■社員たちには豊かな人生を歩んでほしい

幼少の頃から、私は大の車好きでした。そのため、胸が高鳴るようなカッコいい車に乗るだけで私の人生はとても豊かなものになりましたし、仕事へのモチベーションも格段に高まりました。

だからこそ、社員たちにも自分の人生を豊かにできる“何か”を見つけてほしいと思います。私の場合は車でしたが、それは社員一人ひとりによって当然異なるはずです。その“何か”を社員全員が手に入れ、日々充実したライフスタイルを送れる会社にしていきたいと思います。

有限会社ユウファクトリー
ポイント

“もしも”の事態に備え、社員一人ひとりの医療保険の加入も会社負担で行っている有限会社ユウファクトリー。「退職した場合、名義を変更して本人に渡している」(山田社長)ように、退職後の社員への配慮も欠かしません。


社員の人生を充実させるために 喫緊の課題は人手不足の解消

社員の人生の充実化をさらに追求する上で、改善すべき点も少なくありません。そのひとつが残業時間の削減です。

当社の定時は午前8時~午後5時30分です。ところが、担当する現場が遠方にある場合、会社と現場の往復の移動時間だけでも3時間以上を要してしまい、どうしても残業時間が増えてしまうケースがあります。当社は九州一円および沖縄が“守備範囲”で、沖縄や鹿児島、宮崎などの遠方が現場の場合は宿泊で対応しますが、それ以外は当日移動がほとんどです。そのため、今後は遠方への移動時間を抑制するために支店展開なども視野に入れています。

また、休日日数の増加も進めていきたいと思っています。当社の定休日は現状、日曜・祝日と隔週土曜日です。理想はもちろん完全週休2日制なのですが、休日にしか工事ができない現場もあって、なかなか実現までこぎ着けないのが現状です。そのため、休日出勤した際は、振替休日や有休休暇を積極的に取得してもらっていますが、少数精鋭の会社のため、繁忙期など時期によっては休めない場合もあります。

つまり、残業時間の削減も有給休暇の取得も、実現するためには人の力が必要不可欠です。会社を巨大化するつもりはありませんが、社員一人ひとりが豊かにするためには、ある程度の社員数の増加は欠かせません。そして、たとえ社員の人数が増えたとしても、一人ひとりの人生の充実度は絶対に下げず、むしろ高めていかなければなりません。それが私に課せられている今後の課題だと感じています。

有限会社ユウファクトリー
ポイント

「社員の給料が上がり、休みも増えて、毎年社員旅行に行ける会社にしたい」と語る山田社長。社員の人生を一番大切にしたいという想いが、言葉の端々から伝わってきました。


山田 裕己 プロフィール

1970年生まれ、福岡県出身。コンピュータ系の専門学校を卒業後、IT系企業に入社するも、幼少の頃から大好きだった車への想いが強く、転職を決意。株式会社ピーエムトラスト(現・トラストパーク株式会社)に入社し、当時画期的だったコインパーキング事業の推進に従事。2002年に独立し、2005年に有限会社ユウファクトリーを設立(法人化)。趣味は車と旅行。
駐車場ビジネスの企画・販売・施工・管理のプロ集団
年間200件を越える施工実績で培った駐車場ビジネスの経験やノウハウにより、オーナー様の利益向上に貢献。『迅速』・『丁寧』・『確実』・『低価格』をモットーに、工事期間中から仕上がりまで、一貫した「きれいな仕事」を心がけ、多くの信頼を得る。

会社概要

設立
平成14年1月
住所
〒812-0892 福岡市博多区東那珂1丁目13-16
資本金
3,000,000円
TEL
092-292-9818
事業内容
コインパーキング設備・設置工事・販売・メンテナンス

アールエイチナビTOPへ ▶
有限会社ユウファクトリー

有限会社ユウファクトリー

シェア数 shares

社員旅行を毎年恒例に 目指すは社員の人生の充実化

有限会社ユウファクトリー 
代表取締役 山田 裕己

ついに悲願成就! 思い続けてきた社員旅行の復活

2005(平成17)年の設立以来、私は会社の巨大化よりも社員の人生の充実化を最優先に考えてきました。社員たちの人生を豊かなものにするために何ができるのか。そんな自問自答をずっと繰り返していました。答えのヒントを得たのは、プライベートでの旅行中に出くわした、あるワンシーンでした。

旅行中の私の目に飛び込んできたもの――それは、社員旅行中と思われる団体のメンバー全員が、心から旅行を楽しむ姿でした。ともに仕事をする仲間と“非日常のひととき”を過ごすことに幸福を感じているのは一目瞭然でした。

私は旅行が趣味なので、年に複数回、さまざまな場所を訪れるのですが、毎回のように社員旅行中のグループを見かけました。その度に、社員旅行を楽しんでいる人の姿と当社の社員が喜んでいる姿を重ね合わせていました。以前は当社も社員旅行を開催していたのですが、久しく実現できていなかったこともあり、“いつかは社員旅行を再開させたい”と常々思っていました。

