shares
株式会社グラヴィス

代表インタビュー

代表の熱い想いから「働きたい!」企業を見つけよう

人を思いやり、理解を深めることが良い組織を築く第一歩

株式会社グラヴィス 
代表取締役 野村 恭正
女性×活躍
株式会社グラヴィス

スタッフがスタッフを思いやる。互いの理解を深め、働きやすい環境づくりに着手されています。

最高級の「おもてなし」で、幸せと感動をお客様へお届けする
洗練された高品質なサービスとおもてなしの心を全社で共有。一生に一度の舞台だからこそ、お客様の幸せを想い、感動溢れる結婚式を創造する。

街の小さなレストランからブライダルへ スタッフと共につくり上げた今

株式会社グラヴィスは愛知県一宮市で開業した、地元の皆様が集う小さなレストランから生まれました。開業当時はカフェやランチを提供する通常のレストランでしたが、あるお客様の「ここの料理で結婚式を挙げたい」というひとことから、ブライダルへの道が拓きました。

嬉しいご要望であると同時に、通常のレストラン営業をしている状況でしたから、スタッフからは反対の声も多く上がりました。そのため、私はお客様のご要望を叶えてあげたい気持ちと、反対するスタッフとの間で答えを出せずに悩んでいました。

そんな時、ひとりのスタッフが「やってみよう!」と手を挙げてくれたのです。そして、私はスタッフと一緒にウェディングに必要なものを調べ、準備を進めていきました。

実際に結婚式を挙げると、他のスタッフたちがとても喜んでくれたんです。「お客様の一生に一度の結婚式に携われて、こんな幸せなことはない」。そう泣いて喜ぶスタッフもいました。それまで消極的だったスタッフもそれを機に前向きに取り組んでくれるようになり、ウェディング事業が本格的に動き始めました。

ウェディング事業を確立させるためは、場所の確保や食器、装飾品の調達、そして結婚式を取り仕切る牧師さん探しなどの課題が山積みでした。しかし、どんなときもスタッフがそれぞれ何をするべきか、どうすればもっと良くしていけるかを考え、行動してくれました。あるスタッフは「もともとピアノの先生をやっていたので、ピアノは得意なんです」と伴奏者を買って出てくれました。

こうして、グラヴィスはスタッフの手から、アイディアから生まれました。
正直言いますと、私には特別な能力やスキルなどありません。料理はやってきましたが、結婚式のプランニングや衣裳、メイク、その他のことについては素人も同然です。しかし、私ができないことはみんなスタッフがやってくれている。グラヴィスは昔も今も変わらず、多くのスタッフに支えられながら成長してきたのです。

株式会社グラヴィス
ポイント

起業当時のことを語ってくださった野村社長。スタッフと共に試行錯誤してつくりあげた苦労も笑い混じりに話してくださいました。

様々な職種が集まる現場だからこそ、可能性は無限に広がっている

ブライダル業界は、まったく異なる職種の人々で成り立つ仕事です。例えば、結婚式の内容を決めるプランナーや料理を提供する料理人、営業、広告、フォトグラファー、衣裳やメイクなど、仕事内容やミッションもそれぞれ違います。
そのため、お互いのポジションの仕事を理解することが非常に重要ですが、それがとても難しいことでもあります。それぞれがプライドを持って一生懸命に仕事をしているわけですから、どうしても視野が狭くなってしまうことも多々あります。
思い当たる節がある方もいると思いますが、普通に仕事をしていれば自分が一番忙しい、一番大変だと思ってしまうものです。しかし、実は誰もが同じことを思っているんですね。

質の良い仕事、働きやすい環境をつくっていくためには、互いの仕事の理解を深めていくことがとても重要です。そのためには、相手から意見を聞いてもらえるのを待つのではなく、自分から相手に寄り添っていかなければいけません。

もともと私は料理人でしたから、トップダウンの会社の話をよく聞いてきました。特に料理の世界では料理長が一番偉く、その他のスタッフは「もっとこうした方がいい」と思うことでも意見を言いづらい環境がありました。しかし、本当にお客様が思っていることやニーズを吸い上げ、反映していかなければ、それは裸の王様になってしまいます。

時には自分がやっている仕事が本当に自分のやりたかったことなのか、自分には向いていないのではないかと思い悩むこともあると思います。しかし、そう悩むことと仕事を諦めることは決してイコールではありません。色々なポジションがあるということは、それだけ可能性もあるということです。どんな仕事でも楽しみはありますし、どんどんやっていけば成果も上がるようになり、自分のスキルになっていきます。その過程で、別の道を進んでいきたいということであれば、自分を生かせる場所に異動することもひとつの選択だと思います。
そのためにも、広い視野と相手を理解する気持ちを持って活躍していただきたいと思っています。

株式会社グラヴィス
ポイント

長く現場で活躍されていた野村社長は、現場で働く楽しみや悩みにも常にアンテナを張り、スタッフが働きやすい環境整備に注力されています。


熱意は将来を切り拓く原動力。「やりたい」を実現できる会社を目指して

今後は社員の「やりたい」という意欲を実現できる会社にしていきたいと考えています。私はこの仕事が好きで、色々なアイディアを形にしたくて、この会社を経営しています。どんな仕事でもそうですが、嫌々やっていては成果や結果も出せません。会社が好きで、仕事が好きで、その想いが成功への原動力になるのだと思います。

成功と言っても、特別派手なことである必要はありません。例えば、今までの仕事で誰も気づかなかったことに目を向け、改善案を出してくれることもひとつの結果に繋がります。そのように自分の意見やアイディアをどんどん発信できる社風なので、積極的な人財がもっと増えてほしい。そうすれば会社は自然と良い方向に向かっていけると思います。

それほどモチベーションは大切です。私は人生なんて気持ちひとつでどうにでもなると思っています。大概の人が思い浮かべることは、強く思えば思い通りにいくものです。

当社で活躍しているスタッフは本当に積極的に色々なことを発信してくれます。時には語気が強くなってしまうスタッフもいますが、会社を良くしようと思ってくれていることは伝わってきます。会社のために「これをやろう」「あれをやろう」と発信してくれる存在はとてもありがたいですね。特に私はこの業界での経験が長いので、どこか考えが固まってしまっているところもあると思います。新しいことに「本当に大丈夫か」と不安を抱くこともあります。しかし、現場の声や若いスタッフの声を拾い上げていくことで、新しい突破口を開くことができるのです。

人口減少に伴い、ブライダル業界も厳しい時期を迎えるでしょう。特に私たちのように地方で展開している企業は意欲的に挑戦し続けなければいけません。もちろん、失敗することもありますし、その代償としてお金を費やします。しかし、成功したものを残し、ブラッシュアップすることでサービスは確立されていきます。
そしてなにより、色々な意見やアイディアを出し合いながら形をつくっていく方が、働いているスタッフにとってもきっと楽しいですし、やりがいにも繋がっていくと思います。
設立当初からスタッフと共に会社をつくってきました。今後もスタッフと一丸になり、より良い会社をつくっていきたいと考えています。

株式会社グラヴィス
ポイント

社員のアイディアを詰め込んだ社章。人気の星空チャペルをイメージした星マークも入っています。



事業内容

■ブライダル事業
■衣裳事業
■クリエイティブ事業

会社概要

会社名
株式会社グラヴィス
設立
1997年7月7日
住所
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-11-31
資本金
2,000万円
TEL
052-265-7777
従業員数
150名(アルバイト、パート含む)
代表インタビューTOPへ ▶

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ

ページトップへ