shares
  • いいね
  • LINE

株式会社エーピーコミュニケーションズ

株式会社エーピーコミュニケーションズ

エンジニアに共感される生き様を……それが課せされた使命

株式会社エーピーコミュニケーションズ 
代表取締役社長 内田 武志

本来のSI業界を再び……原点は前職で感じた違和感

エーピーコミュニケーションズの代表取締役に就任した当初から、本来あるべきSI(システムインテグレータ)業界を取り戻したい一心でマネジメントしてきました。その想いの原点は、私が前職で感じた違和感にあります。

当時、私は投資ファンドに勤めており、投資先の会社の企業価値を向上させることが役割でした。その中で、外資系や日本系のIT関連のコンサルティング会社やシステム開発会社と一緒に、システム統合プロジェクトに参加しました。

ところが、外資系や日本系のIT関連のコンサルティング会社やSIer(システムインテグレーター)と組んだこのプロジェクトは、多くの費用をかけたにも関わらず、なかなかうまく進みませんでした。

なぜプロジェクトはうまくいかなかったのか――。その原因は、目的の不一致でした。私たちの目的は投資先の事業価値を向上させることでしたが、SIerの目的は、システムを納品したりレポートを収めたりして報酬を得ることでした。

SIerも以前は、企業価値の向上が目的だったはずです。さらに遡れば、日本のSI業界を築き上げてきたベンチャー気質あふれる方々は、お客様のためにあらゆる分野を担ってきたはずです。しかし、いつの間にかそれぞれの目的やベクトルは異なるものになってしまいました。

このようにSIerに対する”あるべき姿と現実のギャップ“に違和感を感じ、そこで至った結論が、ITというスペシャリティを持ち、同じ目的を共有できる仲間たちと一緒に本来のSI業界「NeoSIer(ネオエスアイアー)」をもう一度つくることでした。

その後、紆余曲折を経て当社をマネジメントすることになりました。それ以来、ITの境界線やレイヤーを取っ払い、社員全員と一緒にNeoSIerの実現に向けて、地道に、方針を変えずに取り組んできました。そして2年ほど前、描いていたものがある程度できあがりました。現在は、そのレベルを高めるために努めています。

株式会社エーピーコミュニケーションズ
ポイント

自分たちが何をつくり、何の役に立ち、何が最終目的なのかを全員がわかる組織へ。内田社長の理想とする「NeoSIer」は、その成熟度を増しているようです。

カリキュラムは100種類以上 すべては社員のキャリアのために

当社では「APアカデミー」という100種類以上のカリキュラムを用意した研修を行っています。APアカデミーには技術力を高めるカリキュラムだけではなく、ロジカル・シンキングやクリティカル・シンキング、リーダーシップといったビジネススキルや経営関連の知識などを学ぶカリキュラムもあります。

当社には、自社で仕事をする社員もいれば、お客様先に常駐している社員もいます。社内で働く社員であれば当社の文化やマインドの中で仕事をします。一方で、お客様先に常駐している社員は、お客様の会社の文化に触れている時間のほうが長くなります。なので、どこで働こうと同じ文化・マインドを社員が持てるようにAPアカデミーを立ち上げました。

APアカデミーを立ち上げる前は、社内で働く社員とお客様先に常駐する社員が一緒に話し合いをしようとすると、文化やマインドが統一されていないので、なかなかうまく進みませんでした。そこで、APアカデミーにより自社マインドを培うことで、どこで働いていようと共通した目的意識を持って建設的なミーティングを行うことができるようになりました。

私は、お客様先であっても本社であっても関係なく活躍できるロケーションフリーという考え方を大切にしています。そして、このロケーションフリーの実現には、意志を共有するためのフレームワークが絶対に欠かせません。

そのソリューションを10年以上もの時間をかけて作り、ブラッシュアップを重ねてきました。その結果、APアカデミーは具体的な部分まですでに出来上がっています。これは、当社の強みのひとつです。

株式会社エーピーコミュニケーションズ
ポイント

APアカデミーでは、未経験者の方でも技術と真剣に向き合えば1年で技術者になれるよう、カリキュラムを充実させているそうです。


エンジニアに活躍の機会を ロケーションフリーの可能性

スティーブ・ジョブズ(アップル社の設立者)が開発したスマートフォンは、瞬く間に世界中に広まりました。ネットワークが世界中で繋がるようになった今、日本よりも物価が低いアフリカなどの国々でも、高い技術を持ち、素晴らしいものをつくるエンジニアがたくさん生まれています。

そのような時代が到来したIT業界において、いつまでも視線を日本だけに留めていてはあらゆる可能性が一気にしぼんでしまいます。そして最終的には、労働賃金が安くても技術力が高い外国人エンジニアたちが日本のマーケットに進出し、日本人のエンジニアは隅に追いやられてしまうかもしれません。

しかし、日本人は相対的に勤勉で、工夫好きで、情熱的です。IT業界の中でもSI業界は、そんな日本人の気質に最も合う業界のひとつだと思います。お客様先でも本社でも、日本も海外も関係ないというロケーションフリーの考え方があれば、日本人の工夫好きの気質は必ず世界中から求められるはずです。IT業界に国境はありません。そこで自由に動ければ動けるほど、チャンスは広がるのです。

