shares
  • いいね
  • LINE

シーズアンドグロース株式会社

シーズアンドグロース株式会社

社員は“家族” 社員が楽しく仕事をすることが本当の価値を生む

シーズアンドグロース株式会社 
代表取締役社長 河本 英之

事業に人をあてるのではなく、人が事業をつくっていく

当社では、企業理念である「人の『可能性』を信じる」という言葉の通り、人材育成や組織づくりに注力しています。もともと我々の根幹には「人が事業をつくっていく」という考えがあり、事業とは社員の成長や企業の拡大に必要な“手段”と考えています。

よく学生や社員に「ビジョン型企業」と「事業型企業」の違いについて話をします。
「ビジョン型」とは「こういう社会をつくりたい」という大きな目標を達成するために事業を展開しているタイプ。「事業型」はビジョン型とは反対に事業を展開することを目的としているタイプを指します。この2パターンで言えば、当社は「ビジョン型企業」になります。

ビジョンが会社の軸になっているわけですから、当社では会社説明会の段階から入社後研修、その後もこのビジョンについての共有を行っています。

特に「会社をみんなでつくっていこう」という想いを大切にしています。
会社が完璧な状態であることはあり得ません。常に欠点があるものです。しかし、その状況を陰で妬んだり、愚痴を言っていても何も始まりません。みんなで変える一歩を踏み出していかなければなりません。

私は常に「オープンコミュニケーションで周囲を変えていく側になりなさい」と言っています。行動指針にもあるように「自分のためだけでなく、みんなで幸せを創るために働く」ための意見や考え方を常に共有できるよう取り組んでいます。

私自身、社員が元気で楽しく仕事をするからこそ、お客様に価値が提供できると思っています。そのため、私は接待をしなければ取引きができないお客様との関係性はあまり意味がないと考えています。その分の時間をどこで使うかと言いますと、それは社員と過ごす時間にあて、社員が抱える悩みや想いを共有していきたいと思っています。

シーズアンドグロース株式会社
ポイント

明確な企業理念、企業としても目標を持っていらっしゃる河本社長。その熱い想いやビジョンについては自ら説明会に立ち、学生たちにも伝えていらっしゃいます。

「現場から離れる」大きな意思決定と社員の可能性を信じる想い

私は社員に対し「全員が批判家や傍観者ではなく、当事者になり続けろ」と伝えています。しかしその一方で、私自身が社員に対してすべて任せることができていない実状もあります。

これまでは私自ら現場に立ち、営業数字を動かしていました。
実際にアポイントへ同行し、いざ話始めると部下が黙ってしまい、「あとは任せました」という雰囲気が出てしまっていたり、何か物事を描く際も「どうしますか?」「どうすればいいですか?」といった受け身になってしまったりと、なかなか当事者意識を育てることができていませんでした。

これは自分が現場に入り込みすぎてしまっている、と感じ、今年は社員の当事者意識を育んでいくため、「自分自身が目標数字を持たない」という大きな意思決定をしました。

短期的視点で見れば、私が直接行動したり、指示を出した方が早く的確なのかもしれません。しかし、中長期的な視点から見たときにそれでは人材が育たない。
私は会社のトップという立場ですから、自分のやりがいを追求することがミッションではありません。社員がやりたいこと、挑戦できる環境をつくり、会社を成長させていくことこそが、トップとしての役目だと思っています。

実際、当社で行っている外食業のプロジェクトのひとつには、私は一切現場に入っておらず、報告を受けるのみに留めています。

結局、他の企業でも「当事者意識を持て」とよく言われますが、社員が当事者意識を持てる環境をつくっていかなければ、社員自身も持てないのです。会社の理念にもある通り、人の『可能性』を信じ、すべてを任せきらなければいけないと実感しています。

シーズアンドグロース株式会社
ポイント

「私にとって社員は家族なんです」そう語ってくださった河本社長。特に社員の定着率には非常にこだわっており、設立以降退職した社員はたった一人。他社と比べ圧倒的な定着率を誇るも、今でもその社員のことを気に掛けていらっしゃいました。


人材・組織を大切にしているからこそ、一人ひとりに適した選考を

前述した通り、当社は人材育成や組織づくりに注力しており、それは新卒採用においても同様です。我々が行っている採用は「人間の器採用」と呼んでおり、単なるエリート学生ではなく、“成功と失敗の幅がある人間”と一緒に働いていきたいと思っています。

一緒に働いていきたい人物像として、mustとwantの2つに分かれます。
Mustに関しては「強さ」。これは「ゴール型」と「リバー型」に分けられ、「ゴール型」の強さとは絶対に社会に価値を発揮したい、こういう人間になりたいという目標がある人。「リバー型」の強さとは、目標とする姿はまだ定まっていないが、粘り強さや打たれ強さを持っている人です。

