shares
  • いいね
  • LINE

株式会社ベルライフ

株式会社ベルライフ

会社の要は「人財」 人財の成長こそ会社の成長

株式会社ベルライフ 
代表取締役 吉田 卓史

人生を飾る大切なセレモニー 社員の感性を生かす取り組み

当社は三重県で冠婚葬祭サービスを展開している会社です。人生において結婚式も葬儀も一度きりのセレモニー。だからこそ、どんなに小さなことに対しても気を配り、お客様の心情に寄り添ったサービスが重要です。ゆえに、冠婚葬祭は究極のサービスだと考えています。
人生で最も大切なセレモニーをお客様と一緒につくり上げていくお仕事だからこそ、当社を志望してくださる方々にはお客様のことを好きになり、お客様に喜んでもらいたい、という気持ちを大切にして、様々なことに挑戦していただきたいと思っています。

ありがたいことに、当社の結婚式場アールベルアンジェ三重は多くのお客様からご好評をいただいております。洗練されたデザイン、高品質なサービス、ロケーション――。お客様へ自信を持ってご提供できる結婚式場であることは間違いありません。しかし、この業界にはもっともっと素晴らしい結婚式場やホテルもあります。今後、当社にご入社される方々には、世の中のニーズや流行にアンテナを張っていただき、新しいことをどんどん吸収していただきたい。そのような想いもあり、当社では、先進的な結婚式場やホテルを見学する研修を導入しています。

これからのブライダルは、お客様が何を望まれているのかを把握することが大切です。特にお客様と年齢の近いブライダルコーディネーターであれば、花嫁様の気持ちも汲み取りやすいと思います。
日頃から新しい情報を入手し、他社様の良いところを見聞きしながら感性を磨いてほしい。

今後は婚礼、葬儀ともにお客様のニーズは大きく変化していくでしょう。そのため、会社としても新しいことを積極的に導入していく必要があります。それを実施していくために、現場で働くスタッフのみなさんの感性を拾い上げていき、良いアイディアを積極的に導入していきたいと考えています。実際、当社は一軒の家のような会社です。事業や部署が違えども、何か意見やアイディアがあれば私をはじめ経営陣にも伝わってきます。最近では若い役職者も増えてきていますので、新しくご入社された方々も自分の意見を伝えやすい環境だと思います。

株式会社ベルライフ
ポイント

サービスの質の向上を目指すと共に、社員教育にも注力されている吉田社長。自身も新たに大学へ通い始めるなど高い探求心をお持ちです。

柔軟なワークスタイルを実現 社員が活躍しやすい環境づくり

何事も続けることが大切です。当社の婚礼部門で活躍している社員の多くは、ブライダル学科を卒業しています。また、中途入社の方々に関しても関連業界で活躍されていた方が多い傾向にあります。しかし、必ずしも知識がなければ仕事ができない、というわけではありません。

前述した通り、冠婚葬祭において最も大切なことはお客様の心情に寄り添うことです。そのような感性は日々の経験のなかで育まれていくものです。逆に言えば、これまで学んできた知識を生かそうとしても、それが現場でのギャップに繋がることもあります。
もちろん、知識があることも大切です。しかし、現場では教科書に書いてある通りに事が運ばなかったり、自分が良いと思っていたものがお客様に受け入れられなかったりすることもあります。だからこそ、お客様を知ろう、感性を磨こう、という興味や意欲が大切なのです。

当社では「リフレッシュ休暇」を導入しています。この制度は通常の休暇以外に年6日間の休暇を取得するというものです。これまでのサービス業はなかなか連続休暇が取りづらいイメージがあったかと思います。もちろん、お客様ありきのお仕事ですから、お客様のために出勤することも大切なことではありますが、ゆとりのある働き方も必要です。
私たちは自分の感性を生かしながら働いているわけですから、この長期休暇を有効的に活用していただきたい。例えば、海外旅行に行くのも良いですし、勉強したかったことについて学んでも良い。読みたかった本を読んでも良いと思います。気持ちをリフレッシュする意味でも、休暇取得を推進しています。

