shares
株式会社Sales and Innovation Japan

代表インタビュー

代表の熱い想いから「働きたい!」企業を見つけよう

自ら挑み、グローバルにチャンスを生み出す人材となる

株式会社Sales and Innovation Japan 
代表取締役 冨田 憲一
独自×成長
株式会社Sales and Innovation Japan

経験豊富な先輩社員・上司が多数在籍。現場で生かせるスキルを間近で学ぶことができる企業です。

グローバルに営業課題を解決 プロとしてお客様を支援する
「日本と世界にきっかけとチャンスを」をモットーに、日本から海外へ、海外から日本へ進出を考えている企業を支援。多くの企業の“きっかけ”と“チャンス”を創出し続ける。

多くの経営者から学び、トップ営業マンへと成長していく

当社では、将来起業を目指せるような営業マンやマーケティングに特化したような人材の育成を目指しています。

もともとSales and Innovation Japanを立ち上げる以前は、GSgroupにて色々な人の独立支援を行ってきました。自分自身、「きっかけとチャンスを提供する」というGSgroupの理念に共感している部分もあり、そのような想いをSales and Innovation Japanでも踏襲していきたいと考えています。

とは言っても、必ずしも経営者を輩出することだけが、私たちの目標ではありません。経営者の輩出は選択肢のひとつであり、私たちが目指しているものは、あくまで個々の可能性をどんどん広げ、それを実現していく結果、会社もグループ全体も大きく成長していくことです。
しかし、何もないまっさらな状態の方にいきなり権限移譲をしても上手くはいきません。泳ぎ方を知らないまま、海に放られるようなものですからね。ある程度はしっかりとトレーニングを行い、成長してもらった上で色々なことを任せていきたいと考えています。

入社後、直属の上司となる者は経営者クラスが多いので、経営者感覚など色々なことを学ぶことができます。また、当グループで代表として活躍している者はグループ全体でトップの営業実績を持って独立をしている者ばかりなので、営業のプロフェッショナルの方から直接指導を受けられることは当社の魅力のひとつでもあります。

それに加え、当社に入社される方は当社の理念や想いに共感されて入社しているので、非常にモチベーションも高く、意欲的な方々ばかりです。上司だけではなく、同期や同僚とも切磋琢磨しながらスキルを磨いていくことができます。

株式会社Sales and Innovation Japan
ポイント

「営業会社ではありますが、あまりガツガツした社風ではありませんね」とお話ししてくださった冨田社長。成果を出していこう、社会に貢献していこうという部分にフォーカスされているそうです。

成長の根幹には、「絶対にトップになる」というスタンスが重要

私たちの仕事は、お客様に結果をお返しできなければリピートもいただけませんし、ご紹介をいただくこともできません。常に結果を出し続けることが、会社を存続させていくためにも必要なことだと考えています。
結果を出し続けるためには、常に自分自身を成長させていかなければなりません。そのためには「プロジェクトにおいてトップになる」「全社の営業成績でトップになる」というスタンスで仕事に取り組んでいただきたいと思います。

このような想いや理念については、会社全体に文化として広まっています。
例えば、会社間の案件発注にしても、グループ会社同士で仕事をしていくにしても、やはり結果が出ている人間や高い意識と「トップを目指す」スタンスを持っている人間にプロジェクトが集まる傾向にあります。前述した通り、このスタンスの部分をしっかり持っていなければ会社自体が立ち行かないということもありますから、研修や教育、会社の基盤づくりでもこのスタンスを持つことを徹底しています。

実際、社内の評価制度としても結果と姿勢を重視しています。
いくら成果を出していても、周りに迷惑をかけるような働き方であれば評価は下がりますし、しっかりと真面目にやっていても成果を出すことができなければ評価をすることもできません。常にその両軸をしっかりと見極め、評価を行っています。
また、評価については、年齢や入社年次に関係なく、その人がどのような実績を出してきたか、どのような働き方をしてきたかで評価を行います。
そのため、「正当な評価をもらえない」「上へ上がりたいのに上がれない」というようなストレスはあまりないと思います。

株式会社Sales and Innovation Japan
ポイント

Sales and Innovation Japanでは、年齢や入社年次に関係なく、仕事に対する成果と姿勢の両軸で評価を行われています。そのため、若くして1人でプロジェクトを担当している方も活躍されています。


自らチャンスを生み、自らの手で成果を掴み取らなければならない

前述した通り、当社には経験豊富な先輩社員や上司が多数在籍しており、そのような方々と共に働いていくなかで新たな発見や目標を得ることも多いと思います。
実際、周りの人間や環境に刺激され、起業した人間も多くいます。そのような意味では、当社には様々な可能性があります。

私はグループ全体の研修やSales and Innovation Japanの研修にも携わっているのですが、必ず最初に話すことがあります。それは「自らチャンスを生み出し、自ら進化する」ということです。ただ変わるのではなく、良い方向へ変わっていくことが大切なのです。いつまでも受け身でいるのではなく、自ら動き、自分の手で何かを掴み取らなければなりません。
営業トップになるためにも、役員として会社を引っ張っていくためにも、経営者として会社を立ち上げるためにも必要なことです。

入社後の研修では、OJTとOFF-JTのバランスを見ながら、個々に適した研修を行っていきます。座学で学ぶべきこともたくさんありますが、実際にやってみないとわからないことも多数あります。一方的に教えるのではなく、時には経験をし、フィードバックを行いながら学んでいく必要もあります。
実際、現在は研修においてのフォードバックを週次で行い、現場レベルの研修をしっかりとできるように取り組んでいます。

こうした環境でスキルを身に着け、ゆくゆくは起業をしていく方もいるでしょう。
しかし、私はそれでその方との関係性が断たれるとは考えていません。決して関係性の形は「社長と社員」だけではないと考えています。同じグループ会社の社長として、同じ役員という立場として、長い付き合い、関係性を築き上げることはできると思います。
その上で、最初にお話しさせていただいた通り、会社として、グループとして共に成長していきたいですし、今後はそのような環境を積極的につくっていきたいと考えています。

株式会社Sales and Innovation Japan
ポイント

グループ会社では研修のカリキュラムや営業検定の監修にも携わっていた冨田社長。Sales and Innovation Japanの研修についても、代表自ら行われています。



冨田 憲一 プロフィール

2001年 立命館大学卒業
2002年 総合営業代理店グローバルエージェンシーを設立
2005年 株式会社リクルート入社
2006年 通期目標連続達成、年間新規契約社数部門TOP達成、46期全社MVPノミネート
2006年 インターネットサービス企業に創業メンバーとしてジョイン
2007年 株式会社グローバルステージ入社
2013年 株式会社Sales and Innovation Japanを設立

事業内容

■日本進出支援事業
■海外進出支援事業
■売上拡大支援事業
■インキュベーション事業

会社概要

会社名
株式会社Sales and Innovation Japan
設立
2013年4月4日
住所
〒141-0032
東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング4階
TEL
03-3779-6903
従業員数
6名(グループ全体103名 2013年3月末時点)
代表インタビューTOPへ ▶

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ

ページトップへ