shares
  • いいね
  • LINE

サン・ライズ・システムズ株式会社

サン・ライズ・システムズ株式会社

社員が辞めない会社づくり-圧倒的な離職率の低さの理由-

サン・ライズ・システムズ株式会社 
代表取締役会長 足立 靖之

付加価値の高い仕事は、賃金以上のものを生み出す

2017年、当社における最も大きな変化は東京支店が移転したことです。東京の拠点を、泉岳寺から五反田へと移しました。社員の数が増え、フロア面積も以前より5~6倍は広くなりました。セキュリティ面も強化し、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を取得しました。しかし、私はまだまだ会社を成長させなければなりません。その上で最も大きな課題は人材の不足です。仕事があっても、それをこなす人員がいなければ、仕事を完遂することはできません。

IT業界は全体的に人が不足しており、特にある一定以上のレベルの人材が不足しています。当社では人材を育成するとき、研修よりもまずは現場で学ぶことと、付加価値の高い仕事を与えることに注力しています。研修でITの知識を体系的に学ぶよりも、実際に現場に出て、壁にぶつかりながらでも努力していったほうが、確実に力はつくからです。座学よりも現場での経験のほうが成長するスピードが速くなることは想像に難くないでしょう。経験に勝るものはないのです。

そして付加価値の高い仕事を与えることも、社員の教育には欠かせません。やりがいとは、なにも賃金からのみ得られるものではありません。より自分に力がつく案件や、名の知れた企業の案件など、その人にとって付加価値の高い仕事を与えることもやりがいに繋がります。そうして最先端の技術に触れ、お客様から信頼を得られるようになると仕事を楽しいと感じるようになります。そうすると自然とその人の知識も技術力も上がり、グレードも上がるのです。

サン・ライズ・システムズ株式会社
ポイント

当社は百貨店のイメージ。幅広い仕事を手掛けたいとの考えから、技術と人間性を兼ね備えた総合力のある人材ならば、すぐにでも採用したいとおっしゃっていました

フェアな評価をしたい 新卒4年目から年俸制へ

私が口を酸っぱくして言っているのが、「ひとりも離職者を出さない」ということです。そして、実際に当社の離職率はとても低くなっています。

離職率低減の要因はいくつかあります。やりがいのある、付加価値の高い仕事を与えることもそのひとつですが、当社はその仕事の成果に応じた公正な評価を行っています。当社は完全な実力主義です。性別、国籍、中途入社などの差別は一切ありません。公正に社員を評価する制度として、当社は年俸制を導入しています。新卒社員に関しても、入社4年目から給与を年俸制に移行します。なぜなら、社歴や年齢が評価基準になる給与体系は絶対にアンフェアだと思うからです。肩書に関係なく、能力があり、成果を上げた社員には相応の対価を与える方が断然フェアです

そして、離職率の低さに最も大きな影響を与えているのが人間関係です。当社はチームワークを重視しており、大きな仕事には社員全員で取り組みます。しかし、入社してくる人のなかには技術があってもチームプレーは苦手だという人もいます。当社ではそういった人もきちんと教育し、育てていきます。人には誰にでも得手不得手があります。その社員に適する仕事を社内で探し、適合する仕事を与えています。こうした教育は上司が部下に行うものです。そして、当社では上司の部下に対するケアが行き届いています。

サン・ライズ・システムズ株式会社
ポイント

年に一回、1泊2日で行う社員総会では豪華な料理が振舞われます。普段はなかなか話せない経営陣と話せる交流の場でもあり、楽しみにしている社員も多いです。


一緒に会社をトップ企業へと導いてほしい

当社は今後、国内外に支店展開をしていく可能性が高いです。拡大戦略を採って会社を大きくしていくのは、社員たちに与えられるポストを増やすためです。社員の年齢が高くなったときに、部長や課長などの要職が埋まっているようでは、社員たちの成長やモチベーションを阻害してしまいます。私は絶対に、社員たちをそのような状況には置きたくありません。