また、社員の長期的なキャリアパスを考え、柔軟なワークスタイルを取れるように取り組んでいます。具体的には、育児や介護を理由に正社員として働けないスタッフが自身のワークスタイルに合わせて雇用形態を変更できるようにしています。
やはり私としても、一緒に頑張って働いてきてくれた社員には、できる限り長く活躍してほしい。そこに雇用形態や働き方の課題があるならば、一緒に考え、本人にとってベストな選択ができるようにしていきたいのです。
そして、社員には自分の仕事に誇りを持ち、喜びを感じながら活躍していただきたい。そのために必要な取り組みを今後も積極的に行っていきたいと考えています。

株式会社ベルライフ
ポイント

社員の「感性」を大切にされている吉田社長。現場だから気づくこと、現場だからわかることに着目し、活躍する社員一人ひとりに気を配っていらっしゃいます。


サービス業は人と人との繋がり合い

当社にとって最も大切なものは「人財」です。「企業は人成り」という言葉がある通り、企業は人財がいてこそ成り立っているのです。その人財を生かせるかどうかも、経営者である私たち――つまり「人財」によって左右されます。だからこそ、私は責任を持って当社で働く社員を育成していかなければなりません。そして、社員が成長していけばそれをお客様に還元することができるのです。私たちの仕事は人に喜んでもらう仕事であると同時に、人を育てる仕事でもあります。

私自身、常に本社にいられるわけではありません。経営者として最先端の業界情報を収集し、人脈を形成していくことも私の重要な仕事だからです。しかし、それが現場の仕事を放棄する理由にはなりません。人を育てるには、その人を知ることが欠かせません。最近では、各部署と直接やり取りができるようにLINEを使ってコミュニケーションを図っています。

また、当社ではチーム会議という仕組みを導入しています。このなかにはレクリエーション委員会やサービス向上委員会など色々な委員会があり、役職や社歴に関係なく様々なアイディアを出したり、意見交換をすることができます。特に社内の親睦を深めるため、社員旅行やボーリング大会、BBQなども実施しています。

このような風通しの良い環境をつくることで、現場で出てくる新しいアイディアや意見を引き出し、会社経営にも積極的に取り入れていきたい。そのために、今後は社員が学べる環境づくりの強化に着手していきたいと思っています。これは新入社員研修だけではなく、中間層に関しても同じです。現在導入している外部研修も会社側が「こっちに行こう、あっちに行こう」と決めるのではなく、社員からどのようなことを学びたいのか意見を募ることが大切だと考えています。社員の興味、関心を現場で生かせるスキルに変換するチャンスをつくることも経営者である私の役目です。
今後も様々な制度や仕組みを導入し、社員とともにお客様の心情に寄り添ったサービスを展開していきます。

株式会社ベルライフ
ポイント

何よりも人財を大切にされている吉田社長。多忙のなかでも社員とのコミュニケーションを大切にし、現場や社員の理解を深めていらっしゃいます。


とっておきのセレモニーを、心を込めてお客様へ提供
一生に一度の大切なセレモニーを成功に導くべく、お客様の心情に寄り添ったサービスを提供。丁寧なサービスと高品質な施設はお客様からの評価も非常に高い。

会社概要

設立
2009年4月10日
住所
〒514−0832
三重県津市南中央5-17
資本金
300万円
TEL
059-253-8833
従業員数
150名
社員平均年齢
30代
事業内容
■冠婚葬祭業
婚礼:アールベルアンジェ三重、ラ プラティーノ、オーシャンテラス ホテル&ウェディング(2016年6月オープン)
衣裳:ラビータ
エステサロン:ミランダ
葬儀:シティホール津、シティホール河芸、シティホール松阪、シティホール久居(2016年3月オープン)、ユアホール津中央(2016年3月オープン)

