shares
  • いいね
  • LINE

株式会社ユニオンメディアサービス

株式会社ユニオンメディアサービス

朝礼や終礼を廃止へ 「よく働き、よく遊ぶ」環境づくり

株式会社ユニオンメディアサービス 
代表取締役 香取 豊

遊び心を大事にする――その生き様を伝えたい

私のような昭和を生き抜いてきた人間は、とにかくがむしゃらに働いてきました。ところが、時代の移り変わりとともに、働き方も一変。特に、コンプライアンス(法令遵守)に対する世間の目は非常に厳しいものになってきました。そのため、若手社員がコンプライアンスをしっかりを守れるように教育し、今の時代に適した人材へ育てていかなければなりません。
 
当社では、社員の育成において、お客様への礼儀作法をとても大切にしています。親会社であるメーカーから講師を頻繁に招いては、お客様との接し方や訪問時の所作などを徹底指導。それにより、社員たちの法令遵守への意識を高めています。また、営業スキルに関しては、現場経験の豊富な先輩社員を教育係として、新人でも3カ月ほどで一人前になれるように育成を進めています。
 
一人前になった後は、“よく働き、よく遊ぶ”社員になってほしいです。そして、入社3~5年で自分の家を建てて、家族や子どもと一緒に幸せな家庭を築いてもらいたいです。なぜなら、それが私の生き方だからです。私はがむしゃらに働いてきた一方で、遊び心も忘れませんでした。同じように、平成を生きる人たちにも遊び心を大事にしてもらいたい。当社の社員には、そのような生き様を教えてあげたいです。
 
もちろん、それは簡単なことではありません。私たちのいる紙媒体の業界は、インターネットの普及によって縮小しています。私がこの業界に携わって40年余り、新聞の普及率もどんどん低下しています。あぐらをかいていれば、結果は落ちる一方です。しかし、そんな時代だからこそ、今までで一番ワクワクしています。新聞を読まない層を開拓し、紙媒体で生き残っていきたいという想いがものすごく強いからです。その生き様を若い社員たちに見せながら、この業界で成功する方法を伝えていきたいです。

株式会社ユニオンメディアサービス
ポイント

自社ビル建設の際、地下にカラオケルームを設けた香取社長。遊び心を忘れない一面が、自社ビルにも表れています。

これまでのルールは廃止 時代に合わせた柔軟な対応

先ほども述べたとおり、社員たちの働き方は、私が現場でやっていた時代とはまったく違うものになりました。そのように様変わりする時代に合わせて、当社の在り方も柔軟に変わっていって然るべきだと思っています。
 
当社は以前、制服を着て営業に出ていたことをはじめ、規則やルールでがんじがらめにしていました。それこそ、“右向け、右”と命じれば社員全員が右を向くような会社でした。
 
しかし、今後はそのような規則やルールを取っ払っていかなければならないと思います。その皮切りとして、毎日朝と夕方に行っている朝礼と終礼を今年(2018年)から廃止するつもりです。他にも、社員の働きやすさに結び付く取り組みがあれば、どんどん着手していきます。
 
そして、型にはめたり時間で縛ったりするのではなく、社員一人ひとりの個性を尊重し、長所を伸ばしていくような柔軟な会社になる――それが、当社の課題です。正直のところ、その課題の解決策は模索中ですが、私自身がこれから勉強し、試行錯誤を重ねることで、社員が個性を発揮できる会社に変えていきたいです。

株式会社ユニオンメディアサービス
ポイント

その他の課題に「営業と販売店の壁を取り払うこと」と挙げた香取社長。その一環として、月に1回食事会を開き、双方のコミュニケーションを活性化しているそうです。


若手社員だけのチームを結成 個性を伸ばす組織づくり

現在、当社で試験的に行っているのが、若手だけのチームをつくることです。リーダーも若手を抜擢し、メンバーも新人や若手社員のみ。プロや経験豊富な人材は一切関与させていません。
 
