shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │
  • facebookいいね
  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINE

株式会社セイルー

株式会社セイルー

「評価」「働き方」「休み方」社員満足度を高める3本柱

株式会社セイルー 
代表取締役社長 宮島一郎

入社後3年間はたくさんの失敗を経験してほしい

社員満足度が100%になることは永遠にない、と私は思います。その理由は、社員の満足度だけを高めるのではなく、お客様や会社の満足度も高めることもビジネスにおいて大切だからです。社員の満足度が高くても、お客様の満足度が低くては本末転倒ですし、そもそもビジネスをする意味がありません。もちろん、社員とお客様と会社の満足度がすべて100%になれば言うことなしですが、それを成し遂げることは企業経営における永遠のテーマと言ってもいいでしょう。

そして、社員満足度100%を阻むもうひとつの理由がマーケットの変化です。時代の流れとともにマーケットの多様化は進み、お客様が求めるニーズの質や色合いも変わります。その変化に合わせて企業はお客様へのサービスを変える必要がありますし、それに応じて社内体制も変化を迫られます。すると必然的に社員満足度の向上策も改良を重ねなければなりません。つまり、ゴールがないため、社員が100%の満足を得られる日は来ないと思っています。

それでも、社員満足度を高めるプロセスを大切にし、限りなく100%に近づけるための努力は欠かせません。そこで当社で取り組んでいることが3つあります。

そのひとつが人事考課制度です。私は、長く働いているだけの者が、当社に利をもたらせてくれる実力があり結果を出す者より高い評価や収入を得ることはナンセンスだと考えています。そのため、当社では当社の評価基準に応じた評価制度を導入しています。しかし、新卒や第二新卒に限り、入社後の3年間は結果ではなくプロセスによる評価を行っています。 この3年間で数多くの失敗を味わってもらいたいのです。失敗して、叱られて、痛みを知って、悔しい思いをして、そこで学んだことを糧にして失敗を乗り越え、やりがいや満足感を得る。この繰り返しを3年間続けてほしいです。この過程を経験することで4年目以降には必ず結果が出るようになります。

仮に入社3年間で結果が出たとしても、それは一過性のものと捉えるので評価基準とはしません。それよりも、利他主義で、思いやりのある行動ができる人を高く評価しています。当社の企業理念であるチームワークや協調性に重きを置き、当社の中で成長していきたいと思う人は、この3年間でやりがい(生きがい)と満足感を得るための土台を築けるはずです。逆にそのような考えがなく、完全実力主義で収入だけを求める人は、当社には合わないと思います。

株式会社セイルー
ポイント

新卒社員の育成について「昔を否定せず、古き良きものを現代に合うかたちにカスタマイズできる人材に育ってもらうために、日本社会の歴史的な成り立ちも教えていきたい」と話す宮島社長。先人たちをリスペクトする精神を若手社員に継承しています。

“平日もよし、休日もよし” 社員の満足を高める考え方

社員満足度を高める2つ目の取り組みが「働き方改革」です。働き方改革というと社員の長時間労働の是正ばかりがクローズアップされますが、ガイドラインには、フルタイムで働けない主婦の方々等の活躍の場を提供するなどの内容が盛り込まれています。

そのような働き方改革を推進するために、当社では主婦や高齢者を採用する“働く世代のダイバーシティ化”や、リモートワーク(在宅勤務)の導入による“働く場所のダイバーシティ化”を進めています。今後は若手社員が結婚や出産、育児などのライフイベントを迎えることが増えてきます。その時に当社が進めている“働き方のダイバーシティ”がより一層生かされると考えています。ただし新入社員はダイバーシティ勤務は行っておりません。あくまでも社会人として一人前になってからの制度としています。

そして、3つ目の取り組みが「休暇・休日の改良」です。私たちの考え方は“平日もよし、休日もよし” (オン、オフのバランス)。これは、平日は最大のパフォーマンスを発揮して仕事をやり切り、休日はしっかりと休もうというものです。国が提唱・推進している「ポジティブ・オフ運動」(休暇(オフ)を前向き(ポジティブ)にとらえ、休暇を取得しやすい職場環境や雰囲気を整える運動)に賛同しているのも、“平日もよし、休日もよし”があってのものです。

