shares
  • いいね
  • LINE

株式会社ラインズ

株式会社ラインズ

出会いを大切にし、人生のきっかけを生む

株式会社ラインズ 
CEO 田島 俊輔

興味や関心の芽を開花させるため、挑戦できる環境を与え続ける

前職ではサラリーマンとして会社勤めをしていました。その会社を退職した大きな理由は、単なる歯車になりたくなかったからです。サラリーマンである限り、組織の一員ですし、歯車としての働きも必要です。しかし、働いていくなかで「ああしたい」「こうしたい」という意欲が芽生えてきます。その興味や関心の芽を摘んでしまっては、仕事に面白さを見出すことができません。

私がラインズを始めたきっかけは、単純に言ってしまえば人の言うことを聞けなかったからなんです(笑)。でも、駄目と言われる環境が窮屈だったからこそ、ラインズでは業界や職種に特化せず、様々な案件を受けるようにしています。

どこかに特化してしまえば、自分には興味がない仕事であっても、仕事として割り切ってやらなくてはなりません。しかし、それでは私が感じていた窮屈さを社員にも強いることになってしまいます。「これをやりたい」「この業界を見たい」といった社員の興味や意欲は最大限に尊重してあげたい。それが私の思い描く「ラインズ」の姿です。

そして社員だけでなく、派遣スタッフの方々にも「ラインズ」を通じて夢や希望、将来の目標を見つけ、それに向かって走り切ってほしい。面接で将来の夢を聞かれれば、ある程度のことは答えられるかもしれません。しかし、本当に大切なものはぼんやりとした目標ではなく、自分の核となる目標です。

例えば「将来こうなりたい」という理想像や「これを得たい」という欲も具体的な目標になります。それを実現するためには何が必要なのか。それを考えたときに、自分がやりたいこと、達成したいことがより鮮明になるでしょう。

目標が明確になればやるべきことも見えてきますし、それが本人に必要なことであれば、会社としては全力でバックアップしていきたいと思っています。

株式会社ラインズ
ポイント

人材ビジネスは天職であるとご親戚から言われたという田島CEO。インタビュー後、社員の方々と接する様子から面倒見の良さがとても伝わってきました。

スタッフの将来を見据える想い 本当に必要なこととは

東京オリンピックに向けて日本経済は右肩上がりだと言われています。しかし、オリンピック後は日本経済全体が閑散期に入ると思います。これまでの需要が下がっていくことに加え、ITや機械が進化していくにつれて人間がやるべき仕事も減っていくでしょう。

当社にも10年以上活躍してくれている派遣スタッフがいます。その方がいてくれることで助かることもたくさんありますが、ずっと派遣を続けていくわけにはいきません。前述した通り、人材の需要が下がってしまえば、同時に仕事の案件も減っていきます。もし、そのような時代が来ても自力で働けるだけのスキルが必要です。そのため、現状に満足してしまうのではなく、派遣を卒業し、自分の目標に向かって歩む力強さを持ってほしいのです。

私の理想としては、若いスタッフには派遣を通じて自分の道を見つけてもらい、就職、独立を目指していただく。そして定年を迎え、セカンドライフで働きに出ようとしたときに、再びラインズに戻ってきてくれたらと思います。

単純に人材を労働力として見るのであれば、派遣として長く働いてくれることが理想かもしれません。しかし、それではその人のためになりません。私は夢や希望を抱きたい、見つけたいという人たちの力になりたいと思っていますし、そのような方々と一緒に働きたいと思っています。

ラインズが単なる人材派遣会社ではなく、社員や派遣スタッフの方々にとって人生の選択肢を豊かにしてくれるような存在になれれば、本当に嬉しいですね。

株式会社ラインズ
ポイント

「事務所の大きさは必要最小限にとどめたい」とおっしゃる田島CEO。その理由は、利益を家賃などの固定費に回すのではなく、社員や派遣スタッフの方々に還元したいからのようです。


「社員は自分の家族」その言葉の裏にある大きな責任

私は社員のことを自分の家族同様だと思っています。家族が困っていれば何か助けになりたいですし、そのようなアットホームさを大切にしていきたいと思っています。その一環で当社には名字ではなく、名前で呼ぶ文化があったり、仕事を早めに切り上げて舞台を見に行ったりすることがあります。