これからの当社のキーワードは「原点回帰」です。私は現状に満足していません。今後、より会社を発展させるためにも、ここで一度原点に帰る必要があると感じています。重要なのはやはり人材を増やすことですが、特に新卒採用を増やしていくつもりです。私は基本的に入社してくる社員は、余計な知識のないまっさらな状態の方が良いと思っています。そこからきちんと会社全体で教育をしていける環境があるからです。

私が今後社員に求めることは二つあります。一つはスキルを高め、資格を取得することです。当社は資格保有率をオープンにしているため、保有者が多ければ企業のネームバリューに繋がります。ネームバリューが高くなれば、仕事のグレードも高くなりますし、社員にやりがいのある仕事を与えることができるからです。

そしてもう一つが、リーダーとなる人材です。リーダーは当社で最も不足しており、社員が増えてもそれを教育する立場の社員が増えなければ、会社は大きくなりません。私が考える、リーダーに最も必要な能力はコミュニケーション能力です。この能力はぜひ、今後入社される方にも期待したいです。

私が代表を務める限り、企業拡大の歩みを止めるつもりはありません。当社のことをよく知り、この企業をトップ企業にしたいという気概のある方と一緒に働きたいと思っています。

サン・ライズ・システムズ株式会社
ポイント

サン・ライズ・システムズのコーポレートカラーはレッドとブルー。レッドは「情熱」、ブルーは「沈着冷静」を表現しているそうです。


高い技術力で大企業にも伍するシステムインテグレーター
経営テーマは「創意・挑戦・共有・貢献・希望」。大手企業をはじめクライアントのニーズに応じた企画提案からシステム開発・運用支援までを一貫して行う。名古屋に本社を構え、東京と石川に支店を展開。

会社概要

設立
2003年12月3日
住所
〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19番29号
資本金
4,100万円
TEL
052-588-3288
従業員数
113名(平成30年2月)
事業内容
コンピューターシステムに関するコンサルタント並びにシステムの構築、ソフトウェア開発等のシステムインテグレーション、ソリューション事業

アールエイチナビTOPへ ▶
サン・ライズ・システムズ株式会社

サン・ライズ・システムズ株式会社

企業情報独自×成長
シェア数 shares

社員が辞めない会社づくり-圧倒的な離職率の低さの理由-

サン・ライズ・システムズ株式会社 
代表取締役会長 足立 靖之

付加価値の高い仕事は、賃金以上のものを生み出す

2017年、当社における最も大きな変化は東京支店が移転したことです。東京の拠点を、泉岳寺から五反田へと移しました。社員の数が増え、フロア面積も以前より5~6倍は広くなりました。セキュリティ面も強化し、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を取得しました。しかし、私はまだまだ会社を成長させなければなりません。その上で最も大きな課題は人材の不足です。仕事があっても、それをこなす人員がいなければ、仕事を完遂することはできません。

IT業界は全体的に人が不足しており、特にある一定以上のレベルの人材が不足しています。当社では人材を育成するとき、研修よりもまずは現場で学ぶことと、付加価値の高い仕事を与えることに注力しています。研修でITの知識を体系的に学ぶよりも、実際に現場に出て、壁にぶつかりながらでも努力していったほうが、確実に力はつくからです。座学よりも現場での経験のほうが成長するスピードが速くなることは想像に難くないでしょう。経験に勝るものはないのです。

そして付加価値の高い仕事を与えることも、社員の教育には欠かせません。やりがいとは、なにも賃金からのみ得られるものではありません。より自分に力がつく案件や、名の知れた企業の案件など、その人にとって付加価値の高い仕事を与えることもやりがいに繋がります。そうして最先端の技術に触れ、お客様から信頼を得られるようになると仕事を楽しいと感じるようになります。そうすると自然とその人の知識も技術力も上がり、グレードも上がるのです。