そのような考えのもと、当社では有給休暇の積極的取得を進めています。2019年4月より働き方改革関連法により「年5日の有給休暇の取得義務化」がスタートしますが、それに先立ち当社ではすでにその導入が済んでいます。さらに、有給休暇を取得しやすいように有給休暇を分割できる「半日有休」も取り入れています。

当社はベンチャー企業で、大企業ではありませんが、将来的には大企業を目指し、更には100年企業を目指しています。「絶対に会社を倒産させない」そのために、私たちはダイバーシティーや休日休暇を安定的に運用することで、確固たる組織力と収益力の構築を図っています。

株式会社セイルー
ポイント

リモートワークを積極的に導入している株式会社セイルー。「先日入社した正社員の勤務地は島根県のご自宅が主ですし、執行役員は鳥取在住です」(宮島社長)と“働き方改革”に邁進中です。


“残業ゼロ”“日本一の所得”への挑戦

昔は終電間際まで働く社員が山ほどいた時代もありましたが、今ではどれほど遅くても午後8時30分には退社するように徹底。月の残業時間は多くても30時間ほどに抑えられています。しかし、まだまだ改良の余地はありますし、生産性を落とさずに、いい意味で自分たちを戒めながら、残業時間のさらなる削減に挑んでいます。

私は創業期より「限られた時間内で、最高のパフォーマンスをしよう」とずっと言い続けてきました。長時間労働をすることが美学ではありませんし、常態化の長時間労働によって生まれた成果を評価することはありません。そのことは、全社員の前で明言しています。つまり、長時間労働の是正を通じて、社員たちに時間に対する生産性を意識してもらい、量より質を重視した働き方を浸透させていくことが、今後の課題のひとつだと考えています。

社員満足度を高めるための課題をもうひとつ挙げるとすれば、所得の向上です。現状でも全体平均としては決して低いわけではありませんし、昇給率も高い方であると思っています。しかし、いずれは業界で日本一の所得を得られる会社にしたいという想いは常に持っています。先述した通り、当社では当社の評価基準に沿っての実力に応じた評価制度を導入しているため、社員によっては平均水準を大きく上回る収入を得る社員もいます。

もちろん、その実現ためには収益の拡大が必要です。ましてや当社では新入社員を3年間じっくりと教育する育成システムを導入しているため、それに耐えうる収益構造の強化は欠かせません。当社の企業理念に基づく組織力やビジネスモデルを高めながら、お客様と働く者たちの満足度の向上を実現すること――それが、代表者としての永遠の課題です。

株式会社セイルー
ポイント

「企業の“見える化”は進んでいる」と話す宮島社長。年次予算や教育体系を一冊にまとめた「事業計画書」により企業の情報を社員に包み隠さず発信しています。


宮島一郎 プロフィール

1969年、東京都出身。関東学院大学経済学部を卒業後、株式会社菱食(現・三菱食品株式会社)に入社し、営業やMD(マーチャンダイジング)サポートに従事。2000年に退職し、実家の会社に入社、新規チャネル開拓に携わる。その後、会計財務・ターンアラウンドコンサルティングを経て、現在に至る。好きな言葉は「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」「努力は裏切らない」。

