shares
  • いいね
  • LINE

株式会社C.O.B.

株式会社C.O.B.

“絶対に一流になって欲しい” 支え合い、高め合う店舗づくり

株式会社C.O.B. 
代表取締役社長 高橋 健太

他愛のないコミュニケーションが 働きやすい環境を築いていく

会社を経営する上で、私は現場のスタッフとのコミュニケーションを非常に大切にしています。実際、店舗を運営しているのは現場のスタッフなので、現場のコミュニケーションが最も重要だと考えていますが、現場のスタッフへ指示を出すのは私自身でもありますから、まずは自分から率先して取り組むように心がけています。

特に当店で活躍するスタッフは全員女性なので、私自身が理解しづらい部分もあります。だからこそ、「こういうことを考えているのかな」と自分から理解しようと考えますし、そのための時間を大切にしています。

会社を設立した当初から、人との繋がりを大切にできる会社にしていきたい、という想いはありました。その一方、個人的なプライベートに関する部分もありますので、どこまで踏み込んで良いのか難しいところもありました。

しかし、職場で話すこととプライベートで話すことでは、仕事外で話した方が他愛のないことも話せるものです。案外、そのような他愛のない会話が仕事においても重要だったりするので、なるべく外で食事をしながら話すことを大切にしています。
もちろん、私だけではなく、スタッフ同士も仕事を終わりにご飯を食べに行ったり、休みの日には遊びに出掛けたりしているスタッフもいます。

ありがたいことに長く活躍してくれているスタッフは、本当に長く精力的に活躍してくれています。しかし、女性なので結婚や出産など色々なライフイベントがあると思います。
私が一番理想としているのは、結婚をし、出産のために仕事を休むことになったとしても、落ち着いたら「また働きたい」と言っていただけるような会社をつくっていきたいと思っています。
現在は産休や育休などの実績はありませんが、今後は制度としても環境整備を行っていきたいと考えています。

株式会社C.O.B.
ポイント

お店の雰囲気、人との繋がりを大切にされている高橋社長。スタッフとのコミュニケーションのなかから課題や改善点を共有し、より良い会社づくりを行われています。

辛いことも、厳しいこともあるけれど すべて一緒に乗り越えたい

ネイリスト、アイリストになるためには、様々な努力が必要です。
未経験の方でも、専門学校でネイルや美容について学んでから入社されるのですが、学校で学ぶことと実際のお店で施術を行うことは全く異なります。

入社後しばらくは、練習用の人形に施術を行ったり、施術の際に使うペーパーやアルミを切ったりと、裏方の仕事を行いながら、練習をしていきます。そのため、「学校で勉強した意味はあるの?」「もっとお客様と近い場所で働きたい」とギャップを感じる方もいらっしゃいます。

お客様の施術を担当するまでの道のりは、正直面白くないことも、辛いともあると思います。しかし、そこをいかに短くしていくかが重要なのです。
当店の研修については、営業中であればいつでも練習できるようにしています。最低限、電話対応やお客様のご案内などができれば、その他は練習時間にあてていただいて構いません。

入社後1ヵ月でアシスタント業務に入れる方もいれば、3ヵ月や半年かかってしまう方もいます。それぞれスピードは異なりますが、1ヵ月ぐらいでアシスタントに入れる人は、朝早くに出勤をして練習をしたり、夜遅くまで残って練習をしたりしている人が多いですね。
私はネイリストやアイリストとして何かできるわけではありませんが、一緒にいてあげることはできますので、その方が頑張ろうとするのであれば、一緒に頑張りたい。
そのような気持ちや努力は、中堅社員やベテラン社員にとっても刺激になります。

古い考えだと思うかもしれませんが、時には「気合い」と「根性」も必要です。
みなさんネイリストやアイリストを目指して働いてくれているので、そこを一緒に頑張って乗り越えられるような人たちと働いていきたいですね。

株式会社C.O.B.
ポイント

常に練習を行い、互いを高め合いながら技術を磨かれているスタッフさん。質の高いサービスの裏には日々の鍛錬があるそうです。


夢を叶えるステップに 必要なことすべてを学べるお店へ

ここで働くことは、みなさんにとっては通過点だと思います。
ネイリストやアイリストを目指している方々の多くは、将来的には地元に戻って自分のお店を出したい、店長としてお店を運営していきたいと夢を持っています。