当社の使命は、優秀な方やエネルギーのある方、将来活躍したいと強い想いを持った方に「“この会社”で夢を実現したい」と思ってもらうことです。そして、何をもって「この会社で仕事をしたい」と思ってもらうかというと、やはりそれはエーピーコミュニケーションズという会社の“生き様”です。

当社はこれまでNeoSIerの実現を推進し、APアカデミーを磨き上げ、ロケーションフリーの考え方を大切にしてきました。それらは、まさに当社の生き様です。エーピーコミュニケーションズの生き様に共感したから一緒に働きたい――そのように思っていただくことが、SI会社である当社にとって一番重要なことだと思っています。

株式会社エーピーコミュニケーションズ
ポイント

「アクションにはメッセージがある」とおっしゃる内田社長。社内にあるカフェには、事業部間の垣根を越えてアイデアを生み出せというメッセージが込められています。


内田 武志 プロフィール

 
1992年 早稲田大学 卒業
  富士銀行(現・みずほ銀行)入行
2006年 富士銀行を退職
  エーピーコミュニケーションズ代表取締役就任
日本のSI業界に活気と面白さを取り戻すNeoSIer
次世代を担うシステムインテグレータ(SI)である「NeoSIer(ネオエスアイアー)」として、日本のSI業界に活気と面白さを与えるマルチエンジニア集団。10年以上ブラッシュアップを重ねてきた教育カリキュラムを有し、常に高い品質のサービスを顧客に提供する。

会社概要

設立
平成7年11月16日
住所
【本社】
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2丁目9番12号 神田徳力ビル 3階

【APEdge UG】
Ritter str 2a 10969, Berlin Germany

【インドネシア駐在員事務所】
Sampoerna Strategic Square, South Tower, 30th Floor
Jl. Jend. Sudirman kav. 45-46, Jakarta 12930, Indonesia
資本金
9,250万円
TEL
03-5297-8011
従業員数
336名(2016年9月現在)
社員平均年齢
30代
事業内容
・開発:業務ソリューション、webサービス、スマートフォン/タブレット向けアプリ開発、デジタルマーケティング向けアプリ開発、システム開発
・IT基盤ソリューション:IT基盤設計/構築/運用
・BPOサービス:サーバ・ネットワーク設計・構築・運用・保守
・オリジナルサービス
・投資、海外での事業展開

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社エーピーコミュニケーションズ

株式会社エーピーコミュニケーションズ

企業情報独自×成長
シェア数 shares

エンジニアに共感される生き様を……それが課せされた使命

株式会社エーピーコミュニケーションズ 
代表取締役社長 内田 武志

本来のSI業界を再び……原点は前職で感じた違和感

エーピーコミュニケーションズの代表取締役に就任した当初から、本来あるべきSI(システムインテグレータ)業界を取り戻したい一心でマネジメントしてきました。その想いの原点は、私が前職で感じた違和感にあります。

当時、私は投資ファンドに勤めており、投資先の会社の企業価値を向上させることが役割でした。その中で、外資系や日本系のIT関連のコンサルティング会社やシステム開発会社と一緒に、システム統合プロジェクトに参加しました。

ところが、外資系や日本系のIT関連のコンサルティング会社やSIer(システムインテグレーター)と組んだこのプロジェクトは、多くの費用をかけたにも関わらず、なかなかうまく進みませんでした。

なぜプロジェクトはうまくいかなかったのか――。その原因は、目的の不一致でした。私たちの目的は投資先の事業価値を向上させることでしたが、SIerの目的は、システムを納品したりレポートを収めたりして報酬を得ることでした。

SIerも以前は、企業価値の向上が目的だったはずです。さらに遡れば、日本のSI業界を築き上げてきたベンチャー気質あふれる方々は、お客様のためにあらゆる分野を担ってきたはずです。しかし、いつの間にかそれぞれの目的やベクトルは異なるものになってしまいました。

このようにSIerに対する”あるべき姿と現実のギャップ“に違和感を感じ、そこで至った結論が、ITというスペシャリティを持ち、同じ目的を共有できる仲間たちと一緒に本来のSI業界「NeoSIer(ネオエスアイアー)」をもう一度つくることでした。

その後、紆余曲折を経て当社をマネジメントすることになりました。それ以来、ITの境界線やレイヤーを取っ払い、社員全員と一緒にNeoSIerの実現に向けて、地道に、方針を変えずに取り組んできました。そして2年ほど前、描いていたものがある程度できあがりました。現在は、そのレベルを高めるために努めています。

株式会社エーピーコミュニケーションズ
ポイント

自分たちが何をつくり、何の役に立ち、何が最終目的なのかを全員がわかる組織へ。内田社長の理想とする「NeoSIer」は、その成熟度を増しているようです。

カリキュラムは100種類以上 すべては社員のキャリアのために

当社では「APアカデミー」という100種類以上のカリキュラムを用意した研修を行っています。APアカデミーには技術力を高めるカリキュラムだけではなく、ロジカル・シンキングやクリティカル・シンキング、リーダーシップといったビジネススキルや経営関連の知識などを学ぶカリキュラムもあります。