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社ベルライフ

株式会社ベルライフ

企業情報環境×充実
シェア数 shares

会社の要は「人財」 人財の成長こそ会社の成長

株式会社ベルライフ 
代表取締役 吉田 卓史

人生を飾る大切なセレモニー 社員の感性を生かす取り組み

当社は三重県で冠婚葬祭サービスを展開している会社です。人生において結婚式も葬儀も一度きりのセレモニー。だからこそ、どんなに小さなことに対しても気を配り、お客様の心情に寄り添ったサービスが重要です。ゆえに、冠婚葬祭は究極のサービスだと考えています。
人生で最も大切なセレモニーをお客様と一緒につくり上げていくお仕事だからこそ、当社を志望してくださる方々にはお客様のことを好きになり、お客様に喜んでもらいたい、という気持ちを大切にして、様々なことに挑戦していただきたいと思っています。

ありがたいことに、当社の結婚式場アールベルアンジェ三重は多くのお客様からご好評をいただいております。洗練されたデザイン、高品質なサービス、ロケーション――。お客様へ自信を持ってご提供できる結婚式場であることは間違いありません。しかし、この業界にはもっともっと素晴らしい結婚式場やホテルもあります。今後、当社にご入社される方々には、世の中のニーズや流行にアンテナを張っていただき、新しいことをどんどん吸収していただきたい。そのような想いもあり、当社では、先進的な結婚式場やホテルを見学する研修を導入しています。

これからのブライダルは、お客様が何を望まれているのかを把握することが大切です。特にお客様と年齢の近いブライダルコーディネーターであれば、花嫁様の気持ちも汲み取りやすいと思います。
日頃から新しい情報を入手し、他社様の良いところを見聞きしながら感性を磨いてほしい。

今後は婚礼、葬儀ともにお客様のニーズは大きく変化していくでしょう。そのため、会社としても新しいことを積極的に導入していく必要があります。それを実施していくために、現場で働くスタッフのみなさんの感性を拾い上げていき、良いアイディアを積極的に導入していきたいと考えています。実際、当社は一軒の家のような会社です。事業や部署が違えども、何か意見やアイディアがあれば私をはじめ経営陣にも伝わってきます。最近では若い役職者も増えてきていますので、新しくご入社された方々も自分の意見を伝えやすい環境だと思います。

株式会社ベルライフ
ポイント

サービスの質の向上を目指すと共に、社員教育にも注力されている吉田社長。自身も新たに大学へ通い始めるなど高い探求心をお持ちです。

柔軟なワークスタイルを実現 社員が活躍しやすい環境づくり

何事も続けることが大切です。当社の婚礼部門で活躍している社員の多くは、ブライダル学科を卒業しています。また、中途入社の方々に関しても関連業界で活躍されていた方が多い傾向にあります。しかし、必ずしも知識がなければ仕事ができない、というわけではありません。

前述した通り、冠婚葬祭において最も大切なことはお客様の心情に寄り添うことです。そのような感性は日々の経験のなかで育まれていくものです。逆に言えば、これまで学んできた知識を生かそうとしても、それが現場でのギャップに繋がることもあります。
もちろん、知識があることも大切です。しかし、現場では教科書に書いてある通りに事が運ばなかったり、自分が良いと思っていたものがお客様に受け入れられなかったりすることもあります。だからこそ、お客様を知ろう、感性を磨こう、という興味や意欲が大切なのです。

当社では「リフレッシュ休暇」を導入しています。この制度は通常の休暇以外に年6日間の休暇を取得するというものです。これまでのサービス業はなかなか連続休暇が取りづらいイメージがあったかと思います。もちろん、お客様ありきのお仕事ですから、お客様のために出勤することも大切なことではありますが、ゆとりのある働き方も必要です。
私たちは自分の感性を生かしながら働いているわけですから、この長期休暇を有効的に活用していただきたい。例えば、海外旅行に行くのも良いですし、勉強したかったことについて学んでも良い。読みたかった本を読んでも良いと思います。気持ちをリフレッシュする意味でも、休暇取得を推進しています。

