shares
  • いいね
  • LINE

株式会社T-KEI

 株式会社T-KEI

社員とともに悩み、ともに考え抜く~高い定着率の理由~

株式会社T-KEI 
代表取締役 伊藤 健二

「辞めたい」と言い出した社員が辞めない要因

当社の自慢は、定着率の高さです。

離職率の高さが問題視される建築業界にあって、当社の離職率はかなり低い水準を保っています。勤続年数7、8年の社員がとても多く、なかには10年を超える社員も活躍しています。

もちろん、当社の仕事は楽しさだけで満ちているわけではありません。正直、つらい業務も多いです。「辞めたい」と打ち明ける社員もいます。それでも辞めずに、現在も一緒に働いてくれています。

なぜ、みんな辞めずに続けてくれるのか――それを考えると、思い当たる節がいくつかあります。まずひとつが、頻繁に行っている個人面談です。

11年前に会社を設立して以来、少しでも浮かない顔をしている社員を見かけたら、すぐに声をかけて食事に誘い、相談に乗ってきました。原因が仕事であろうと、プライベートであろうと、一緒に悩み、解決策を考える。そのような個人面談を繰り返し行ってきました。その積み重ねが、定着率の高さにつながっているのだと思います。

居心地の良さも、社員が長く働いてくれる要因です。

実は、数年ほど前に、社歴の長い社員だけが居心地がよく、若手がなかなか馴染めない環境だった時期がありました。「これを続けていては、この会社がダメになる」。社員全員にそう伝え続けたことで、職場環境は次第に改善。社員たちの協力もあり、全社員にとって居心地の良い職場環境に生まれ変わることができました。

 株式会社T-KEI
ポイント

伊藤社長の“一緒に働きたい人物像”は、失敗を恐れず、前向きに仕事に取り組む人。「入社当初はネガティブ思考でも、必ずポジティブ思考に変えてみせます」とおっしゃっていました。

仕事だけでなく、私生活も充実する教育を実践

お互いのプライベートを大切に考える社風も高い定着率につながる要因のひとつです。

当社の仕事は、工事現場など使う足場を施工することです。現場での仕事が終わると会社に戻り、翌日に使う資材をトラックに積み込みます。仕事が速い社員であれば、15時に現場を引き上げ、16時に会社に戻り積み込み作業を始めます。その一方で、仕事に時間を要してしまう社員の場合、会社に戻ってくる時間は遅くなってしまいます。

社員にはそれぞれプライベートがあります。たとえば、恋人の誕生日という大事な日に仕事が原因で帰りが遅くなってしまい、それが原因で喧嘩に発展したら心苦しいかぎりです。

その事態は未然に防ぎたい。その想いのもと、当社では自分だけではなく、同僚のプライベートの時間も大切にする意識が根付いています。積み込みが早く終わった人間は積極的に別の社員を手伝いますし、恋人の誕生日だから18時に帰りたいという社員がいれば、早く帰れるように最大限の配慮をします。

人を育てる際も、仕事だけでなく、プライベートの面も教育したいと考えています。

日頃の挨拶や礼儀作法はもちろん、社員がしっかりと家庭を築き、子供を育てていくところまで教えたい。そして、ゆくゆくは社員の家族や親御さんを会社に招くイベントなどを開催して、家族ぐるみの関係を築きたいです。

このように、社員のプライベートを充実させていくことも、私の役割の一つだと考えています。

 株式会社T-KEI
ポイント

社内イベントが盛んな株式会社T-KEI。社員旅行で下呂温泉に足を運んだり、食事会を頻繁に開催したりと、社員同士の絆を強める取り組みも積極的に行っています。


会社の発展が社員の幸せにつながる

私が最も嫌なのは、体力の限界を理由に社員が仕事を辞めていくことです。これだけは絶対に避けなければなりません。

60歳の職人さんに、体力が有り余っている20代の職人と同じ業務をしている姿を思い浮かべてください。20歳の職人と同じようにこなすのが難しいことは簡単にイメージできるはずです。実際、この仕事を60歳までやっていける人はほとんどいません。

