shares
  • いいね
  • LINE

長谷電工株式会社

長谷電工株式会社

働きやすさは良いコミュニケーションから生まれる

長谷電工株式会社 
代表取締役 長谷 一男

密なコミュニケーションが働きやすい環境づくりの第一歩

近年、社員やアルバイトの働き方の改善が求められています。特に飲食業界では長時間労働や有給休暇の取りづらさが課題となっています。もともと当社は電気施工事業を基盤としているため、以前より労働環境の改善には注力してまいりました。社員やアルバイトの労働時間や休日日数は本社でも管理しているため、無理な働き方があればすぐに改善するようにはたらきかけています。

また社員やアルバイトとのコミュニケーションも重視しています。コミュニケーションが不足してしまうと自分が困ったときに相談しづらくなってしまいます。仕事はチームで行うものですから、お互いに支え合える関係性を築くことが大切だと考えています。

私自身も時間があるときはなるべく店舗に顔を見せるように心がけています。現場に足を運ぶことでちょっとした意見や希望などをアルバイトの方々からも聞くことができます。そのような小さなコミュニケーションを積み上げていきながら、課題改善に努めていきたいです。

長谷電工株式会社
ポイント

終始笑顔で取材に応じてくださった長谷社長。自ら店舗に足を運ぶなど、誰よりも社員とのコミュニケーションを大切にされている様子がうかがえました。

従業員だけでなく、従業員の家族の生活も豊かにしたい

店長候補の方には韓丼の本社である株式会社やる気で開催されている本部研修に参加してもらっています。アルバイトやパートスタッフの方には50時間の研修期間を設け、接客や仕込み、焼き場などそれぞれのポジションの研修を行っています。

人材育成は高いサービスを提供するためにも必要不可欠なものです。私たちの仕事はお客様に召し上がっていただくものをつくることなので、きちんとした教育がなっていないと味にブレが生じてしまいます。また、いきなり現場を任せると本人のプレッシャーにもなってしまうため、自信をもってサービスを提供できるような人材教育を心がけています。

福利厚生に関しては会社でリゾート会員になるなどリフレッシュできる制度を導入しています。これは正社員の方々限定のものなので、アルバイトの方々には本当に気持ち程度なのですが、ボーナスとして還元させていただきました。

人材は企業にとって大きな財産です。私は企業の代表者として当社で働く従業員だけでなく、その家族のことも大切にしていかなければなりません。日頃頑張って働いてくださっているのであれば、きちんと働きを評価しなければなりませんし、給料として還元しなければならないと考えています。

長谷電工株式会社
ポイント

時にはヘルプとして店舗にも立つ長谷社長。指示を出すだけでなく、社員やアルバイトの方々と一緒になってお店を盛り上げたいという気持ちが伝わってきます。


スタッフの意見を吸い上げ、働きやすい環境をつくりたい

韓丼のフランチャイズ店舗運営をはじめたのは2017年。まだまだ日が浅いため、店長やアルバイトの方々に不便をかけているところがたくさんあると思います。現場で働く方々にとって働きやすい環境を整えてあげるためには、ハード面の充実を図ることも大切です。

現場で起こっている課題や問題をきちんと吸い上げるためにも、まずは私自身が現場の実状をきちんと把握していなければなりません。しかし、店舗の実状はお店に足を運んでみないとわかりませんし、気づいてあげることもできません。

なるべく店舗に足を運ぶことでアルバイトの方々の生の声を聞くことに心がけています。私が店舗に足を運べば「社長、こういうところがやりにくいです」「こういうものを導入してほしいです」といった意見が自然と上がってきます。

当社で働いてくれている方々は非常に向上心が高く、色々な意見を言ってくださいます。私自身、店舗はそこで働くメンバーと一緒につくるものだと考えています。これから入社される方々にもみんなで試行錯誤し、「また来たくなるお店」づくりを目指していただきたいです。

長谷電工株式会社
ポイント

社員だけでなく、社員の家族も大切にしたいと語ってくださった長谷社長。その想いは手帳にも記されており、信念の強さが表れていました。


京都発祥のカルビ丼 新しいおいしさを三重県に広げる
京都発祥のカルビ丼とスン豆腐のお店「韓丼」のFC店舗を運営。新しいおいしさに魅了され、地元三重県にもその味を広げるため、新たに飲食事業を展開。全県内への出店を目指し、スタッフとともに日々切磋琢磨する。

会社概要

設立
昭和32年2月27日
住所
〒515-0041 三重県松阪市上川町3639-20
資本金
30,600,000円
TEL
0598-28-7111
事業内容
■飲食事業(カルビ丼とスン豆腐の専門店 韓丼のFC店舗運営)
■電気設備工事、電気通信設備工事、消防設備工事、計装設備工事、防犯設備工事、再生可能エネルギー設備工事、冷暖房設備工事、給排水設備工事の設計、施工管理並びに施工業務
■電気設備、電気通信設備、消防設備、計装設備及び各種機械設備の点検並びに管理業務
■電気設備工事部品、計装設備工事部品、家庭用電気器具、電気通信機器、消防設備機械器具、給排水衛生設備器具の販売
■電設資材、電気機器、電子部品の販売