私は最終的にはそのような夢をみんなが叶えられるようになって欲しいと思っていますし、それを叶えられる手助けを行っていきたいと思っています。そのため、このお店を自分の夢を叶えるためのステップアップの場として活用してもらえれば良いと考えています。

しかし、その夢を叶えるためには色々なことを学ばなければなりません。
お店の雰囲気や人間関係、もちろん施術のための技術も大切です。その道のプロとして活躍していくためには、常に学び続けなければなりませんし、そこに終わりはありません。
だからこそ、周りのスタッフと刺激を与え合いながら学び、成長していった方が、結果にも繋がりやすいと思います。

このお店を通じて様々なことを学んでいけるよう、当店では定期的にミーティングを開き、スタッフの声を現場に反映していく取り組みを行っています。例えば、急な雨に備えて傘を用意しておきたい、という意見が出れば実行していきます。このような提案やキャンペーンは私が言うよりも現場のスタッフがやりたい、と言ってくれた方が当人たちも頑張れると思うのです。そして何より、お客様と接しているのはスタッフなので、お客様の気持ちやニーズを一番理解できているのもスタッフだと思います。

まだまだ取り組みとしては、確立されていない部分もありますが、スタッフ全員で良いお店をつくっていけるように、みんなで意見を出し合っていければ良いと思っています。

株式会社C.O.B.
ポイント

「現場のことは現場のスタッフが一番知っている」とお話ししてくださった高橋社長。積極的に現場の意見に耳を傾け、スタッフが主体となった店舗づくりを行われています。


高橋 健太 プロフィール

2005年 ネイルビート OPEN
2014年 ネイルビート 店舗拡大
2014年 アイラッシュミーマ ネイルサロン併設
2016年 アイラッシュミーマ 店舗拡大 独立
常に新しい“サプライズ”を提供し続ける美容サロン
質の高いネイル・まつげエクステを提供するNail Beat&Eyelash miimaを運営。日常を少し特別に、楽しくなるようなサプライズを提供し、多くのお客様から愛されている。

会社概要

設立
創業2005年 設立2015年6月
住所
〒110-0005
東京都台東区上野3-23-11 東販ビル4F
資本金
300万円
TEL
03-3836-9191
事業内容
■ネイルビートアンドアイラッシュミーマ の経営・運営

アールエイチナビTOPへ ▶
株式会社C.O.B.

株式会社C.O.B.

企業情報女性×活躍
シェア数 shares

“絶対に一流になって欲しい” 支え合い、高め合う店舗づくり

株式会社C.O.B. 
代表取締役社長 高橋 健太

他愛のないコミュニケーションが 働きやすい環境を築いていく

会社を経営する上で、私は現場のスタッフとのコミュニケーションを非常に大切にしています。実際、店舗を運営しているのは現場のスタッフなので、現場のコミュニケーションが最も重要だと考えていますが、現場のスタッフへ指示を出すのは私自身でもありますから、まずは自分から率先して取り組むように心がけています。

特に当店で活躍するスタッフは全員女性なので、私自身が理解しづらい部分もあります。だからこそ、「こういうことを考えているのかな」と自分から理解しようと考えますし、そのための時間を大切にしています。

会社を設立した当初から、人との繋がりを大切にできる会社にしていきたい、という想いはありました。その一方、個人的なプライベートに関する部分もありますので、どこまで踏み込んで良いのか難しいところもありました。

しかし、職場で話すこととプライベートで話すことでは、仕事外で話した方が他愛のないことも話せるものです。案外、そのような他愛のない会話が仕事においても重要だったりするので、なるべく外で食事をしながら話すことを大切にしています。
もちろん、私だけではなく、スタッフ同士も仕事を終わりにご飯を食べに行ったり、休みの日には遊びに出掛けたりしているスタッフもいます。

ありがたいことに長く活躍してくれているスタッフは、本当に長く精力的に活躍してくれています。しかし、女性なので結婚や出産など色々なライフイベントがあると思います。
私が一番理想としているのは、結婚をし、出産のために仕事を休むことになったとしても、落ち着いたら「また働きたい」と言っていただけるような会社をつくっていきたいと思っています。
現在は産休や育休などの実績はありませんが、今後は制度としても環境整備を行っていきたいと考えています。

株式会社C.O.B.
ポイント

お店の雰囲気、人との繋がりを大切にされている高橋社長。スタッフとのコミュニケーションのなかから課題や改善点を共有し、より良い会社づくりを行われています。

辛いことも、厳しいこともあるけれど すべて一緒に乗り越えたい

ネイリスト、アイリストになるためには、様々な努力が必要です。
未経験の方でも、専門学校でネイルや美容について学んでから入社されるのですが、学校で学ぶことと実際のお店で施術を行うことは全く異なります。