しかし、60歳の職人さんには豊富な経験に裏打ちされた知識とノウハウがあります。今後は、そのような経験が生かせるポジションを新たにつくることで、体力面に不安を感じる社員たちが長く勤められる会社にしたいと考えています。

新しいポジションをつくることは、若手の職人のためでもあります。

当社には22歳になる若い職人がいます。彼は16歳から当社で働き始め、たゆまぬ努力と多く経験を重ねてきました。そんな彼が30代になる10年後も職人の仕事しか与えられない会社でしかなかったら、彼の豊かな将来を奪ってしまいかねません。

これも絶対に避けなければなりません。だからこそ、大きな案件を束ねる管理職や営業所の所長といった新しいポジションを増やし、社員がキャリアアップできる会社にしていかなければなりません。

そして、そのような会社になるには、一にも二にも会社の成長です。11年前、私は幼なじみを誘って当社を立ち上げました。最初は2人だけの小さな会社でした。それでも、現在では社員数が増え、会社も少しずつ成長してきました。

今後は50人、100人と仲間を増やし、会社をさらに発展させることで、社員に新たな役割を与えたり、現状よりも良い待遇をもたらしたい。そして、それぞれの社員が幸せで豊かな人生が送れる会社にすることが、私の責務だと考えています。

 株式会社T-KEI
ポイント

「働きやすい職場はなんでも相談できる環境」だと語る伊藤社長。親しみ深い社長をはじめ、社員と上司の距離が非常に近く、ちょっとしたことでも相談できる組織風土も株式会社T-KEIの魅力です。


建築現場には欠かせない「足場」のスペシャリスト
東海3県を中心に、足場工事、足場レンタル、足場施工事業を展開。安全かつ安心な施工により高い顧客満足度を実現している。「お試し入社」を実施するなど、入社後のミスマッチ防止対策も積極的。

会社概要

設立
2006年4月1日(創業)
住所
〒491-0926 愛知県一宮市大和町北高井字円小坊149番地
資本金
300万円
TEL
0586-47-7811
従業員数
17人(2017年11月現在)
事業内容
■足場工事
■足場レンタル
■足場施工

アールエイチナビTOPへ ▶
 株式会社T-KEI

株式会社T-KEI

企業情報独自×成長
シェア数 shares

社員とともに悩み、ともに考え抜く~高い定着率の理由~

株式会社T-KEI 
代表取締役 伊藤 健二

「辞めたい」と言い出した社員が辞めない要因

当社の自慢は、定着率の高さです。

離職率の高さが問題視される建築業界にあって、当社の離職率はかなり低い水準を保っています。勤続年数7、8年の社員がとても多く、なかには10年を超える社員も活躍しています。

もちろん、当社の仕事は楽しさだけで満ちているわけではありません。正直、つらい業務も多いです。「辞めたい」と打ち明ける社員もいます。それでも辞めずに、現在も一緒に働いてくれています。

なぜ、みんな辞めずに続けてくれるのか――それを考えると、思い当たる節がいくつかあります。まずひとつが、頻繁に行っている個人面談です。

11年前に会社を設立して以来、少しでも浮かない顔をしている社員を見かけたら、すぐに声をかけて食事に誘い、相談に乗ってきました。原因が仕事であろうと、プライベートであろうと、一緒に悩み、解決策を考える。そのような個人面談を繰り返し行ってきました。その積み重ねが、定着率の高さにつながっているのだと思います。

居心地の良さも、社員が長く働いてくれる要因です。

実は、数年ほど前に、社歴の長い社員だけが居心地がよく、若手がなかなか馴染めない環境だった時期がありました。「これを続けていては、この会社がダメになる」。社員全員にそう伝え続けたことで、職場環境は次第に改善。社員たちの協力もあり、全社員にとって居心地の良い職場環境に生まれ変わることができました。

 株式会社T-KEI
ポイント

伊藤社長の“一緒に働きたい人物像”は、失敗を恐れず、前向きに仕事に取り組む人。「入社当初はネガティブ思考でも、必ずポジティブ思考に変えてみせます」とおっしゃっていました。