また、wantに関しては「賢さ」「気持ちよさ」「スケールの大きさ」の3つです。
「賢さ」とは言葉通り、私たちの仕事はコンサルティングがメインなので、賢くないと苦労することもあるかもしれません。「気持ちよさ」とは対人ビジネスのため、社内外問わず気持ちの良いコミュニケーションが求められます。
そして最後の「スケールの大きさ」とは今は原石だとしても、自身の信念を持っており、今後の伸びしろを感じられる方は魅力的だと思います。

学生の方々にも、すでに社員として活躍しているメンバーにも、必ずどれかは持っていて欲しいと思っていますし、これらは永久的なテーマにもなっています。

このように人間性やマインドの部分を非常に大切にしているため、ベルトコンベア式ではなく、オーダーメイド式の選考を大切にしています。だからこそ、人によって面接回数も時間も異なります。当社のことを理解していただき、共感していただいた上で選考に進んでいただきたいので、説明会では直接企業理念やビジョンについて説明をしておりますし、私たちは一緒に社会を変えていく仲間を待っています。

シーズアンドグロース株式会社
ポイント

学生一人ひとりに適した選考を行うシーズアンドグロース。会社のビジョンや理念を大切にしているからこそ、採用でもそれらに共感できる学生との出会いを大切にされています。


河本 英之 プロフィール

1981年生まれ

中高一貫の進学校へ通っていたが、敷かれたレールを進む学校教育に疑問を抱き、高校を中退。
その後、1年間独学で上智大学へ合格。サークルの創設に従事する。

しかし、人間関係のすれ違いから一度は解散の危機に陥った。そのことをきっかけに「組織のもろさ」と「組織創りの重要性」に気付く。

大学卒業後はコンサルティング会社へ就職し、組織人事コンサルタントして活躍。
その後、2010年にシーズアンドグロース株式会社を設立。

「世界一の組織」を創るべく、組織を大切にした事業展開を行う。
日本のおかしな常識を変えるべく、究極の組織を追求する
組織・人事コンサルティングをメインに事業展開している当社。社会に定着つつあるおかしな常識を変えるべく、様々な角度から切り込んでいく。
 

会社概要

設立
2010年7月23日
住所
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-35-4 日本橋浜町パークビル4階
資本金
990万円
TEL
03-5623-2234
従業員数
18名
事業内容
■「ポテンシャルマネジメント」による企業・個人活性コンサルティング

アールエイチナビTOPへ ▶
シーズアンドグロース株式会社

シーズアンドグロース株式会社

企業情報若手×挑戦
シェア数 shares

社員は“家族” 社員が楽しく仕事をすることが本当の価値を生む

シーズアンドグロース株式会社 
代表取締役社長 河本 英之

事業に人をあてるのではなく、人が事業をつくっていく

当社では、企業理念である「人の『可能性』を信じる」という言葉の通り、人材育成や組織づくりに注力しています。もともと我々の根幹には「人が事業をつくっていく」という考えがあり、事業とは社員の成長や企業の拡大に必要な“手段”と考えています。

よく学生や社員に「ビジョン型企業」と「事業型企業」の違いについて話をします。
「ビジョン型」とは「こういう社会をつくりたい」という大きな目標を達成するために事業を展開しているタイプ。「事業型」はビジョン型とは反対に事業を展開することを目的としているタイプを指します。この2パターンで言えば、当社は「ビジョン型企業」になります。

ビジョンが会社の軸になっているわけですから、当社では会社説明会の段階から入社後研修、その後もこのビジョンについての共有を行っています。

特に「会社をみんなでつくっていこう」という想いを大切にしています。
会社が完璧な状態であることはあり得ません。常に欠点があるものです。しかし、その状況を陰で妬んだり、愚痴を言っていても何も始まりません。みんなで変える一歩を踏み出していかなければなりません。

私は常に「オープンコミュニケーションで周囲を変えていく側になりなさい」と言っています。行動指針にもあるように「自分のためだけでなく、みんなで幸せを創るために働く」ための意見や考え方を常に共有できるよう取り組んでいます。

私自身、社員が元気で楽しく仕事をするからこそ、お客様に価値が提供できると思っています。そのため、私は接待をしなければ取引きができないお客様との関係性はあまり意味がないと考えています。その分の時間をどこで使うかと言いますと、それは社員と過ごす時間にあて、社員が抱える悩みや想いを共有していきたいと思っています。

シーズアンドグロース株式会社
ポイント

明確な企業理念、企業としても目標を持っていらっしゃる河本社長。その熱い想いやビジョンについては自ら説明会に立ち、学生たちにも伝えていらっしゃいます。

「現場から離れる」大きな意思決定と社員の可能性を信じる想い

私は社員に対し「全員が批判家や傍観者ではなく、当事者になり続けろ」と伝えています。しかしその一方で、私自身が社員に対してすべて任せることができていない実状もあります。