「アットホーム」と言葉にすればありきたりかもしれませんが、私は経営者として、“家族”である社員を食べさせていかなければなりません。これは自分の子どもたちを食べさせていくことと同じことです。

時には自由度を求めすぎて放任主義になってしまうこともありました。しかし、一緒に仕事をしていくなかで管理の必要性に気づきました。現在は綿密なスケジュール化を行い、社員の行動を把握するように仕組化を進めています。すると社員も「気にしてもらえている」「見てもらえている」と気づき、モチベーション高く働けるようになりました。自由であることも大切ですが、社員の承認欲求に応えることも重要なことです。

このように紆余曲折しながらも社員とともに会社をつくり上げていくことで、より濃密な関係性を構築することができましたし、それが社員の力に転換することができました。

会社が大きくなっていけば、少なからず横との連携が希薄になっていきます。その点当社はまだまだ小さな会社ですので、横との連携が強く、ヒューマンエラーも最小限に抑えることができています。連携の重要性を軽視し、ただ闇雲に会社を拡大していけば、どこかでミスが起こり、お客様からの信頼を失うことにも繋がります。

そのような状況になって痛手を負うのは社員です。社員が最大限にポテンシャルを発揮できるようにするためには、クリアな環境と一つひとつの仕事に対して丁寧に向き合うことが大切です。

株式会社ラインズ
ポイント

壁一面に張られているのは、社員やスタッフの方々の写真。人と人との出会いやつながりを大切にされているのが見て取れます。なかには、離職された方からの便りが現在でも届くように、退職後も良い関係性を構築しているようです。


変動する社会の“人材課題”に挑む総合アウトソーシング企業
顧客のみならず、激変する社会が抱える“人材課題”と向き合い、多種多様な課題を解決。様々なツールを用い、総合的に“人材課題”の解決に取り組む。

会社概要

設立
平成20年6月
住所
〒150-0044
東京都渋谷区円山町5-3 玉川屋ビル9F
資本金
2,900万円
TEL
03-3477-2288
事業内容
・一般労働者派遣業(派-13-304163号)
・有料職業紹介事業(13-ユ-304100号)
・求人広告代理店業
・業務請負業

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社ラインズ

株式会社ラインズ

企業情報独自×成長
シェア数 shares

出会いを大切にし、人生のきっかけを生む

株式会社ラインズ 
CEO 田島 俊輔

興味や関心の芽を開花させるため、挑戦できる環境を与え続ける

前職ではサラリーマンとして会社勤めをしていました。その会社を退職した大きな理由は、単なる歯車になりたくなかったからです。サラリーマンである限り、組織の一員ですし、歯車としての働きも必要です。しかし、働いていくなかで「ああしたい」「こうしたい」という意欲が芽生えてきます。その興味や関心の芽を摘んでしまっては、仕事に面白さを見出すことができません。

私がラインズを始めたきっかけは、単純に言ってしまえば人の言うことを聞けなかったからなんです(笑)。でも、駄目と言われる環境が窮屈だったからこそ、ラインズでは業界や職種に特化せず、様々な案件を受けるようにしています。

どこかに特化してしまえば、自分には興味がない仕事であっても、仕事として割り切ってやらなくてはなりません。しかし、それでは私が感じていた窮屈さを社員にも強いることになってしまいます。「これをやりたい」「この業界を見たい」といった社員の興味や意欲は最大限に尊重してあげたい。それが私の思い描く「ラインズ」の姿です。

そして社員だけでなく、派遣スタッフの方々にも「ラインズ」を通じて夢や希望、将来の目標を見つけ、それに向かって走り切ってほしい。面接で将来の夢を聞かれれば、ある程度のことは答えられるかもしれません。しかし、本当に大切なものはぼんやりとした目標ではなく、自分の核となる目標です。

例えば「将来こうなりたい」という理想像や「これを得たい」という欲も具体的な目標になります。それを実現するためには何が必要なのか。それを考えたときに、自分がやりたいこと、達成したいことがより鮮明になるでしょう。

目標が明確になればやるべきことも見えてきますし、それが本人に必要なことであれば、会社としては全力でバックアップしていきたいと思っています。

株式会社ラインズ
ポイント

人材ビジネスは天職であるとご親戚から言われたという田島CEO。インタビュー後、社員の方々と接する様子から面倒見の良さがとても伝わってきました。

スタッフの将来を見据える想い 本当に必要なこととは

東京オリンピックに向けて日本経済は右肩上がりだと言われています。しかし、オリンピック後は日本経済全体が閑散期に入ると思います。これまでの需要が下がっていくことに加え、ITや機械が進化していくにつれて人間がやるべき仕事も減っていくでしょう。

