shares
  • いいね
  • LINE

株式会社力の源ホールディングス

株式会社力の源ホールディングス

社員が挑戦できる環境づくりへ 多様性を追求したい

株式会社力の源ホールディングス 
代表取締役社長 清宮 俊之

40歳になる前に…異業界で果敢に挑戦

「変わらないために変わり続ける。」力の源グループで働くことを即決したのは、その企業理念に共感したからです。 

前職はTSUTAYA事業などを展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)でさまざまな業務に携わっていました。そこでの経験は、現在でも私のベースになっています。CCCでは1年半~2年ごとに職種変更があり、TSUTAYAのCDやDVDのバイヤー、スーパーバイザー、関東圏の支店長などをやらせていただきました。入社10年目には、当時一番利益をあげていた部門から人事部への異動を直訴。いろいろなタイプの人材を育てる必要性を感じ、人事改革に着手しました。人事改革にある程度のめどがつくと、企画営業ラインに復帰。R&D(研究開発業務)を行う新規部門のトップとして、ありとあらゆる企画を託されました。そのなかのひとつに代官山 蔦屋書店を中心とした「代官山プロジェクト」があり、CCCにいた最後の2年は代官山プロジェクトに専念していました。 

CCCは今でも良い会社ですし、とても良いフィールドでした。それでも退職を決意したのは、40歳になる前に、自分がどこまでやれるのか勝負したいと思ったからです。そして、勝負するなら、まったく異なる業界で、かつ自分の経歴や実績が通用しない世界がいいと思いました。 

いくつかの企業から「一緒に働かないか」というお話も頂きました。それでも力の源を選んだのは、「変わらないために変わり続ける」という理念と、それに基づいた海外展開や農業分野へ事業を拡大していくチャレンジ精神でした。これらを創り上げた創業者の河原と面接をして、経営者として優れているだけでなく、ひとりの人間としてもとても魅力的でしたので、この会社で働くことを迷うことなく決めました。 

株式会社力の源ホールディングス
ポイント

CCC勤務時代、「会社を最速で変えたい」という想いから人事部異動を直訴した清宮俊之社長。「経営者にとって人事の経験値は必須だと思う」と話していただきました。

未来と自分は変えられる 必要なのは自走力

力の源グループに入社後、まず人事を任されました。最初に手掛けたのが、「くしふる研修」という全社員向けの宿泊型研修の導入です。大分県久住高原に保有するヤフオクドーム8つ分の広大な農地「くしふるの大地」をベースキャンプにして、全国の社員をランダムにグループ分けして順繰りに集め、約一週間自然の中で寝泊まりしながら、理念の意味や多岐にわたる事業を持つ会社の立体感を味わってもらう場を設けました。急速に拡大する組織だからこそ、共に働く者同士が地域や部署や年齢を超えてしっかりつながるようにしたのです。当社には “人財には投資すべき”という文化が今も脈々と受け継がれており、この「くしふる研修」は毎年バージョンアップを重ねています。

また、世界147カ国で読まれているビジネス書『7つの習慣』(スティーヴン・R・コヴィー著)を用いた人財育成にも力を入れています。2016年には飲食事業者向けに特化した「7つの習慣® 店舗運営の心得」をフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社と共同開発し、1業種で1社だけに与えられるライセンスも取得。社内研修はもちろん、飲食業界に対する外販など教育事業に参入し、世界基準の研修事業の展開に積極的に取り組んでいます。 

私が社長を任されたのは入社3年目でした。社長になりたいと思って入社したわけではなかったので、お話を頂いたときは、混乱、戸惑い、ざわつきしかありませんでした(笑)。それでも、いい会社にするために淡々とやるだけ、と腹を決めましたね。

私には、経営するうえで大切にしている言葉があります。それは、「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」です。すべての物事を自分のことだと考える人間でなければ世の中も変えていけません。自分が行動を起こせば必ず何かを変えられる。これに尽きると思います。ですので、一緒に働きたい人はこうした“自走力”がある方であってほしいですね。逆に私は他人のせいにしたり、人の悪口を言ったり、時代のせいにしたりする人は好きになれません。 