これまでは私自ら現場に立ち、営業数字を動かしていました。
実際にアポイントへ同行し、いざ話始めると部下が黙ってしまい、「あとは任せました」という雰囲気が出てしまっていたり、何か物事を描く際も「どうしますか?」「どうすればいいですか?」といった受け身になってしまったりと、なかなか当事者意識を育てることができていませんでした。

これは自分が現場に入り込みすぎてしまっている、と感じ、今年は社員の当事者意識を育んでいくため、「自分自身が目標数字を持たない」という大きな意思決定をしました。

短期的視点で見れば、私が直接行動したり、指示を出した方が早く的確なのかもしれません。しかし、中長期的な視点から見たときにそれでは人材が育たない。
私は会社のトップという立場ですから、自分のやりがいを追求することがミッションではありません。社員がやりたいこと、挑戦できる環境をつくり、会社を成長させていくことこそが、トップとしての役目だと思っています。

実際、当社で行っている外食業のプロジェクトのひとつには、私は一切現場に入っておらず、報告を受けるのみに留めています。

結局、他の企業でも「当事者意識を持て」とよく言われますが、社員が当事者意識を持てる環境をつくっていかなければ、社員自身も持てないのです。会社の理念にもある通り、人の『可能性』を信じ、すべてを任せきらなければいけないと実感しています。

シーズアンドグロース株式会社
ポイント

「私にとって社員は家族なんです」そう語ってくださった河本社長。特に社員の定着率には非常にこだわっており、設立以降退職した社員はたった一人。他社と比べ圧倒的な定着率を誇るも、今でもその社員のことを気に掛けていらっしゃいました。


人材・組織を大切にしているからこそ、一人ひとりに適した選考を

前述した通り、当社は人材育成や組織づくりに注力しており、それは新卒採用においても同様です。我々が行っている採用は「人間の器採用」と呼んでおり、単なるエリート学生ではなく、“成功と失敗の幅がある人間”と一緒に働いていきたいと思っています。

一緒に働いていきたい人物像として、mustとwantの2つに分かれます。
Mustに関しては「強さ」。これは「ゴール型」と「リバー型」に分けられ、「ゴール型」の強さとは絶対に社会に価値を発揮したい、こういう人間になりたいという目標がある人。「リバー型」の強さとは、目標とする姿はまだ定まっていないが、粘り強さや打たれ強さを持っている人です。

また、wantに関しては「賢さ」「気持ちよさ」「スケールの大きさ」の3つです。
「賢さ」とは言葉通り、私たちの仕事はコンサルティングがメインなので、賢くないと苦労することもあるかもしれません。「気持ちよさ」とは対人ビジネスのため、社内外問わず気持ちの良いコミュニケーションが求められます。
そして最後の「スケールの大きさ」とは今は原石だとしても、自身の信念を持っており、今後の伸びしろを感じられる方は魅力的だと思います。

学生の方々にも、すでに社員として活躍しているメンバーにも、必ずどれかは持っていて欲しいと思っていますし、これらは永久的なテーマにもなっています。

このように人間性やマインドの部分を非常に大切にしているため、ベルトコンベア式ではなく、オーダーメイド式の選考を大切にしています。だからこそ、人によって面接回数も時間も異なります。当社のことを理解していただき、共感していただいた上で選考に進んでいただきたいので、説明会では直接企業理念やビジョンについて説明をしておりますし、私たちは一緒に社会を変えていく仲間を待っています。

シーズアンドグロース株式会社
ポイント

学生一人ひとりに適した選考を行うシーズアンドグロース。会社のビジョンや理念を大切にしているからこそ、採用でもそれらに共感できる学生との出会いを大切にされています。




河本 英之 プロフィール

1981年生まれ

中高一貫の進学校へ通っていたが、敷かれたレールを進む学校教育に疑問を抱き、高校を中退。
その後、1年間独学で上智大学へ合格。サークルの創設に従事する。

しかし、人間関係のすれ違いから一度は解散の危機に陥った。そのことをきっかけに「組織のもろさ」と「組織創りの重要性」に気付く。

大学卒業後はコンサルティング会社へ就職し、組織人事コンサルタントして活躍。
その後、2010年にシーズアンドグロース株式会社を設立。

「世界一の組織」を創るべく、組織を大切にした事業展開を行う。

日本のおかしな常識を変えるべく、究極の組織を追求する
組織・人事コンサルティングをメインに事業展開している当社。社会に定着つつあるおかしな常識を変えるべく、様々な角度から切り込んでいく。
 

会社概要

設立
2010年7月23日
住所
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-35-4 日本橋浜町パークビル4階
資本金
990万円
TEL
03-5623-2234
従業員数
18名
事業内容
■「ポテンシャルマネジメント」による企業・個人活性コンサルティング

シェア数 shares
  • facebookいいね
  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINE

お役立ち情報

就職・転職チェックポイントまとめ
page top