仕事だけでなく、私生活も充実する教育を実践

お互いのプライベートを大切に考える社風も高い定着率につながる要因のひとつです。

当社の仕事は、工事現場など使う足場を施工することです。現場での仕事が終わると会社に戻り、翌日に使う資材をトラックに積み込みます。仕事が速い社員であれば、15時に現場を引き上げ、16時に会社に戻り積み込み作業を始めます。その一方で、仕事に時間を要してしまう社員の場合、会社に戻ってくる時間は遅くなってしまいます。

社員にはそれぞれプライベートがあります。たとえば、恋人の誕生日という大事な日に仕事が原因で帰りが遅くなってしまい、それが原因で喧嘩に発展したら心苦しいかぎりです。

その事態は未然に防ぎたい。その想いのもと、当社では自分だけではなく、同僚のプライベートの時間も大切にする意識が根付いています。積み込みが早く終わった人間は積極的に別の社員を手伝いますし、恋人の誕生日だから18時に帰りたいという社員がいれば、早く帰れるように最大限の配慮をします。

人を育てる際も、仕事だけでなく、プライベートの面も教育したいと考えています。

日頃の挨拶や礼儀作法はもちろん、社員がしっかりと家庭を築き、子供を育てていくところまで教えたい。そして、ゆくゆくは社員の家族や親御さんを会社に招くイベントなどを開催して、家族ぐるみの関係を築きたいです。

このように、社員のプライベートを充実させていくことも、私の役割の一つだと考えています。

 株式会社T-KEI
ポイント

社内イベントが盛んな株式会社T-KEI。社員旅行で下呂温泉に足を運んだり、食事会を頻繁に開催したりと、社員同士の絆を強める取り組みも積極的に行っています。


会社の発展が社員の幸せにつながる

私が最も嫌なのは、体力の限界を理由に社員が仕事を辞めていくことです。これだけは絶対に避けなければなりません。

60歳の職人さんに、体力が有り余っている20代の職人と同じ業務をしている姿を思い浮かべてください。20歳の職人と同じようにこなすのが難しいことは簡単にイメージできるはずです。実際、この仕事を60歳までやっていける人はほとんどいません。

しかし、60歳の職人さんには豊富な経験に裏打ちされた知識とノウハウがあります。今後は、そのような経験が生かせるポジションを新たにつくることで、体力面に不安を感じる社員たちが長く勤められる会社にしたいと考えています。

新しいポジションをつくることは、若手の職人のためでもあります。

当社には22歳になる若い職人がいます。彼は16歳から当社で働き始め、たゆまぬ努力と多く経験を重ねてきました。そんな彼が30代になる10年後も職人の仕事しか与えられない会社でしかなかったら、彼の豊かな将来を奪ってしまいかねません。

これも絶対に避けなければなりません。だからこそ、大きな案件を束ねる管理職や営業所の所長といった新しいポジションを増やし、社員がキャリアアップできる会社にしていかなければなりません。

そして、そのような会社になるには、一にも二にも会社の成長です。11年前、私は幼なじみを誘って当社を立ち上げました。最初は2人だけの小さな会社でした。それでも、現在では社員数が増え、会社も少しずつ成長してきました。

今後は50人、100人と仲間を増やし、会社をさらに発展させることで、社員に新たな役割を与えたり、現状よりも良い待遇をもたらしたい。そして、それぞれの社員が幸せで豊かな人生が送れる会社にすることが、私の責務だと考えています。

 株式会社T-KEI
ポイント

「働きやすい職場はなんでも相談できる環境」だと語る伊藤社長。親しみ深い社長をはじめ、社員と上司の距離が非常に近く、ちょっとしたことでも相談できる組織風土も株式会社T-KEIの魅力です。



建築現場には欠かせない「足場」のスペシャリスト
東海3県を中心に、足場工事、足場レンタル、足場施工事業を展開。安全かつ安心な施工により高い顧客満足度を実現している。「お試し入社」を実施するなど、入社後のミスマッチ防止対策も積極的。

会社概要

設立
2006年4月1日(創業)
住所
〒491-0926 愛知県一宮市大和町北高井字円小坊149番地
資本金
300万円
TEL
0586-47-7811
従業員数
17人(2017年11月現在)
事業内容
■足場工事
■足場レンタル
■足場施工

シェア数 shares
  • いいね
  • facebook
  • twitter
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ
page top