株式会社力の源ホールディングス
ポイント

「人財育成に投資をすべき」という力の源カンパニーの文化も入社のきっかけになったという清宮社長。研修制度をさらに充実化させるようです。


働きやすさ=多様性 社員の選択肢を増やしたい

経営者である自分のやるべきことは、社員たちがチャレンジできる環境をどれだけ作れるか、だと考えています。 

当社は「一風堂」以外にも事業を展開しており、様々なキャリアが用意されています。例えば、経営志向がある方には社内的なステップアップだけではなく、のれん分けによって独立できる制度があります。スープや麺、調理の技術を高めたい方は製造や商品開発でプロフェッショナルを目指せます。モノをつくって提案していきたい方にはコンサルティング事業もあります。このような「働き方の多様化」を進めることで、社員たちが選択できるキャリアコースを増やしていきたいと思っています。

同時に、フレックス制度や副業・兼業といった働く環境も多様化させていきたいですね。“業界で一番の報酬にする”という目標があるので、当然、そこを目指していますが、まずは、選べる職場環境を常に多様化させて提示していくことに重点的に取り組みたいと思っています。そうやって社員の選択肢を増やすことが、働きやすい職場づくりにつながると考えています。 

力の源グループが今後成長していくうえでカギを握っているのは当然ながら「人財」です。店舗でお客様に向き合うメンバーや海外の現地法人で指揮を執るメンバー、経理で会社を支えるメンバー、農業法人でジャガイモを作っているメンバー、そして私を含めた全員が組み上がって初めて力の源グループになるわけです。当社のロゴマークには「点から線へ、線から面へ、面から立体へ」という想いが込められています。点(メンバー)の素材は素晴らしいものがあります。この点をいかに有機的に結び付けて、立体的にしていくか。それが私の仕事だと思っています。 

株式会社力の源ホールディングス
ポイント

“自走力”という言葉を繰り返し口にした清宮社長。海外で渡り合うために必要な要素でもあると熱っぽく語っていただきました。


清宮 俊之 プロフィール

1974年 神奈川県出身
1997年 日本大学農獣医学部(現・生物資源科学部)卒業
  CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)入社
2011年 株式会社力の源カンパニー入社
2012年 執行役員 就任
2014年 代表取締役社長 就任

株式会社力の源ホールディングス プロフィール

 
1979年 創業者・河原成美氏がレストランバー「アフター・ザ・レイン」をオープン。
1985年 福岡市大名に最初のラーメン店「博多 一風堂」をオープン。
1986年 有限会社 力の源カンパニーを設立。
1994年 有限会社から株式会社へ組織変更。
1998年 TV東京『TVチャンピオン』にて、「ラーメン職人チャンピオン」に選ばれる(2000年まで3連覇)。
2000年 中華麺酒家「五行」をオープン。
2006年 「ダム・ド・フランス」をオープン。ベーカリー事業開始。
2008年 「博多 一風堂」 アメリカ進出。
2009年 株式会社渡辺製麺と資本提携。
  大分県竹田市久住(くじゅう)町にて、くしふるの大地事業スタート。
  「博多 一風堂」シンガポール進出。
2010年 第1回暖簾分け店主宣言。店主制度発足。
  「チャイルドキッチン」を福岡山王にオープン。
2011年 「博多 一風堂」韓国、香港進出。
  沖縄料理店「沖縄リパブリック 談四朗キッチン」をオープン。
2012年 「博多 一風堂」台湾、中国、オーストラリア進出
2013年 「五行」香港進出
2014年 「株式会社 力の源ホールディングス」を親会社とし、「株式会社 力の源カンパニー」、「CHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD.」、「株式会社渡辺製麺」、「株式会社 力の源パートナーズ」の4社を主要子会社とするホールディング体制(持株会社制)に移行。
  「博多 一風堂」タイ、フィリピン進出
2016年 「博多 一風堂」フランス進出
  飲食業界向け「7つの習慣 店舗運営の心得」を開発し、教育事業に参入。
「博多一風堂」など多事業を展開 世界に「笑顔」を発信
人気ラーメン店「博多一風堂」をはじめ、レストラン事業、海外事業、商品開発、コンサルティング事業などを展開。海外進出も積極的で、ラーメンの美味しさをグローバルに発信。世界中に笑顔を届けている。