この取り組みの目的は、若手社員が自由闊達に意見を言え、のびのびと働けるようにすることです。そのため、礼儀作法や本社からの意向を受け入れるのは最低限にとどめています。月に1度は、私と一緒に食事に行き、近況などは聞きますが、こちらから「ああしろ、こうしろ」とは決して言いません。過去の私の経験談など言語道断です。
 
先述のとおり、これまでは社員たちを型にはめてきました。しかし、これからは若手社員が意見を言える環境をつくっていかなければなりません。なぜなら、個性がキラリと輝く人材でなければ、お客様から相手にされないからです。私の役割は、その個性を育むために、若手社員の意見にしっかりと耳を傾け、若手同士で切磋琢磨して育っていける環境を整えていくことです。
 
以上のような取り組みを通じて、若手社員たちには時代に適した営業スタイルを身につけてもらいたいです。それが習得できれば、どれほど厳しい状況下であっても必ず生き残っていけるはずです。そして、“よく働き、よく遊ぶ”。仕事もプライベートも充実させて、豊かな人生を歩んでもらいたい。その結果、10年後、20年後、彼らの行く末で「ユニオンメディアサービスに入ってよかったな」と思ってもらえることが、私の夢です。

株式会社ユニオンメディアサービス
ポイント

「一度だけでもやってみたいという人に入社してほしい」と語る香取社長。「今は目標がない人でも、当社なら目標を見つけられるはず」と笑顔でおっしゃっていたのが印象的でした。


高い販売実績を誇る新聞販売セールス専門会社
東海地区で高い販売実績を誇る、新聞の購読契約営業を行うセールス専門の会社。『社員一人一人のイキイキとした「いま」「未来」をつくる』をテーマに、みんなで幸せになれる会社を目指す。

会社概要

住所
■本社
〒471-0076
愛知県豊田市久保町2丁目4番10 UMSビル

■名古屋支部
〒460-0003
名古屋市中区錦1丁目10-12 ハットリビル10F
TEL
■本社
0565-32-3260
事業内容
新聞購読契約の営業代行、新聞の販売促進業務

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社ユニオンメディアサービス

株式会社ユニオンメディアサービス

企業情報若手×挑戦
シェア数 shares

朝礼や終礼を廃止へ 「よく働き、よく遊ぶ」環境づくり

株式会社ユニオンメディアサービス 
代表取締役 香取 豊

遊び心を大事にする――その生き様を伝えたい

私のような昭和を生き抜いてきた人間は、とにかくがむしゃらに働いてきました。ところが、時代の移り変わりとともに、働き方も一変。特に、コンプライアンス(法令遵守)に対する世間の目は非常に厳しいものになってきました。そのため、若手社員がコンプライアンスをしっかりを守れるように教育し、今の時代に適した人材へ育てていかなければなりません。
 
当社では、社員の育成において、お客様への礼儀作法をとても大切にしています。親会社であるメーカーから講師を頻繁に招いては、お客様との接し方や訪問時の所作などを徹底指導。それにより、社員たちの法令遵守への意識を高めています。また、営業スキルに関しては、現場経験の豊富な先輩社員を教育係として、新人でも3カ月ほどで一人前になれるように育成を進めています。
 
一人前になった後は、“よく働き、よく遊ぶ”社員になってほしいです。そして、入社3~5年で自分の家を建てて、家族や子どもと一緒に幸せな家庭を築いてもらいたいです。なぜなら、それが私の生き方だからです。私はがむしゃらに働いてきた一方で、遊び心も忘れませんでした。同じように、平成を生きる人たちにも遊び心を大事にしてもらいたい。当社の社員には、そのような生き様を教えてあげたいです。
 
もちろん、それは簡単なことではありません。私たちのいる紙媒体の業界は、インターネットの普及によって縮小しています。私がこの業界に携わって40年余り、新聞の普及率もどんどん低下しています。あぐらをかいていれば、結果は落ちる一方です。しかし、そんな時代だからこそ、今までで一番ワクワクしています。新聞を読まない層を開拓し、紙媒体で生き残っていきたいという想いがものすごく強いからです。その生き様を若い社員たちに見せながら、この業界で成功する方法を伝えていきたいです。