また、社員の長期的なキャリアパスを考え、柔軟なワークスタイルを取れるように取り組んでいます。具体的には、育児や介護を理由に正社員として働けないスタッフが自身のワークスタイルに合わせて雇用形態を変更できるようにしています。
やはり私としても、一緒に頑張って働いてきてくれた社員には、できる限り長く活躍してほしい。そこに雇用形態や働き方の課題があるならば、一緒に考え、本人にとってベストな選択ができるようにしていきたいのです。
そして、社員には自分の仕事に誇りを持ち、喜びを感じながら活躍していただきたい。そのために必要な取り組みを今後も積極的に行っていきたいと考えています。

株式会社ベルライフ
ポイント

社員の「感性」を大切にされている吉田社長。現場だから気づくこと、現場だからわかることに着目し、活躍する社員一人ひとりに気を配っていらっしゃいます。


サービス業は人と人との繋がり合い

当社にとって最も大切なものは「人財」です。「企業は人成り」という言葉がある通り、企業は人財がいてこそ成り立っているのです。その人財を生かせるかどうかも、経営者である私たち――つまり「人財」によって左右されます。だからこそ、私は責任を持って当社で働く社員を育成していかなければなりません。そして、社員が成長していけばそれをお客様に還元することができるのです。私たちの仕事は人に喜んでもらう仕事であると同時に、人を育てる仕事でもあります。

私自身、常に本社にいられるわけではありません。経営者として最先端の業界情報を収集し、人脈を形成していくことも私の重要な仕事だからです。しかし、それが現場の仕事を放棄する理由にはなりません。人を育てるには、その人を知ることが欠かせません。最近では、各部署と直接やり取りができるようにLINEを使ってコミュニケーションを図っています。

また、当社ではチーム会議という仕組みを導入しています。このなかにはレクリエーション委員会やサービス向上委員会など色々な委員会があり、役職や社歴に関係なく様々なアイディアを出したり、意見交換をすることができます。特に社内の親睦を深めるため、社員旅行やボーリング大会、BBQなども実施しています。

このような風通しの良い環境をつくることで、現場で出てくる新しいアイディアや意見を引き出し、会社経営にも積極的に取り入れていきたい。そのために、今後は社員が学べる環境づくりの強化に着手していきたいと思っています。これは新入社員研修だけではなく、中間層に関しても同じです。現在導入している外部研修も会社側が「こっちに行こう、あっちに行こう」と決めるのではなく、社員からどのようなことを学びたいのか意見を募ることが大切だと考えています。社員の興味、関心を現場で生かせるスキルに変換するチャンスをつくることも経営者である私の役目です。
今後も様々な制度や仕組みを導入し、社員とともにお客様の心情に寄り添ったサービスを展開していきます。

株式会社ベルライフ
ポイント

何よりも人財を大切にされている吉田社長。多忙のなかでも社員とのコミュニケーションを大切にし、現場や社員の理解を深めていらっしゃいます。



とっておきのセレモニーを、心を込めてお客様へ提供
一生に一度の大切なセレモニーを成功に導くべく、お客様の心情に寄り添ったサービスを提供。丁寧なサービスと高品質な施設はお客様からの評価も非常に高い。

会社概要

設立
2009年4月10日
住所
〒514−0832
三重県津市南中央5-17
資本金
300万円
TEL
059-253-8833
従業員数
150名
社員平均年齢
30代
事業内容
■冠婚葬祭業
婚礼:アールベルアンジェ三重、ラ プラティーノ、オーシャンテラス ホテル&ウェディング(2016年6月オープン)
衣裳:ラビータ
エステサロン:ミランダ
葬儀:シティホール津、シティホール河芸、シティホール松阪、シティホール久居(2016年3月オープン)、ユアホール津中央(2016年3月オープン)

シェア数 shares
  • いいね
  • facebook
  • twitter
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ

ページトップへ