会社概要

設立
1986年10月30日
住所
■薬院本社
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1丁目10番1号
■銀座事務所
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目10番3号 セントラルビル2階
■築地事務所
〒104-0045 東京都中央区築地4丁目1番9号 築地大和ビル4階
資本金
9億2320万円 (2016年3月末現在)
TEL
■薬院本社
092-762-4445
■銀座事務所
03-4540-6320
■築地事務所
03-6264-3899
従業員数
社員59名(連結523名)
事業内容
■株式会社 力の源ホールディングス
・グループの事業戦略策定
・グループ資源の最適配分
・グループ各社への経営指導 等

■株式会社 力の源カンパニー
・国内の直営飲食店の運営
 一風堂(ラーメン専門店)、五行(ラーメンダイニング)、RAMEN EXPRESS(フードコート業態)、行集談四朗商店(居酒屋)他 各種飲食店の経営
・各種イベント、技術指導教室の運営(ワークショップ他)
・社内独立店舗事業(社内暖簾分け)の運営
・農業事業・研修施設運営(農業生産法人㈱くしふるの大地)
・CBS有限責任事業組合(共同仕入事業体)の運営
・ブレッドジャンクション(ベーカリーショップ)の経営

■CHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD.
・海外の事業戦略策定
・海外事業子会社の統括・経営指導
・海外事業子会社の資源の最適配分

■株式会社 渡辺製麺
・麺類(ラーメン、そば、うどん)の製造販売
・つゆ、スープ、だし、調味料類の製造販売
・上記商品の小売・通信販売事業
・そば蔵・そば茶屋・藪蕎麦(そば専門店)、ドライブイン他、各種飲食店等の経営

■株式会社 力の源パートナーズ
・飲食店の運営指導、メニュー開発指導、物件及び立地選定支援、マーケティング代行
・店舗プロデュース(企画・設計支援)
・各種研修、セミナー運営
・「7つの習慣®」教育事業及び各種研修・セミナー運営
・イチカバチカ、因幡うどん(うどん専門店)の経営
・海外における出店支援及び食材提供

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社力の源ホールディングス

株式会社力の源ホールディングス

企業情報環境×充実
シェア数 shares

社員が挑戦できる環境づくりへ 多様性を追求したい

株式会社力の源ホールディングス 
代表取締役社長 清宮 俊之

40歳になる前に…異業界で果敢に挑戦

「変わらないために変わり続ける。」力の源グループで働くことを即決したのは、その企業理念に共感したからです。 

前職はTSUTAYA事業などを展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)でさまざまな業務に携わっていました。そこでの経験は、現在でも私のベースになっています。CCCでは1年半~2年ごとに職種変更があり、TSUTAYAのCDやDVDのバイヤー、スーパーバイザー、関東圏の支店長などをやらせていただきました。入社10年目には、当時一番利益をあげていた部門から人事部への異動を直訴。いろいろなタイプの人材を育てる必要性を感じ、人事改革に着手しました。人事改革にある程度のめどがつくと、企画営業ラインに復帰。R&D(研究開発業務)を行う新規部門のトップとして、ありとあらゆる企画を託されました。そのなかのひとつに代官山 蔦屋書店を中心とした「代官山プロジェクト」があり、CCCにいた最後の2年は代官山プロジェクトに専念していました。 

CCCは今でも良い会社ですし、とても良いフィールドでした。それでも退職を決意したのは、40歳になる前に、自分がどこまでやれるのか勝負したいと思ったからです。そして、勝負するなら、まったく異なる業界で、かつ自分の経歴や実績が通用しない世界がいいと思いました。 

いくつかの企業から「一緒に働かないか」というお話も頂きました。それでも力の源を選んだのは、「変わらないために変わり続ける」という理念と、それに基づいた海外展開や農業分野へ事業を拡大していくチャレンジ精神でした。これらを創り上げた創業者の河原と面接をして、経営者として優れているだけでなく、ひとりの人間としてもとても魅力的でしたので、この会社で働くことを迷うことなく決めました。 