募集要項

仕事内容
◾️インターネット広告集客事業部
Seilooサイト更新、サイトの運用サポート、ページ更新、バナーなどの簡易制作、クライアント対応など

◾️カグー事業部部門
マーチャンダイジング、KAGOOサイトの運営管理、商品登録、ページ作成など

◾️カグー事業部外販部門
展示販売会での接客対応、顧客管理、企画立案~運営、仕入先対応など

◾️WEBソリューション事業部
社内外のWEB制作、プロジェクト運営、上記各部署企画~制作開発サポートなど

◾️新規事業部兼社長室
戦略に基づく、今後の事業展開のプロジェクト関連一切

◾️管理部門
採用・研修等の人事業務、労務等の総務業務、社内制度の企画・立案、IR、財務経理業務、契約書の管理や法律に関わる業務等
募集職種
1.総合職、2.販売職、3.事務職、4.技術職
募集対象
専門・高専・短大・大学・大学院を卒業見込みもしくは修了見込みの方
※エクセル、ワード基本操作は必須。
※職種問わず、WEB基本制作(htmlおよびCSS概念知識)出来れば尚可。
募集学部・学科
特になし
給与
【新卒社員】
WEB制作経験者:最低保障年俸240万円~(年俸÷12=月額支給:月給20万円~)
WEB制作未経験者:最低保障年俸222万円~(年俸÷12=月額支給:月給18万円~)
諸手当
業績連動型年俸裁量制、月次報奨特別手当、慶弔見舞金、各種手当あり、通勤費支給月25,000円上限にて定期券現物支給、年次決算業績により賞与有り(2年目より)
勤務地
東京都品川区東五反田5-21-15 メタリオンOSビル2C
JR山手線、都営浅草線、東急池上線「五反田駅」徒歩5分
JR山手線、東急目黒線、東京メトロ南北線「目黒駅」徒歩10分
※家具インテリア販売カグー事業部配属時には、週二日都内近郊の販売会場
勤務時間
9:30~18:30(うち1時間休憩あり)ランチ休憩は自由な時間帯で取得。
休日休暇
シフト制による完全週休2日制(4週8休)、年末年始休暇、GW休暇、夏期休暇、バースデー休暇制度、特別休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇、育児休暇、有給休暇:年間休日日数116日
待遇等
社会保険制度各種完備(雇用保険・労働災害保険・社会保険・厚生年金)、慶弔見舞金、社員割引販売制度、業務災害補償制度、社内外各種研修あり、役職手当、社長賞、健康診断(年1回)、社員旅行、資格取得支援制度
管理責任者以上にはストックオプション制度あり。

 

<社内イベント過去実施例>
河口湖ツアー、スノーボードツアー、沖縄ツアー、屋形船チャーターパーティーなど
そのほか・・・
★セイルーでは、各種制度や待遇を整え、社内イベントを通じて楽しく明るく働きやすい環境作りに努めています。★

WEB×インテリア 人々の“幸せ”を発信していく
日々進化を遂げるテクノロジーと人々の生活に密接したインテリアが融合。他業界と比較し、情報不足な住生活業界に新たな利便性・発見を提供する。
 

会社概要

設立
2004年12月1日
住所
〒141-0022
東京都品川区東五反田5-21-15 メタリオンOSビル2C
資本金
4,460万円
TEL
03-5422-6220(代表)
従業員数
31名
事業内容
■インターネット広告集客サポート事業
■家具インテリアオンライン通販KAGOO EC事業
■高級家具催事販売KAGOO 外販事業
■WEBソリューション事業
■ソーシャルサービス事業

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社セイルー

株式会社セイルー

シェア数 shares

「評価」「働き方」「休み方」社員満足度を高める3本柱

株式会社セイルー 
代表取締役社長 宮島一郎

入社後3年間はたくさんの失敗を経験してほしい

社員満足度が100%になることは永遠にない、と私は思います。その理由は、社員の満足度だけを高めるのではなく、お客様や会社の満足度も高めることもビジネスにおいて大切だからです。社員の満足度が高くても、お客様の満足度が低くては本末転倒ですし、そもそもビジネスをする意味がありません。もちろん、社員とお客様と会社の満足度がすべて100%になれば言うことなしですが、それを成し遂げることは企業経営における永遠のテーマと言ってもいいでしょう。

そして、社員満足度100%を阻むもうひとつの理由がマーケットの変化です。時代の流れとともにマーケットの多様化は進み、お客様が求めるニーズの質や色合いも変わります。その変化に合わせて企業はお客様へのサービスを変える必要がありますし、それに応じて社内体制も変化を迫られます。すると必然的に社員満足度の向上策も改良を重ねなければなりません。つまり、ゴールがないため、社員が100%の満足を得られる日は来ないと思っています。

それでも、社員満足度を高めるプロセスを大切にし、限りなく100%に近づけるための努力は欠かせません。そこで当社で取り組んでいることが3つあります。

そのひとつが人事考課制度です。私は、長く働いているだけの者が、当社に利をもたらせてくれる実力があり結果を出す者より高い評価や収入を得ることはナンセンスだと考えています。そのため、当社では当社の評価基準に応じた評価制度を導入しています。しかし、新卒や第二新卒に限り、入社後の3年間は結果ではなくプロセスによる評価を行っています。 この3年間で数多くの失敗を味わってもらいたいのです。失敗して、叱られて、痛みを知って、悔しい思いをして、そこで学んだことを糧にして失敗を乗り越え、やりがいや満足感を得る。この繰り返しを3年間続けてほしいです。この過程を経験することで4年目以降には必ず結果が出るようになります。