株式会社ユニオンメディアサービス
ポイント

自社ビル建設の際、地下にカラオケルームを設けた香取社長。遊び心を忘れない一面が、自社ビルにも表れています。

これまでのルールは廃止 時代に合わせた柔軟な対応

先ほども述べたとおり、社員たちの働き方は、私が現場でやっていた時代とはまったく違うものになりました。そのように様変わりする時代に合わせて、当社の在り方も柔軟に変わっていって然るべきだと思っています。
 
当社は以前、制服を着て営業に出ていたことをはじめ、規則やルールでがんじがらめにしていました。それこそ、“右向け、右”と命じれば社員全員が右を向くような会社でした。
 
しかし、今後はそのような規則やルールを取っ払っていかなければならないと思います。その皮切りとして、毎日朝と夕方に行っている朝礼と終礼を今年(2018年)から廃止するつもりです。他にも、社員の働きやすさに結び付く取り組みがあれば、どんどん着手していきます。
 
そして、型にはめたり時間で縛ったりするのではなく、社員一人ひとりの個性を尊重し、長所を伸ばしていくような柔軟な会社になる――それが、当社の課題です。正直のところ、その課題の解決策は模索中ですが、私自身がこれから勉強し、試行錯誤を重ねることで、社員が個性を発揮できる会社に変えていきたいです。

株式会社ユニオンメディアサービス
ポイント

その他の課題に「営業と販売店の壁を取り払うこと」と挙げた香取社長。その一環として、月に1回食事会を開き、双方のコミュニケーションを活性化しているそうです。


若手社員だけのチームを結成 個性を伸ばす組織づくり

現在、当社で試験的に行っているのが、若手だけのチームをつくることです。リーダーも若手を抜擢し、メンバーも新人や若手社員のみ。プロや経験豊富な人材は一切関与させていません。
 
この取り組みの目的は、若手社員が自由闊達に意見を言え、のびのびと働けるようにすることです。そのため、礼儀作法や本社からの意向を受け入れるのは最低限にとどめています。月に1度は、私と一緒に食事に行き、近況などは聞きますが、こちらから「ああしろ、こうしろ」とは決して言いません。過去の私の経験談など言語道断です。
 
先述のとおり、これまでは社員たちを型にはめてきました。しかし、これからは若手社員が意見を言える環境をつくっていかなければなりません。なぜなら、個性がキラリと輝く人材でなければ、お客様から相手にされないからです。私の役割は、その個性を育むために、若手社員の意見にしっかりと耳を傾け、若手同士で切磋琢磨して育っていける環境を整えていくことです。
 
以上のような取り組みを通じて、若手社員たちには時代に適した営業スタイルを身につけてもらいたいです。それが習得できれば、どれほど厳しい状況下であっても必ず生き残っていけるはずです。そして、“よく働き、よく遊ぶ”。仕事もプライベートも充実させて、豊かな人生を歩んでもらいたい。その結果、10年後、20年後、彼らの行く末で「ユニオンメディアサービスに入ってよかったな」と思ってもらえることが、私の夢です。

株式会社ユニオンメディアサービス
ポイント

「一度だけでもやってみたいという人に入社してほしい」と語る香取社長。「今は目標がない人でも、当社なら目標を見つけられるはず」と笑顔でおっしゃっていたのが印象的でした。



高い販売実績を誇る新聞販売セールス専門会社
東海地区で高い販売実績を誇る、新聞の購読契約営業を行うセールス専門の会社。『社員一人一人のイキイキとした「いま」「未来」をつくる』をテーマに、みんなで幸せになれる会社を目指す。

会社概要

住所
■本社
〒471-0076
愛知県豊田市久保町2丁目4番10 UMSビル

■名古屋支部
〒460-0003
名古屋市中区錦1丁目10-12 ハットリビル10F
TEL
■本社
0565-32-3260
事業内容
新聞購読契約の営業代行、新聞の販売促進業務

シェア数 shares
  • facebookいいね
  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ
page top