そして2018年、当社は悲願の社員旅行を開催。行き先は思いきって海外にしました。前述のとおり、私が最も大切にしているのは社員の人生の充実化です。毎年1回、必ず海外旅行ができれば、社員たちの知見は広がるでしょうし、旅行先での経験により人生も豊かになるはずです。そうした意味でも社員旅行は今後、毎年の恒例行事にしたいと思っています。

有限会社ユウファクトリー
ポイント

「当社に入社してくれれば、長く働いてもらえる自信があります」と胸を張る山田社長。様々な取り組みもさることながら、山田社長や社員の方々が織りなすアットホームな雰囲気も、有限会社ユウファクトリーの魅力です。

ジュース代は会社負担! コミュニケーションを深める効果も

当社では福利厚生制度の一環として、毎日の飲み物代を会社から支給しています。建築業界では“休憩中の飲み物は自腹”であることが一般的なので、他の会社から当社へ移ってきた方は「えっ、会社がジュース代を用意してくれるんですか?」と驚く人がほとんど。1日あたりの本数に上限はありますが、“ちりも積もれば山となる”で社員の負担を軽減しているはずです。

この福利厚生制度には、休憩時間に個別に飲み物を買いに行かなくなる分、必然的に仲間とのコミュニケーションが深まるといった側面もあります。そのような仲間と交流を深めるシーンがたくさんある職場なので、自然とアットホームな関係を築くことができます。そういった点も、社員の働きやすさにつながっている部分だと思います。

■社員たちには豊かな人生を歩んでほしい

幼少の頃から、私は大の車好きでした。そのため、胸が高鳴るようなカッコいい車に乗るだけで私の人生はとても豊かなものになりましたし、仕事へのモチベーションも格段に高まりました。

だからこそ、社員たちにも自分の人生を豊かにできる“何か”を見つけてほしいと思います。私の場合は車でしたが、それは社員一人ひとりによって当然異なるはずです。その“何か”を社員全員が手に入れ、日々充実したライフスタイルを送れる会社にしていきたいと思います。

有限会社ユウファクトリー
ポイント

“もしも”の事態に備え、社員一人ひとりの医療保険の加入も会社負担で行っている有限会社ユウファクトリー。「退職した場合、名義を変更して本人に渡している」(山田社長)ように、退職後の社員への配慮も欠かしません。


社員の人生を充実させるために 喫緊の課題は人手不足の解消

社員の人生の充実化をさらに追求する上で、改善すべき点も少なくありません。そのひとつが残業時間の削減です。

当社の定時は午前8時~午後5時30分です。ところが、担当する現場が遠方にある場合、会社と現場の往復の移動時間だけでも3時間以上を要してしまい、どうしても残業時間が増えてしまうケースがあります。当社は九州一円および沖縄が“守備範囲”で、沖縄や鹿児島、宮崎などの遠方が現場の場合は宿泊で対応しますが、それ以外は当日移動がほとんどです。そのため、今後は遠方への移動時間を抑制するために支店展開なども視野に入れています。

また、休日日数の増加も進めていきたいと思っています。当社の定休日は現状、日曜・祝日と隔週土曜日です。理想はもちろん完全週休2日制なのですが、休日にしか工事ができない現場もあって、なかなか実現までこぎ着けないのが現状です。そのため、休日出勤した際は、振替休日や有休休暇を積極的に取得してもらっていますが、少数精鋭の会社のため、繁忙期など時期によっては休めない場合もあります。

つまり、残業時間の削減も有給休暇の取得も、実現するためには人の力が必要不可欠です。会社を巨大化するつもりはありませんが、社員一人ひとりが豊かにするためには、ある程度の社員数の増加は欠かせません。そして、たとえ社員の人数が増えたとしても、一人ひとりの人生の充実度は絶対に下げず、むしろ高めていかなければなりません。それが私に課せられている今後の課題だと感じています。

有限会社ユウファクトリー
ポイント

「社員の給料が上がり、休みも増えて、毎年社員旅行に行ける会社にしたい」と語る山田社長。社員の人生を一番大切にしたいという想いが、言葉の端々から伝わってきました。




山田 裕己 プロフィール

1970年生まれ、福岡県出身。コンピュータ系の専門学校を卒業後、IT系企業に入社するも、幼少の頃から大好きだった車への想いが強く、転職を決意。株式会社ピーエムトラスト(現・トラストパーク株式会社)に入社し、当時画期的だったコインパーキング事業の推進に従事。2002年に独立し、2005年に有限会社ユウファクトリーを設立(法人化)。趣味は車と旅行。

駐車場ビジネスの企画・販売・施工・管理のプロ集団
年間200件を越える施工実績で培った駐車場ビジネスの経験やノウハウにより、オーナー様の利益向上に貢献。『迅速』・『丁寧』・『確実』・『低価格』をモットーに、工事期間中から仕上がりまで、一貫した「きれいな仕事」を心がけ、多くの信頼を得る。

会社概要

設立
平成14年1月
住所
〒812-0892 福岡市博多区東那珂1丁目13-16
資本金
3,000,000円
TEL
092-292-9818
事業内容
コインパーキング設備・設置工事・販売・メンテナンス

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ
page top