仮に入社3年間で結果が出たとしても、それは一過性のものと捉えるので評価基準とはしません。それよりも、利他主義で、思いやりのある行動ができる人を高く評価しています。当社の企業理念であるチームワークや協調性に重きを置き、当社の中で成長していきたいと思う人は、この3年間でやりがい(生きがい)と満足感を得るための土台を築けるはずです。逆にそのような考えがなく、完全実力主義で収入だけを求める人は、当社には合わないと思います。

株式会社セイルー
ポイント

新卒社員の育成について「昔を否定せず、古き良きものを現代に合うかたちにカスタマイズできる人材に育ってもらうために、日本社会の歴史的な成り立ちも教えていきたい」と話す宮島社長。先人たちをリスペクトする精神を若手社員に継承しています。

“平日もよし、休日もよし” 社員の満足を高める考え方

社員満足度を高める2つ目の取り組みが「働き方改革」です。働き方改革というと社員の長時間労働の是正ばかりがクローズアップされますが、ガイドラインには、フルタイムで働けない主婦の方々等の活躍の場を提供するなどの内容が盛り込まれています。

そのような働き方改革を推進するために、当社では主婦や高齢者を採用する“働く世代のダイバーシティ化”や、リモートワーク(在宅勤務)の導入による“働く場所のダイバーシティ化”を進めています。今後は若手社員が結婚や出産、育児などのライフイベントを迎えることが増えてきます。その時に当社が進めている“働き方のダイバーシティ”がより一層生かされると考えています。ただし新入社員はダイバーシティ勤務は行っておりません。あくまでも社会人として一人前になってからの制度としています。

そして、3つ目の取り組みが「休暇・休日の改良」です。私たちの考え方は“平日もよし、休日もよし” (オン、オフのバランス)。これは、平日は最大のパフォーマンスを発揮して仕事をやり切り、休日はしっかりと休もうというものです。国が提唱・推進している「ポジティブ・オフ運動」(休暇(オフ)を前向き(ポジティブ)にとらえ、休暇を取得しやすい職場環境や雰囲気を整える運動)に賛同しているのも、“平日もよし、休日もよし”があってのものです。

そのような考えのもと、当社では有給休暇の積極的取得を進めています。2019年4月より働き方改革関連法により「年5日の有給休暇の取得義務化」がスタートしますが、それに先立ち当社ではすでにその導入が済んでいます。さらに、有給休暇を取得しやすいように有給休暇を分割できる「半日有休」も取り入れています。

当社はベンチャー企業で、大企業ではありませんが、将来的には大企業を目指し、更には100年企業を目指しています。「絶対に会社を倒産させない」そのために、私たちはダイバーシティーや休日休暇を安定的に運用することで、確固たる組織力と収益力の構築を図っています。

株式会社セイルー
ポイント

リモートワークを積極的に導入している株式会社セイルー。「先日入社した正社員の勤務地は島根県のご自宅が主ですし、執行役員は鳥取在住です」(宮島社長)と“働き方改革”に邁進中です。


“残業ゼロ”“日本一の所得”への挑戦

昔は終電間際まで働く社員が山ほどいた時代もありましたが、今ではどれほど遅くても午後8時30分には退社するように徹底。月の残業時間は多くても30時間ほどに抑えられています。しかし、まだまだ改良の余地はありますし、生産性を落とさずに、いい意味で自分たちを戒めながら、残業時間のさらなる削減に挑んでいます。

私は創業期より「限られた時間内で、最高のパフォーマンスをしよう」とずっと言い続けてきました。長時間労働をすることが美学ではありませんし、常態化の長時間労働によって生まれた成果を評価することはありません。そのことは、全社員の前で明言しています。つまり、長時間労働の是正を通じて、社員たちに時間に対する生産性を意識してもらい、量より質を重視した働き方を浸透させていくことが、今後の課題のひとつだと考えています。

社員満足度を高めるための課題をもうひとつ挙げるとすれば、所得の向上です。現状でも全体平均としては決して低いわけではありませんし、昇給率も高い方であると思っています。しかし、いずれは業界で日本一の所得を得られる会社にしたいという想いは常に持っています。先述した通り、当社では当社の評価基準に沿っての実力に応じた評価制度を導入しているため、社員によっては平均水準を大きく上回る収入を得る社員もいます。

もちろん、その実現ためには収益の拡大が必要です。ましてや当社では新入社員を3年間じっくりと教育する育成システムを導入しているため、それに耐えうる収益構造の強化は欠かせません。当社の企業理念に基づく組織力やビジネスモデルを高めながら、お客様と働く者たちの満足度の向上を実現すること――それが、代表者としての永遠の課題です。