サン・ライズ・システムズ株式会社
ポイント

当社は百貨店のイメージ。幅広い仕事を手掛けたいとの考えから、技術と人間性を兼ね備えた総合力のある人材ならば、すぐにでも採用したいとおっしゃっていました

フェアな評価をしたい 新卒4年目から年俸制へ

私が口を酸っぱくして言っているのが、「ひとりも離職者を出さない」ということです。そして、実際に当社の離職率はとても低くなっています。

離職率低減の要因はいくつかあります。やりがいのある、付加価値の高い仕事を与えることもそのひとつですが、当社はその仕事の成果に応じた公正な評価を行っています。当社は完全な実力主義です。性別、国籍、中途入社などの差別は一切ありません。公正に社員を評価する制度として、当社は年俸制を導入しています。新卒社員に関しても、入社4年目から給与を年俸制に移行します。なぜなら、社歴や年齢が評価基準になる給与体系は絶対にアンフェアだと思うからです。肩書に関係なく、能力があり、成果を上げた社員には相応の対価を与える方が断然フェアです

そして、離職率の低さに最も大きな影響を与えているのが人間関係です。当社はチームワークを重視しており、大きな仕事には社員全員で取り組みます。しかし、入社してくる人のなかには技術があってもチームプレーは苦手だという人もいます。当社ではそういった人もきちんと教育し、育てていきます。人には誰にでも得手不得手があります。その社員に適する仕事を社内で探し、適合する仕事を与えています。こうした教育は上司が部下に行うものです。そして、当社では上司の部下に対するケアが行き届いています。

サン・ライズ・システムズ株式会社
ポイント

年に一回、1泊2日で行う社員総会では豪華な料理が振舞われます。普段はなかなか話せない経営陣と話せる交流の場でもあり、楽しみにしている社員も多いです。


一緒に会社をトップ企業へと導いてほしい

当社は今後、国内外に支店展開をしていく可能性が高いです。拡大戦略を採って会社を大きくしていくのは、社員たちに与えられるポストを増やすためです。社員の年齢が高くなったときに、部長や課長などの要職が埋まっているようでは、社員たちの成長やモチベーションを阻害してしまいます。私は絶対に、社員たちをそのような状況には置きたくありません。

これからの当社のキーワードは「原点回帰」です。私は現状に満足していません。今後、より会社を発展させるためにも、ここで一度原点に帰る必要があると感じています。重要なのはやはり人材を増やすことですが、特に新卒採用を増やしていくつもりです。私は基本的に入社してくる社員は、余計な知識のないまっさらな状態の方が良いと思っています。そこからきちんと会社全体で教育をしていける環境があるからです。

私が今後社員に求めることは二つあります。一つはスキルを高め、資格を取得することです。当社は資格保有率をオープンにしているため、保有者が多ければ企業のネームバリューに繋がります。ネームバリューが高くなれば、仕事のグレードも高くなりますし、社員にやりがいのある仕事を与えることができるからです。

そしてもう一つが、リーダーとなる人材です。リーダーは当社で最も不足しており、社員が増えてもそれを教育する立場の社員が増えなければ、会社は大きくなりません。私が考える、リーダーに最も必要な能力はコミュニケーション能力です。この能力はぜひ、今後入社される方にも期待したいです。

私が代表を務める限り、企業拡大の歩みを止めるつもりはありません。当社のことをよく知り、この企業をトップ企業にしたいという気概のある方と一緒に働きたいと思っています。

サン・ライズ・システムズ株式会社
ポイント

サン・ライズ・システムズのコーポレートカラーはレッドとブルー。レッドは「情熱」、ブルーは「沈着冷静」を表現しているそうです。



高い技術力で大企業にも伍するシステムインテグレーター
経営テーマは「創意・挑戦・共有・貢献・希望」。大手企業をはじめクライアントのニーズに応じた企画提案からシステム開発・運用支援までを一貫して行う。名古屋に本社を構え、東京と石川に支店を展開。

会社概要

設立
2003年12月3日
住所
〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19番29号
資本金
4,100万円
TEL
052-588-3288
従業員数
113名(平成30年2月)
事業内容
コンピューターシステムに関するコンサルタント並びにシステムの構築、ソフトウェア開発等のシステムインテグレーション、ソリューション事業

シェア数 shares
  • facebookいいね
  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ
page top