アールエイチナビTOPへ ▶
長谷電工株式会社

長谷電工株式会社

企業情報独自×成長
シェア数 shares

働きやすさは良いコミュニケーションから生まれる

長谷電工株式会社 
代表取締役 長谷 一男

密なコミュニケーションが働きやすい環境づくりの第一歩

近年、社員やアルバイトの働き方の改善が求められています。特に飲食業界では長時間労働や有給休暇の取りづらさが課題となっています。もともと当社は電気施工事業を基盤としているため、以前より労働環境の改善には注力してまいりました。社員やアルバイトの労働時間や休日日数は本社でも管理しているため、無理な働き方があればすぐに改善するようにはたらきかけています。

また社員やアルバイトとのコミュニケーションも重視しています。コミュニケーションが不足してしまうと自分が困ったときに相談しづらくなってしまいます。仕事はチームで行うものですから、お互いに支え合える関係性を築くことが大切だと考えています。

私自身も時間があるときはなるべく店舗に顔を見せるように心がけています。現場に足を運ぶことでちょっとした意見や希望などをアルバイトの方々からも聞くことができます。そのような小さなコミュニケーションを積み上げていきながら、課題改善に努めていきたいです。

長谷電工株式会社
ポイント

終始笑顔で取材に応じてくださった長谷社長。自ら店舗に足を運ぶなど、誰よりも社員とのコミュニケーションを大切にされている様子がうかがえました。

従業員だけでなく、従業員の家族の生活も豊かにしたい

店長候補の方には韓丼の本社である株式会社やる気で開催されている本部研修に参加してもらっています。アルバイトやパートスタッフの方には50時間の研修期間を設け、接客や仕込み、焼き場などそれぞれのポジションの研修を行っています。

人材育成は高いサービスを提供するためにも必要不可欠なものです。私たちの仕事はお客様に召し上がっていただくものをつくることなので、きちんとした教育がなっていないと味にブレが生じてしまいます。また、いきなり現場を任せると本人のプレッシャーにもなってしまうため、自信をもってサービスを提供できるような人材教育を心がけています。

福利厚生に関しては会社でリゾート会員になるなどリフレッシュできる制度を導入しています。これは正社員の方々限定のものなので、アルバイトの方々には本当に気持ち程度なのですが、ボーナスとして還元させていただきました。

人材は企業にとって大きな財産です。私は企業の代表者として当社で働く従業員だけでなく、その家族のことも大切にしていかなければなりません。日頃頑張って働いてくださっているのであれば、きちんと働きを評価しなければなりませんし、給料として還元しなければならないと考えています。

長谷電工株式会社
ポイント

時にはヘルプとして店舗にも立つ長谷社長。指示を出すだけでなく、社員やアルバイトの方々と一緒になってお店を盛り上げたいという気持ちが伝わってきます。


スタッフの意見を吸い上げ、働きやすい環境をつくりたい

韓丼のフランチャイズ店舗運営をはじめたのは2017年。まだまだ日が浅いため、店長やアルバイトの方々に不便をかけているところがたくさんあると思います。現場で働く方々にとって働きやすい環境を整えてあげるためには、ハード面の充実を図ることも大切です。

現場で起こっている課題や問題をきちんと吸い上げるためにも、まずは私自身が現場の実状をきちんと把握していなければなりません。しかし、店舗の実状はお店に足を運んでみないとわかりませんし、気づいてあげることもできません。

なるべく店舗に足を運ぶことでアルバイトの方々の生の声を聞くことに心がけています。私が店舗に足を運べば「社長、こういうところがやりにくいです」「こういうものを導入してほしいです」といった意見が自然と上がってきます。

当社で働いてくれている方々は非常に向上心が高く、色々な意見を言ってくださいます。私自身、店舗はそこで働くメンバーと一緒につくるものだと考えています。これから入社される方々にもみんなで試行錯誤し、「また来たくなるお店」づくりを目指していただきたいです。

長谷電工株式会社
ポイント

社員だけでなく、社員の家族も大切にしたいと語ってくださった長谷社長。その想いは手帳にも記されており、信念の強さが表れていました。



京都発祥のカルビ丼 新しいおいしさを三重県に広げる
京都発祥のカルビ丼とスン豆腐のお店「韓丼」のFC店舗を運営。新しいおいしさに魅了され、地元三重県にもその味を広げるため、新たに飲食事業を展開。全県内への出店を目指し、スタッフとともに日々切磋琢磨する。

会社概要

設立
昭和32年2月27日
住所
〒515-0041 三重県松阪市上川町3639-20
資本金
30,600,000円
TEL
0598-28-7111
事業内容
■飲食事業(カルビ丼とスン豆腐の専門店 韓丼のFC店舗運営)
■電気設備工事、電気通信設備工事、消防設備工事、計装設備工事、防犯設備工事、再生可能エネルギー設備工事、冷暖房設備工事、給排水設備工事の設計、施工管理並びに施工業務
■電気設備、電気通信設備、消防設備、計装設備及び各種機械設備の点検並びに管理業務
■電気設備工事部品、計装設備工事部品、家庭用電気器具、電気通信機器、消防設備機械器具、給排水衛生設備器具の販売
■電設資材、電気機器、電子部品の販売

シェア数 shares
  • facebookいいね
  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ
page top