株式会社セイルー
ポイント

「企業の“見える化”は進んでいる」と話す宮島社長。年次予算や教育体系を一冊にまとめた「事業計画書」により企業の情報を社員に包み隠さず発信しています。




宮島一郎 プロフィール

1969年、東京都出身。関東学院大学経済学部を卒業後、株式会社菱食(現・三菱食品株式会社)に入社し、営業やMD(マーチャンダイジング)サポートに従事。2000年に退職し、実家の会社に入社、新規チャネル開拓に携わる。その後、会計財務・ターンアラウンドコンサルティングを経て、現在に至る。好きな言葉は「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」「努力は裏切らない」。

募集要項

仕事内容
◾️インターネット広告集客事業部
Seilooサイト更新、サイトの運用サポート、ページ更新、バナーなどの簡易制作、クライアント対応など

◾️カグー事業部部門
マーチャンダイジング、KAGOOサイトの運営管理、商品登録、ページ作成など

◾️カグー事業部外販部門
展示販売会での接客対応、顧客管理、企画立案~運営、仕入先対応など

◾️WEBソリューション事業部
社内外のWEB制作、プロジェクト運営、上記各部署企画~制作開発サポートなど

◾️新規事業部兼社長室
戦略に基づく、今後の事業展開のプロジェクト関連一切

◾️管理部門
採用・研修等の人事業務、労務等の総務業務、社内制度の企画・立案、IR、財務経理業務、契約書の管理や法律に関わる業務等
募集職種
1.総合職、2.販売職、3.事務職、4.技術職
募集対象
専門・高専・短大・大学・大学院を卒業見込みもしくは修了見込みの方
※エクセル、ワード基本操作は必須。
※職種問わず、WEB基本制作(htmlおよびCSS概念知識)出来れば尚可。
募集学部・学科
特になし
給与
【新卒社員】
WEB制作経験者:最低保障年俸240万円~(年俸÷12=月額支給:月給20万円~)
WEB制作未経験者:最低保障年俸222万円~(年俸÷12=月額支給:月給18万円~)
諸手当
業績連動型年俸裁量制、月次報奨特別手当、慶弔見舞金、各種手当あり、通勤費支給月25,000円上限にて定期券現物支給、年次決算業績により賞与有り(2年目より)
勤務地
東京都品川区東五反田5-21-15 メタリオンOSビル2C
JR山手線、都営浅草線、東急池上線「五反田駅」徒歩5分
JR山手線、東急目黒線、東京メトロ南北線「目黒駅」徒歩10分
※家具インテリア販売カグー事業部配属時には、週二日都内近郊の販売会場
勤務時間
9:30~18:30(うち1時間休憩あり)ランチ休憩は自由な時間帯で取得。
休日休暇
シフト制による完全週休2日制(4週8休)、年末年始休暇、GW休暇、夏期休暇、バースデー休暇制度、特別休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇、育児休暇、有給休暇:年間休日日数116日
待遇等
社会保険制度各種完備(雇用保険・労働災害保険・社会保険・厚生年金)、慶弔見舞金、社員割引販売制度、業務災害補償制度、社内外各種研修あり、役職手当、社長賞、健康診断(年1回)、社員旅行、資格取得支援制度
管理責任者以上にはストックオプション制度あり。

 

<社内イベント過去実施例>
河口湖ツアー、スノーボードツアー、沖縄ツアー、屋形船チャーターパーティーなど
そのほか・・・
★セイルーでは、各種制度や待遇を整え、社内イベントを通じて楽しく明るく働きやすい環境作りに努めています。★

WEB×インテリア 人々の“幸せ”を発信していく
日々進化を遂げるテクノロジーと人々の生活に密接したインテリアが融合。他業界と比較し、情報不足な住生活業界に新たな利便性・発見を提供する。
 

会社概要

設立
2004年12月1日
住所
〒141-0022
東京都品川区東五反田5-21-15 メタリオンOSビル2C
資本金
4,460万円
TEL
03-5422-6220(代表)
従業員数
31名
事業内容
■インターネット広告集客サポート事業
■家具インテリアオンライン通販KAGOO EC事業
■高級家具催事販売KAGOO 外販事業
■WEBソリューション事業
■ソーシャルサービス事業

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ
page top