入社後しばらくは、練習用の人形に施術を行ったり、施術の際に使うペーパーやアルミを切ったりと、裏方の仕事を行いながら、練習をしていきます。そのため、「学校で勉強した意味はあるの?」「もっとお客様と近い場所で働きたい」とギャップを感じる方もいらっしゃいます。

お客様の施術を担当するまでの道のりは、正直面白くないことも、辛いともあると思います。しかし、そこをいかに短くしていくかが重要なのです。
当店の研修については、営業中であればいつでも練習できるようにしています。最低限、電話対応やお客様のご案内などができれば、その他は練習時間にあてていただいて構いません。

入社後1ヵ月でアシスタント業務に入れる方もいれば、3ヵ月や半年かかってしまう方もいます。それぞれスピードは異なりますが、1ヵ月ぐらいでアシスタントに入れる人は、朝早くに出勤をして練習をしたり、夜遅くまで残って練習をしたりしている人が多いですね。
私はネイリストやアイリストとして何かできるわけではありませんが、一緒にいてあげることはできますので、その方が頑張ろうとするのであれば、一緒に頑張りたい。
そのような気持ちや努力は、中堅社員やベテラン社員にとっても刺激になります。

古い考えだと思うかもしれませんが、時には「気合い」と「根性」も必要です。
みなさんネイリストやアイリストを目指して働いてくれているので、そこを一緒に頑張って乗り越えられるような人たちと働いていきたいですね。

株式会社C.O.B.
ポイント

常に練習を行い、互いを高め合いながら技術を磨かれているスタッフさん。質の高いサービスの裏には日々の鍛錬があるそうです。


夢を叶えるステップに 必要なことすべてを学べるお店へ

ここで働くことは、みなさんにとっては通過点だと思います。
ネイリストやアイリストを目指している方々の多くは、将来的には地元に戻って自分のお店を出したい、店長としてお店を運営していきたいと夢を持っています。

私は最終的にはそのような夢をみんなが叶えられるようになって欲しいと思っていますし、それを叶えられる手助けを行っていきたいと思っています。そのため、このお店を自分の夢を叶えるためのステップアップの場として活用してもらえれば良いと考えています。

しかし、その夢を叶えるためには色々なことを学ばなければなりません。
お店の雰囲気や人間関係、もちろん施術のための技術も大切です。その道のプロとして活躍していくためには、常に学び続けなければなりませんし、そこに終わりはありません。
だからこそ、周りのスタッフと刺激を与え合いながら学び、成長していった方が、結果にも繋がりやすいと思います。

このお店を通じて様々なことを学んでいけるよう、当店では定期的にミーティングを開き、スタッフの声を現場に反映していく取り組みを行っています。例えば、急な雨に備えて傘を用意しておきたい、という意見が出れば実行していきます。このような提案やキャンペーンは私が言うよりも現場のスタッフがやりたい、と言ってくれた方が当人たちも頑張れると思うのです。そして何より、お客様と接しているのはスタッフなので、お客様の気持ちやニーズを一番理解できているのもスタッフだと思います。

まだまだ取り組みとしては、確立されていない部分もありますが、スタッフ全員で良いお店をつくっていけるように、みんなで意見を出し合っていければ良いと思っています。

株式会社C.O.B.
ポイント

「現場のことは現場のスタッフが一番知っている」とお話ししてくださった高橋社長。積極的に現場の意見に耳を傾け、スタッフが主体となった店舗づくりを行われています。




高橋 健太 プロフィール

2005年 ネイルビート OPEN
2014年 ネイルビート 店舗拡大
2014年 アイラッシュミーマ ネイルサロン併設
2016年 アイラッシュミーマ 店舗拡大 独立

常に新しい“サプライズ”を提供し続ける美容サロン
質の高いネイル・まつげエクステを提供するNail Beat&Eyelash miimaを運営。日常を少し特別に、楽しくなるようなサプライズを提供し、多くのお客様から愛されている。

会社概要

設立
創業2005年 設立2015年6月
住所
〒110-0005
東京都台東区上野3-23-11 東販ビル4F
資本金
300万円
TEL
03-3836-9191
事業内容
■ネイルビートアンドアイラッシュミーマ の経営・運営

シェア数 shares
  • いいね
  • facebook
  • twitter
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ

ページトップへ