株式会社力の源ホールディングス
ポイント

CCC勤務時代、「会社を最速で変えたい」という想いから人事部異動を直訴した清宮俊之社長。「経営者にとって人事の経験値は必須だと思う」と話していただきました。

未来と自分は変えられる 必要なのは自走力

力の源グループに入社後、まず人事を任されました。最初に手掛けたのが、「くしふる研修」という全社員向けの宿泊型研修の導入です。大分県久住高原に保有するヤフオクドーム8つ分の広大な農地「くしふるの大地」をベースキャンプにして、全国の社員をランダムにグループ分けして順繰りに集め、約一週間自然の中で寝泊まりしながら、理念の意味や多岐にわたる事業を持つ会社の立体感を味わってもらう場を設けました。急速に拡大する組織だからこそ、共に働く者同士が地域や部署や年齢を超えてしっかりつながるようにしたのです。当社には “人財には投資すべき”という文化が今も脈々と受け継がれており、この「くしふる研修」は毎年バージョンアップを重ねています。

また、世界147カ国で読まれているビジネス書『7つの習慣』(スティーヴン・R・コヴィー著)を用いた人財育成にも力を入れています。2016年には飲食事業者向けに特化した「7つの習慣® 店舗運営の心得」をフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社と共同開発し、1業種で1社だけに与えられるライセンスも取得。社内研修はもちろん、飲食業界に対する外販など教育事業に参入し、世界基準の研修事業の展開に積極的に取り組んでいます。 

私が社長を任されたのは入社3年目でした。社長になりたいと思って入社したわけではなかったので、お話を頂いたときは、混乱、戸惑い、ざわつきしかありませんでした(笑)。それでも、いい会社にするために淡々とやるだけ、と腹を決めましたね。

私には、経営するうえで大切にしている言葉があります。それは、「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」です。すべての物事を自分のことだと考える人間でなければ世の中も変えていけません。自分が行動を起こせば必ず何かを変えられる。これに尽きると思います。ですので、一緒に働きたい人はこうした“自走力”がある方であってほしいですね。逆に私は他人のせいにしたり、人の悪口を言ったり、時代のせいにしたりする人は好きになれません。 

株式会社力の源ホールディングス
ポイント

「人財育成に投資をすべき」という力の源カンパニーの文化も入社のきっかけになったという清宮社長。研修制度をさらに充実化させるようです。


働きやすさ=多様性 社員の選択肢を増やしたい

経営者である自分のやるべきことは、社員たちがチャレンジできる環境をどれだけ作れるか、だと考えています。 

当社は「一風堂」以外にも事業を展開しており、様々なキャリアが用意されています。例えば、経営志向がある方には社内的なステップアップだけではなく、のれん分けによって独立できる制度があります。スープや麺、調理の技術を高めたい方は製造や商品開発でプロフェッショナルを目指せます。モノをつくって提案していきたい方にはコンサルティング事業もあります。このような「働き方の多様化」を進めることで、社員たちが選択できるキャリアコースを増やしていきたいと思っています。

同時に、フレックス制度や副業・兼業といった働く環境も多様化させていきたいですね。“業界で一番の報酬にする”という目標があるので、当然、そこを目指していますが、まずは、選べる職場環境を常に多様化させて提示していくことに重点的に取り組みたいと思っています。そうやって社員の選択肢を増やすことが、働きやすい職場づくりにつながると考えています。 

力の源グループが今後成長していくうえでカギを握っているのは当然ながら「人財」です。店舗でお客様に向き合うメンバーや海外の現地法人で指揮を執るメンバー、経理で会社を支えるメンバー、農業法人でジャガイモを作っているメンバー、そして私を含めた全員が組み上がって初めて力の源グループになるわけです。当社のロゴマークには「点から線へ、線から面へ、面から立体へ」という想いが込められています。点(メンバー)の素材は素晴らしいものがあります。この点をいかに有機的に結び付けて、立体的にしていくか。それが私の仕事だと思っています。 

株式会社力の源ホールディングス
ポイント

“自走力”という言葉を繰り返し口にした清宮社長。海外で渡り合うために必要な要素でもあると熱っぽく語っていただきました。




清宮 俊之 プロフィール

1974年 神奈川県出身
1997年 日本大学農獣医学部(現・生物資源科学部)卒業
  CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)入社
2011年 株式会社力の源カンパニー入社
2012年 執行役員 就任
2014年 代表取締役社長 就任