当社には、自社で仕事をする社員もいれば、お客様先に常駐している社員もいます。社内で働く社員であれば当社の文化やマインドの中で仕事をします。一方で、お客様先に常駐している社員は、お客様の会社の文化に触れている時間のほうが長くなります。なので、どこで働こうと同じ文化・マインドを社員が持てるようにAPアカデミーを立ち上げました。

APアカデミーを立ち上げる前は、社内で働く社員とお客様先に常駐する社員が一緒に話し合いをしようとすると、文化やマインドが統一されていないので、なかなかうまく進みませんでした。そこで、APアカデミーにより自社マインドを培うことで、どこで働いていようと共通した目的意識を持って建設的なミーティングを行うことができるようになりました。

私は、お客様先であっても本社であっても関係なく活躍できるロケーションフリーという考え方を大切にしています。そして、このロケーションフリーの実現には、意志を共有するためのフレームワークが絶対に欠かせません。

そのソリューションを10年以上もの時間をかけて作り、ブラッシュアップを重ねてきました。その結果、APアカデミーは具体的な部分まですでに出来上がっています。これは、当社の強みのひとつです。

株式会社エーピーコミュニケーションズ
ポイント

APアカデミーでは、未経験者の方でも技術と真剣に向き合えば1年で技術者になれるよう、カリキュラムを充実させているそうです。


エンジニアに活躍の機会を ロケーションフリーの可能性

スティーブ・ジョブズ(アップル社の設立者)が開発したスマートフォンは、瞬く間に世界中に広まりました。ネットワークが世界中で繋がるようになった今、日本よりも物価が低いアフリカなどの国々でも、高い技術を持ち、素晴らしいものをつくるエンジニアがたくさん生まれています。

そのような時代が到来したIT業界において、いつまでも視線を日本だけに留めていてはあらゆる可能性が一気にしぼんでしまいます。そして最終的には、労働賃金が安くても技術力が高い外国人エンジニアたちが日本のマーケットに進出し、日本人のエンジニアは隅に追いやられてしまうかもしれません。

しかし、日本人は相対的に勤勉で、工夫好きで、情熱的です。IT業界の中でもSI業界は、そんな日本人の気質に最も合う業界のひとつだと思います。お客様先でも本社でも、日本も海外も関係ないというロケーションフリーの考え方があれば、日本人の工夫好きの気質は必ず世界中から求められるはずです。IT業界に国境はありません。そこで自由に動ければ動けるほど、チャンスは広がるのです。

当社の使命は、優秀な方やエネルギーのある方、将来活躍したいと強い想いを持った方に「“この会社”で夢を実現したい」と思ってもらうことです。そして、何をもって「この会社で仕事をしたい」と思ってもらうかというと、やはりそれはエーピーコミュニケーションズという会社の“生き様”です。

当社はこれまでNeoSIerの実現を推進し、APアカデミーを磨き上げ、ロケーションフリーの考え方を大切にしてきました。それらは、まさに当社の生き様です。エーピーコミュニケーションズの生き様に共感したから一緒に働きたい――そのように思っていただくことが、SI会社である当社にとって一番重要なことだと思っています。

株式会社エーピーコミュニケーションズ
ポイント

「アクションにはメッセージがある」とおっしゃる内田社長。社内にあるカフェには、事業部間の垣根を越えてアイデアを生み出せというメッセージが込められています。




内田 武志 プロフィール

 
1992年 早稲田大学 卒業
  富士銀行(現・みずほ銀行)入行
2006年 富士銀行を退職
  エーピーコミュニケーションズ代表取締役就任

日本のSI業界に活気と面白さを取り戻すNeoSIer
次世代を担うシステムインテグレータ(SI)である「NeoSIer(ネオエスアイアー)」として、日本のSI業界に活気と面白さを与えるマルチエンジニア集団。10年以上ブラッシュアップを重ねてきた教育カリキュラムを有し、常に高い品質のサービスを顧客に提供する。

会社概要

設立
平成7年11月16日
住所
【本社】
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2丁目9番12号 神田徳力ビル 3階

【APEdge UG】
Ritter str 2a 10969, Berlin Germany

【インドネシア駐在員事務所】
Sampoerna Strategic Square, South Tower, 30th Floor
Jl. Jend. Sudirman kav. 45-46, Jakarta 12930, Indonesia
資本金
9,250万円
TEL
03-5297-8011
従業員数
336名(2016年9月現在)
社員平均年齢
30代
事業内容
・開発:業務ソリューション、webサービス、スマートフォン/タブレット向けアプリ開発、デジタルマーケティング向けアプリ開発、システム開発
・IT基盤ソリューション:IT基盤設計/構築/運用
・BPOサービス:サーバ・ネットワーク設計・構築・運用・保守
・オリジナルサービス
・投資、海外での事業展開

シェア数 shares
  • いいね
  • facebook
  • twitter
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ

ページトップへ