shares
職務経歴書の書き方

職務経歴書【建築施工管理技士】

職種#建築系

採用担当者が建築施工管理技士に求める能力・スキルとは?

建築施工管理技士に最も求められるスキルは専門知識です。豊富な知識はクライアントと信頼関係を築く上でも重要なポイントです。
また、現場の管理者としてチームをまとめる牽引力やマネジメント力、お客様や業者に対する提案力・コミュニケーション力なども注目されます。

建築施工管理技士のPRポイントはココ!
  • 実務実績(プロジェクト内容、規模、成果など)
  • 業務管理能力(スケジュール管理、人材管理、クライアント折衝など)
  • コミュニケーション力

建築施工管理技士

POINT1 プロジェクト内容をPR

経験内容や規模のマッチング度が実務経験をPRするための重要点

担当していたプロジェクトの内容、規模によっては経験者として高い評価を得られる可能性もあります。実務経験は具体的にかつ簡潔に記入しましょう。
また、具体的な改善点や取り組みなどのエピソードと併せてPRすれば、採用担当者も入社後の活躍をイメージしやすくなります。

建築施工管理技士

POINT2 業務パフォーマンスをPR

交渉内容、提案内容は最強の武器。成功・改善事例は課題と共にPR

プロジェクトを成功へ導くための建築施工管理技士。お客様への提案やチームマネジメントなど様々なスキルが求められます。
これまでの成功・改善事例は課題・提案・結果の順でPRしていきましょう。

建築施工管理技士
建築施工管理技士 職務経歴書の見本
※サンプル内にあるポイントにマウスをのせるとアドバイスが表示されます。
※サンプル内にあるポイントをタップするとアドバイスが表示されます。

【職歴1】職歴1

株式会社アールエイチ建築

20××年○月~現在に至る

雇用形態

正社員

【事業内容】総合建設業
【売 上 高】××億円
【資 本 金】××××万円
【従業員数】□□人
【設  立】19××年 ×年

事業内容

総合建設業

売 上 高

××億円

資 本 金

××××万円

従業員数

 

□□人

設  立

19××年 ×年

20××年○月~現在
【 職務内容 】 建築施工管理
【 業務内容 】 ポイント業務内容は簡潔に記載しましょう。プロジェクト数が多い場合、別途資料にまとめてもいいでしょう。
■民間施設、公共施設の新築およびリニューアルの現場施工管理
・工程管理
・品質管理
・コスト管理
・安全管理
・業者との折衝

【担当プロジェクト】 ポイント担当業務は箇条書きでまとめ、詳細は別途記載しましょう。
・××病院
期間:20××年○月~20××年×月
規模:新築、RC構造、8階建、×××㎡
担当業務:工程管理、品質管理、安全管理、各種申請管理

・○○県立××小学校
期間:20××年○月~20××年×月
規模:リニューアル、RC構造、3階建、×××㎡
担当業務:工程管理、品質管理、安全管理、コスト管理

【保有資格】
・1級施工管理技士
・2級施工管理技士
・普通自動車免許

【アピールポイント】 ポイント業務改善のための取り組みや今後の目標などは、具体的に記載しましょう。
現場管理技術者として民間施設および公共施設の施工管理に従事してきました。 安全かつ期間通りに工事を遂行していくため、スタッフとのコミュニケーションを重視しています。 現場視点から課題があればすぐに解決策を考え、共有し、実行していくことで細かなミスや不満を早急に解決してきました。その結果、円滑な組織構築、○%のコストカットを実現することができました。

20××年○月~現在

職務内容

建築施工管理

業務内容 ポイント業務内容は簡潔に記載しましょう。プロジェクト数が多い場合、別途資料にまとめてもいいでしょう。

■民間施設、公共施設の新築およびリニューアルの現場施工管理
・工程管理
・品質管理
・コスト管理
・安全管理
・業者との折衝

担当プロジェクト ポイント担当業務は箇条書きでまとめ、詳細は別途記載しましょう。

・××病院

期間:20××年○月~20××年×月

規模:新築、RC構造、8階建、×××㎡

担当業務:工程管理、品質管理、安全管理、各種申請管理

・○○県立××小学校

期間:20××年○月~20××年×月

規模:リニューアル、RC構造、3階建、×××㎡

担当業務:工程管理、品質管理、安全管理、コスト管理

保有資格

・1級施工管理技士
・2級施工管理技士
・普通自動車免許

アピールポイント ポイント業務改善のための取り組みや今後の目標などは、具体的に記載しましょう。

現場管理技術者として民間施設および公共施設の施工管理に従事してきました。

安全かつ期間通りに工事を遂行していくため、スタッフとのコミュニケーションを重視しています。 現場視点から課題があればすぐに解決策を考え、共有し、実行していくことで細かなミスや不満を早急に解決してきました。

その結果、円滑な組織構築、○%のコストカットを実現することができました。

ページトップへ