当社にも10年以上活躍してくれている派遣スタッフがいます。その方がいてくれることで助かることもたくさんありますが、ずっと派遣を続けていくわけにはいきません。前述した通り、人材の需要が下がってしまえば、同時に仕事の案件も減っていきます。もし、そのような時代が来ても自力で働けるだけのスキルが必要です。そのため、現状に満足してしまうのではなく、派遣を卒業し、自分の目標に向かって歩む力強さを持ってほしいのです。

私の理想としては、若いスタッフには派遣を通じて自分の道を見つけてもらい、就職、独立を目指していただく。そして定年を迎え、セカンドライフで働きに出ようとしたときに、再びラインズに戻ってきてくれたらと思います。

単純に人材を労働力として見るのであれば、派遣として長く働いてくれることが理想かもしれません。しかし、それではその人のためになりません。私は夢や希望を抱きたい、見つけたいという人たちの力になりたいと思っていますし、そのような方々と一緒に働きたいと思っています。

ラインズが単なる人材派遣会社ではなく、社員や派遣スタッフの方々にとって人生の選択肢を豊かにしてくれるような存在になれれば、本当に嬉しいですね。

株式会社ラインズ
ポイント

「事務所の大きさは必要最小限にとどめたい」とおっしゃる田島CEO。その理由は、利益を家賃などの固定費に回すのではなく、社員や派遣スタッフの方々に還元したいからのようです。


「社員は自分の家族」その言葉の裏にある大きな責任

私は社員のことを自分の家族同様だと思っています。家族が困っていれば何か助けになりたいですし、そのようなアットホームさを大切にしていきたいと思っています。その一環で当社には名字ではなく、名前で呼ぶ文化があったり、仕事を早めに切り上げて舞台を見に行ったりすることがあります。

「アットホーム」と言葉にすればありきたりかもしれませんが、私は経営者として、“家族”である社員を食べさせていかなければなりません。これは自分の子どもたちを食べさせていくことと同じことです。

時には自由度を求めすぎて放任主義になってしまうこともありました。しかし、一緒に仕事をしていくなかで管理の必要性に気づきました。現在は綿密なスケジュール化を行い、社員の行動を把握するように仕組化を進めています。すると社員も「気にしてもらえている」「見てもらえている」と気づき、モチベーション高く働けるようになりました。自由であることも大切ですが、社員の承認欲求に応えることも重要なことです。

このように紆余曲折しながらも社員とともに会社をつくり上げていくことで、より濃密な関係性を構築することができましたし、それが社員の力に転換することができました。

会社が大きくなっていけば、少なからず横との連携が希薄になっていきます。その点当社はまだまだ小さな会社ですので、横との連携が強く、ヒューマンエラーも最小限に抑えることができています。連携の重要性を軽視し、ただ闇雲に会社を拡大していけば、どこかでミスが起こり、お客様からの信頼を失うことにも繋がります。

そのような状況になって痛手を負うのは社員です。社員が最大限にポテンシャルを発揮できるようにするためには、クリアな環境と一つひとつの仕事に対して丁寧に向き合うことが大切です。

株式会社ラインズ
ポイント

壁一面に張られているのは、社員やスタッフの方々の写真。人と人との出会いやつながりを大切にされているのが見て取れます。なかには、離職された方からの便りが現在でも届くように、退職後も良い関係性を構築しているようです。



変動する社会の“人材課題”に挑む総合アウトソーシング企業
顧客のみならず、激変する社会が抱える“人材課題”と向き合い、多種多様な課題を解決。様々なツールを用い、総合的に“人材課題”の解決に取り組む。

会社概要

設立
平成20年6月
住所
〒150-0044
東京都渋谷区円山町5-3 玉川屋ビル9F
資本金
2,900万円
TEL
03-3477-2288
事業内容
・一般労働者派遣業(派-13-304163号)
・有料職業紹介事業(13-ユ-304100号)
・求人広告代理店業
・業務請負業

シェア数 shares
  • いいね
  • facebook
  • twitter
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ

ページトップへ