shares
株式会社フォーエス

代表インタビュー

代表の熱い想いから「働きたい!」企業を見つけよう

「会話」があふれる会社でプロフェッショナルを育てたい

株式会社フォーエス 
代表取締役 和泉 武志
若手×挑戦
株式会社フォーエス

社員に寄り添い自発性を生む。社員への理解、共有を積極的に深め、プロフェッショナルを育成されています。

豊富な開発実績 優秀な技術者を多数擁するプロ集団
業務システムからスマートフォンアプリケーションまで豊富な開発実績を誇るITプロフェッショナル集団。客先でのシステム開発支援や技術コンサルティングなどの業務支援や研究開発などの事業も展開している。

人材育成に注力 日本を救うプロフェッショナルを育てたい

シュリンク(縮小)している日本が世界に勝つためには、若手を育て、能力の高い人材を多く生み出す必要がある――。これは、尊敬する経営者の講演を拝聴した際、非常に感銘を受けた内容のひとつです。当社では、日本のIT産業の救世主になり得るプロフェッショナルを輩出するために、人材育成に注力しています。

人が成長するために必要となるものは2つしかないと思います。ひとつはシチュエーションです。当社では、仕事の制約条件の中でどの部分に頑張るポイントを置くのかを社員と一緒に考え、「働く環境・状況」を提供することに努めています。そして、もうひとつがモチベーション。人をモチベートすることは簡単ではありませんが、社員に寄り添いながらモチベーションのもとである自発性が上がるように最大限の手助けを行っています。

社員一人ひとりに合わせた教育を行うには、以上の2つの要素をそれぞれの社員に“適したカタチ”で提供する必要があります。そして、適したカタチを見つけるために「まずは社員のことをよく知る。社員をよく知って信頼関係を構築する」。それこそが、社員育成のスタートだと考えています。

社員をよく知ることは、最適なハードルの高さを設定することにも役立ちます。例えば、あるプログラムができるようになったのであれば、その領域を繰り返しながら新しいデータベースの知識も取り入れたり、開発だけではなく後輩の指導という新しいミッションを課したりすることでレベルアップが図れます。同じ仕事を繰り返すなかで、さらに高いハードルを社員に寄り添いながら見つけて、そのハードルを越えるためのお手伝いをする。これが社員育成において欠かせないことだと思います。そして、ハードルを越える一番の手助けとなるのが「会話」です。

株式会社フォーエス
ポイント

社員の成長を第一に考える和泉社長。静かな語り口調の中から確たる想いがうかがえました。

会話が増えれば品質も生産も向上する 会話がもたらす効果とは

SEや技術者と聞くと、黙々と集中して作業をするイメージを持たれるのではないでしょうか。しかし、IT業界においては、「会話」を増やしたほうが生産性も品質も向上します。

IT業務において、会話が果たす役割は多岐に渡ります。そのひとつが、情報の連携です。「ちょっと見せてごらん」「このケースなら、あの方法で対応したほうがいいよ」などの会話を頻繁に重ねることで、一人で考え込むよりも、より良い方法をスピーディーに導くことができるはずです。つまり、会話量が多いほど生産性も品質も向上する、というのが私の考えです。ところが、普段からメンバー間で会話をしていなければ、本来必要であるはずの情報連携すらない状況にもなりかねません。そのような事態に陥らないために、常日頃から会話を重ね、メンバー同士が気軽に話せる関係性を築くことが不可欠です。

働きやすい職場づくりでも、会話は欠かせません。当社は福利厚生や制度の面でまだまだ改善の余地がありますが、それでも社員定着率は9割を超えています。社員定着率が9割を超える要因は、社員一人ひとりが「良い人間」だからだと思っています。働きやすさの根幹は、仕事の制約条件ではなく、人間関係にあるのではないでしょうか。人間関係をより良くしていくことが働きやすい職場づくりに直結し、やりがいにもなる。そして、より良い人間関係を築くには、やはり「会話」が必要です。

そしてなにより、「会話」があるほうが働いていて楽しいはずです。当社も今以上に、会話量をもっともっと増やしていかなければなりません。どんな話でも構いません。些細なことでも会話を重ね、メンバー同士がお互いに話せる関係性を築き、社内が「会話」で溢れるような会社にしていきたいと考えています。

株式会社フォーエス
ポイント

「社内の会話をもっと増やしたい」と語る和泉社長。この課題を解決することで会社の成長につながるとおっしゃいました。


才能、挑戦する熱意、継続する力 欠けていいものは?

プロフェッショナルの根幹は、市場に比して優れた付加価値を生み出し、その成果に対してお金を得ることだと思います。当社では、目の前のことに一生懸命になって誰よりもいいモノを作ろう、いいサービスをしよう、クオリティを上げていこう、ということに取り組んでいます。これから当社に入社する方々も、そのような心構えで業務にあたっていただけると嬉しく思います。

仕事で成功するために必要なものは3つあると思います。1つめは、才能・ポテンシャルです。スポーツ選手の身体能力やカメラマンの感性などはその最たるもので、才能がある人間は成功する可能性があると思います。

2つめは、あらゆることにチャレンジする熱意です。自分の領域のスキルを上げていくために新たなことにチャレンジすることや、今までやってきたことを違った視点から挑戦することは、キャリアを何十年積んだベテランであっても必要なことです。

3つめは、矛盾して聞こえるかもしれませんが、ひとつのことを粘り強く継続する力です。例えば、ラーメンづくりが趣味だという人が、非常に美味しいスープができたといってラーメン店を始めても、かなりの確率で失敗します。素人が十年以上やっているプロに勝つことは非常に難しい。やはり、ひとつのことをずっとやり続けたほうが、勝つ確率は非常に高いのです。私の場合は26年間、IT業だけをずっとやっているとも言えます。同じことをずっと繰り返す。そして最後までやり抜くということができないと、成功することはできないと思います。

以上の3つのうちで欠けていいもの――それは、才能です。才能がなくたって成功することはできます。「挑戦する熱意」と「継続する力」。この両方を併せ持った方にぜひ入社していただきたいと思います。

株式会社フォーエス
ポイント

自身もSEとして活躍した和泉社長。20代の頃は目の前にある業務をひたすらやっていたとおっしゃっていました。



和泉 武志 プロフィール

1965年 新潟県生まれ
1988年 大学中退。フリーターを経て中小ソフトハウスに入社
  その後、フリーランスとして各種プロジェクトでシステムエンジニア、プロジェクトリーダーとしての経験を深める
1998年 有限会社エー・アイ・ソフトウェア設立
2003年 株式会社フォーエスに組織変更

事業内容

■受託開発
■業務支援
■研究開発
■技術者支援

会社概要

会社名
株式会社フォーエス
設立
1998年5月
住所
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-40-13 池袋DUPLEX B's 5F
資本金
5000万円
TEL
03-5979-7377
従業員数
87名(2017年2月現在、契約社員5名含む)
代表インタビューTOPへ ▶

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ

ページトップへ