株式会社力の源ホールディングス プロフィール

 
1979年 創業者・河原成美氏がレストランバー「アフター・ザ・レイン」をオープン。
1985年 福岡市大名に最初のラーメン店「博多 一風堂」をオープン。
1986年 有限会社 力の源カンパニーを設立。
1994年 有限会社から株式会社へ組織変更。
1998年 TV東京『TVチャンピオン』にて、「ラーメン職人チャンピオン」に選ばれる(2000年まで3連覇)。
2000年 中華麺酒家「五行」をオープン。
2006年 「ダム・ド・フランス」をオープン。ベーカリー事業開始。
2008年 「博多 一風堂」 アメリカ進出。
2009年 株式会社渡辺製麺と資本提携。
  大分県竹田市久住(くじゅう)町にて、くしふるの大地事業スタート。
  「博多 一風堂」シンガポール進出。
2010年 第1回暖簾分け店主宣言。店主制度発足。
  「チャイルドキッチン」を福岡山王にオープン。
2011年 「博多 一風堂」韓国、香港進出。
  沖縄料理店「沖縄リパブリック 談四朗キッチン」をオープン。
2012年 「博多 一風堂」台湾、中国、オーストラリア進出
2013年 「五行」香港進出
2014年 「株式会社 力の源ホールディングス」を親会社とし、「株式会社 力の源カンパニー」、「CHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD.」、「株式会社渡辺製麺」、「株式会社 力の源パートナーズ」の4社を主要子会社とするホールディング体制(持株会社制)に移行。
  「博多 一風堂」タイ、フィリピン進出
2016年 「博多 一風堂」フランス進出
  飲食業界向け「7つの習慣 店舗運営の心得」を開発し、教育事業に参入。

「博多一風堂」など多事業を展開 世界に「笑顔」を発信
人気ラーメン店「博多一風堂」をはじめ、レストラン事業、海外事業、商品開発、コンサルティング事業などを展開。海外進出も積極的で、ラーメンの美味しさをグローバルに発信。世界中に笑顔を届けている。

会社概要

設立
1986年10月30日
住所
■薬院本社
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1丁目10番1号
■銀座事務所
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目10番3号 セントラルビル2階
■築地事務所
〒104-0045 東京都中央区築地4丁目1番9号 築地大和ビル4階
資本金
9億2320万円 (2016年3月末現在)
TEL
■薬院本社
092-762-4445
■銀座事務所
03-4540-6320
■築地事務所
03-6264-3899
従業員数
社員59名(連結523名)
事業内容
■株式会社 力の源ホールディングス
・グループの事業戦略策定
・グループ資源の最適配分
・グループ各社への経営指導 等

■株式会社 力の源カンパニー
・国内の直営飲食店の運営
 一風堂(ラーメン専門店)、五行(ラーメンダイニング)、RAMEN EXPRESS(フードコート業態)、行集談四朗商店(居酒屋)他 各種飲食店の経営
・各種イベント、技術指導教室の運営(ワークショップ他)
・社内独立店舗事業(社内暖簾分け)の運営
・農業事業・研修施設運営(農業生産法人㈱くしふるの大地)
・CBS有限責任事業組合(共同仕入事業体)の運営
・ブレッドジャンクション(ベーカリーショップ)の経営

■CHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD.
・海外の事業戦略策定
・海外事業子会社の統括・経営指導
・海外事業子会社の資源の最適配分

■株式会社 渡辺製麺
・麺類(ラーメン、そば、うどん)の製造販売
・つゆ、スープ、だし、調味料類の製造販売
・上記商品の小売・通信販売事業
・そば蔵・そば茶屋・藪蕎麦(そば専門店)、ドライブイン他、各種飲食店等の経営

■株式会社 力の源パートナーズ
・飲食店の運営指導、メニュー開発指導、物件及び立地選定支援、マーケティング代行
・店舗プロデュース(企画・設計支援)
・各種研修、セミナー運営
・「7つの習慣®」教育事業及び各種研修・セミナー運営
・イチカバチカ、因幡うどん(うどん専門店)の経営
・海外における出店支援及び食材提供

シェア数 shares
  • いいね
  • facebook
  • twitter
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ

ページトップへ