企業の採用ホームページを集めたポータルサイト

Recruitng Homepage Navigation

「働きたい!」を応援するポータルサイト

お問い合わせはこちら
03-6911-0335
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイレベルな技術者を育成 海外まで活躍の場を広げるグローバル企業

代表取締役 中村 けん牛

トップページへ
  • 企業インタビュー

  • Interview
プライム・ストラテジー株式会社

クラウドインテグレーションサービスを提供するリーディングカンパニー

優秀な人材と高い技術を誇るプライム・ストラテジー株式会社。超高速Wordpress仮想マシン「KUSANAGI」を筆頭にお客様の安定したWeb運営、活用を支援する。

独自の成長を 遂げている企業

社会的承認欲求から生まれた、価値を創造する会社

「あの頃の自分は駄目でした」と投資活動時代を振り返る中村代表取締役。
大きな富を得たからこそ知った社会から認められる大切さについて語ってくださりました。

大学卒業後野村證券へ入社し、営業職として証券の提案営業を行っていました。売上は上げていましたが、大手ブランドがあるから話を聞いていただけていたり、新人だから話を聞いていただけていたりと全く価値提案ができていないと感じていました。
野村證券を退職後、公認会計士第二次試験に合格し、個人事務所を設立。実質的にはIPO取引を中心とした投資活動を行っていました。
当時は1週間に5時間程しか仕事をしておりませんでしたが、年間の所得が数千万円になるほど好調でした。しかし、このビジネスを2~3年程行っていく中、私はふと自分が社会的な存在でないことに気付き始めました。
私が行っていた投資活動は多額の利益を生んでいましたが、私である必要性はまったくなかったのです。

社会的に認められる仕事をしたいという、社会的承認欲求が起業へと導きました。

今は当たり前になっていますが、当時はちょうどWebマーケティングのビジネスが成立し得る時代へと差し掛かっている頃でした。しかし、明確には存在し得ないビジネスだったため、それが成り得れば中小企業にとっては安価でありながら大企業よりも一歩先にマーケティングができると考えました。それを実現することができれば、お客様のビジネスを手伝うことに繋がり、ひいては社会に貢献し、お客様に認められることと考え、会計士補の資格を活かし、Webマーケティングのコンサルティングを主軸としたプライム・ストラテジー株式会社を設立しました。
ジャカルタからの撤退 繋がれたプライム・ストラテジーの遺伝子

海外展開を行うにあたり、ジャカルタの文化を学んだとお話しくださった中村社長。
単なる指示ではなく、相手の文化を取り入れコミュニケーションを取ることで確かな人脈を築かれました。

初年度から年間売上7,000万円を達成。翌年も1億4,000万円、翌々年には2億円を超え、会社の業績は好調でした。

一方で、人件費と生産性のバランスに課題を感じており、その環境を打開するべく、インドネシアのジャカルタでオフショア開発を行うための会社を設立。当時のインドネシアは日本と比べて単価が10分の1でしたから、日本で受注し、海外で開発すればコストを削減できると考えたのです。

しかし結果は大失敗。日本とジャカルタとのリレーションが上手くいかず、納期が遅れるなどの問題が発生するようになりました。そして3ヵ月後には資金がショートするという状況にまで陥り、ジャカルタの会社を清算することとなりました。当時、ジャカルタでは50名の社員が働いていましたが、その全員を解雇することになったのです。

私は社員とその家族に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それでも人との出会いに恵まれ、そのうちの一部の人たちが自分のお金で会社を運営してくれたのです。

私は日本に戻り、Webマーケティングをはじめとして様々な分野へ展開していた事業を閉じ、すべてシステム開発へと舵を切りました。そしてようやく我々も5年前とは違う、リーディングカンパニーと呼ばれるレベルまで会社を成長させ、再びジャカルタでの事業展開をスタートさせることに成功しました。

初めてジャカルタへ進出する際、私は彼らの考え方をなるべく理解しようと、宗教や文化、習慣について色々なことを学びました。そして日本人の考え方や会社の在り方を彼らの考え方と照らし合わせながら伝えていきました。

もし、私が指示を出すだけの人間であれば、彼らと良い関係を築けていなかったかも知れません。人との出会いに恵まれていたと申しましたが、それは偶然ではなく、このような取り組みを行っていたのも一つの要因になったと思います。
優秀な人材と切磋琢磨し得られる経験と貪欲に学ぶ意欲

教育制度だけでは得られない、自身の技術や知識を活かす場が豊富なプライム・ストラテジー株式会社。実力に応じてイベント講師や技術書の執筆などのチャンスも多く、社員の可能性は無限に広がっています。

仕事を作業と捉え、受身になって働くのではなく、自分自身の働きが社会的価値の創出に繋がり、それを喜びと捉えられる方々の成長を支援していきたいと考えています。

自分がやっていることが、本当に自分だけのためにやっていると考える方は向いていないかもしれません。自分が行っているアウトプットの質が高いからこそ周りから評価していただけるのです。

そのためには、愚直に学び、自分が持っている全力を尽くしてアウトプットしていこうとすることが大切だと思います。ひいてはそれが社会貢献となり、周りから認めてもらえることに繋がっているのです。

日本の本社では30名程度の社員が働いておりますが、その約半数の者が著者、講演者、メディアの執筆者です。そのため、通常の業務以外にもイベントの主催を行ったり、権威ある技術書の基本書の執筆などを手掛けるなど、通常の会社ではなかなか触れることのないチャンスが常に身近にあります。

色々な研修制度を活用していますが、それはひとつの設備でしかありません。
私はこのような優秀なメンバーと同じ環境に立ち、切磋琢磨できることこそ、本人たちのスキルを上げるチャンスになると考えています。
ありがたいことにイベントや執筆のオファーをいただくことの方が多く、案件過剰な状況なので、積極的に名乗りを上げればいくらでもチャンスを掴むことはできます。そのために必要なことはそれを実現するために必死になって学ぶことです。

プライム・ストラテジー
株式会社

代表取締役

中村 けん牛

1971年、栃木県生まれ。中学1年生で電波新聞社の『マイコンBASICマガジン』にプログラムを寄稿以来、プログラミング歴30年。
1993年早稲田大学法学部を卒業後、野村證券に入社。営業職として活躍後、2002年にプライム・ストラテジー株式会社を設立。
2005年にPT.Prime Strategyを設立し、活躍の場をアジア圏まで拡大。

Profile

プライム・ストラテジー株式会社 会社概要

会社名
プライム・ストラテジー株式会社
設立
2002年12月
住所
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア イーストタワー18F
資本金
4,000万円
TEL
03-6551-2995
事業内容
クラウドインテグレーションサービス
・SI(システム・インテグレーション)事業
・MSP(マネジメント・サービス・プロバイダ)事業
いいね
トップページへ